配色:                          文字サイズ: 

【イオン】 <イオン環境財団>「第2回みなかみユネスコエコパークフェア」を開催

<イオン環境財団>「第2回みなかみユネスコエコパークフェア」を開催

6月8日(土)、9日(日)イオンモール高崎にて

……………………………………………………………………………………………

みなかみユネスコエコパーク(会長 鬼頭 春二 群馬県利根郡みなかみ町長)と公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田 卓也 イオン株式会社名誉会長相談役 以下当財団)は、6月8日(土)及び9日(日)、イオンモール高崎(群馬県)にて「第2回みなかみユネスコエコパークフェア」を開催します。

イオン環境財団は、日本各地のユネスコエコパークが組織する、日本ユネスコエコパークネットワーク(会長 前田 穰 宮崎県東諸県郡綾町長)と、2017年に国内初となる連携協定を締結しています。
同協定は、“生態系の保全”と“持続可能な利活用”の調和を目指し、日本のユネスコエコパークにおける3つの機能(保全機能、経済と社会の発展、学術的研究支援)に関して連携して取り組むものです。

今回のフェアは、同協定に基づき実施するもので、ステージイベント、ワークショップ、パネル展示、みなかみ町の特産品の販売などを通じ、同パークの豊かな自然と人々との関わりをわかりやすくお伝えします。

また、イオンの店舗を拠点に小中学生が環境活動などに取り組む「イオン チアーズクラブ※」とみなかみユネスコエコパークが連携した学習プログラムの一環として、太田イオン チアーズ クラブのメンバーがフェアへの参加や勉強会を通じ、同パークについて学びます。
2回目以降の活動では、実際にみなかみユネスコエコパークを訪れ、野外実習等を通じ、生物多様性や自然との共生について学ぶ予定です。

今後も、両者はユネスコエコパークでの様々な活動に連携して取り組んでまいります。

【第2回みなかみユネスコエコパークフェア 概要】
・日時:6月8日(土)、9日(日)
・場所:イオンモール高崎(群馬県高崎市棟高町1400番地)1階セントラルコート
・主催:みなかみユネスコエコパーク、公益財団法人イオン環境財団
・内容:ステージイベント、ワークショップ、パネル展示、みなかみ町特産品の販売など

【開会セレモニー】
・日時:6月8日(土)14:00-14:30
・出席者:
 みなかみユネスコエコパーク みなかみ町町長 鬼頭 春二
 イオンリテール株式会社 北関東カンパニー 栃木群馬事業部長 西條 克則

*セレモニーに合わせ、イオン高崎店を拠点に活動する高崎イオン チアーズクラブの子どもたちが昨年1年間の活動をまとめた壁新聞の発表会を行います。

※イオン チアーズクラブ:公益財団法人イオンワンパーセントクラブの支援により、小学1年生から中学3年生の子どもたちを対象に、環境に関する学習や体験の場を提供しています。イオン各店舗を拠点に、店舗従業員のサポートのもと活動しています。