配色:                          文字サイズ: 

【株式会社エイシス】 株式会社エイシス、アイテム取り置き管理サービス『トリオキニ』を事業譲受

株式会社エイシス、アイテム取り置き管理サービス『トリオキニ』を事業譲受

既存サービスとの連携も計画

……………………………………………………………………………………………

ゲオグループの株式会社エイシス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:明石耕作)は、アイテム取り置き管理サービス『トリオキニ』を、運営者・北川夏菜より2019年3月31日に事業を譲受し、4月1日より運営を開始いたします。

『トリオキニ』とは
コミックマーケットに代表される同人誌即売会やイベントで販売されるアイテムについて、事前に取り置きの受付・依頼を行えるWEBサービスです。Twitterアカウント及びメールアドレスをご登録いただくことで、どなたでも無料でご利用いただけます。

『トリオキニ』を利用することで、アイテムを販売予定の方は取り置き希望者をリスト化し、リストと連動したQRコードを利用することでイベント会場での引き渡しをスムーズに行うことができます。購入希望者は、求めているアイテムを確実に手にし、限られたイベント開催時間をより効率的に利用できます。

『トリオキニ』は、特に遠方からのイベント来場者にとっての重要なインフラとしてサービス開始以来成長を続けてまいりました。2016年のサービス開始から15万を超えるユーザーにご登録をいただき、アイテム登録6万点、お取り置きの依頼は10万件を突破しております。(各数値は2019年2月末時点のものです)

今後の運営について
株式会社エイシスでは、同人誌をはじめとしたコンテンツのダウンロード販売サイト『DLsite』https://www.dlsite.com/をはじめ、クリエイターの活動を金銭的に支援するサービス『Ci-en』https://ci-en.net/など、創作活動と結びついたWEBサービスの運営を行ってまいりました。これらのサービスを通し、2019年2月末までに累計300万を超えるユーザーにご利用いただいております。

この度の事業譲受に伴い、サービス開始以来『トリオキニ』の運営を手掛けてきたスタッフが株式会社エイシスに入社し、継続して同サービスの運営に携わります。今後は、これまでの『トリオキニ』の運営方針と既にご利用くださっているユーザーを大切にしながら、培ってきたノウハウを活かしより安定した運営とサービス充実を図ります。また、既存サービスと『トリオキニ』との連携も検討し、自社サービス全体での利便性向上も目指してまいります。

今回の事業譲受を通し、二次元コンテンツを取り扱う企業としてさらに成長するとともに、即売会文化の発展にも寄与いたします。

『トリオキニ』サービス概要

名称      トリオキニ
サービス内容  イベント販売アイテムの取り置き管理
URL   https://triokini.com/
サービス開始  2016年4月
価格    無料
権利表記   (C) 1996 DLsite

■株式会社エイシス 企業情報
名称   株式会社エイシス
URL https://www.eisys.co.jp/
所在地 東京都千代田区岩本町2-4-10 小田急神田岩本町ビル 3階
資本金 3000万円
事業内容 二次元コンテンツの総合ダウンロード販売サイト『DLsite』運営、クリエイターの支援プラットフォーム『Ci-en』運営、など