配色:                          文字サイズ: 

【オン・セミコンダクター株式会社】 オン・セミコンダクター、国連グローバル・コンパクトに参加

オン・セミコンダクター、国連グローバル・コンパクトに参加

国連グローバル・コンパクトは、人権、労働、環境、および腐敗防止の分野で、企業が取り組むべき10原則の枠組みを規定

……………………………………………………………………………………………

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、世界最大の企業・団体の社会的責任イニシアチブであり、135カ国で9,000社以上の営利および非営利団体が参加する国際連合(国連)グローバル・コンパクトに参加したと発表しました。

2000年に始まった国連グローバル・コンパクトは、責任ある法人活動を通して国連の目標と価値を推進するために、世界中の財界に対してガイダンスとサポートを提供しています。この枠組みでは、人権、労働、環境、および腐敗防止の分野で企業が取り組むべき10原則を定めています。企業は、国連グローバル・コンパクトに基づき、国連機関、労働団体、および社会と協力して、持続可能な新時代を導いています。国連グローバル・コンパクトは、積極的な企業と専門家および利害関係者を結集させることにより、ハイレベルの企業持続可能性活動を生成および導入するための協調的空間を提供しています。

オン・セミコンダクターの品質、環境、健康、安全性、および企業の社会的責任担当シニア・バイスプレジデントであるキーナン・エバンス(Keenan Evans)は、次のように述べています。「当社は、私たちと同様に企業管理に取り組んでいる企業およびステークホルダーのコミュニティに参加できることを、大変うれしく思っています。当社は、これらの原則を事業全体に組み入れ、業界リーダーとしての立場を活かして持続可能性の達成に向けて取り組んでまいります」

オン・セミコンダクターは、既に独自のオン・セミコンダクター人権ポリシーも導入しています。このポリシーは、他者の基本的権利を保護し推進する当社の取り組みを正式に定めたものであり、オン・セミコンダクターの全従業員、ジョイントベンチャー、主要サプライヤ、厳選したサービスプロバイダおよび下請業者、製品、サービスに適用されます。

オン・セミコンダクターのグローバル品質システムおよび企業の社会的責任担当シニアディレクターであるテレサ・ヘイウッド-マッカーリー(Theresa Haywood-McCarley)は、次のように述べています。「当社の人権への取り組みは、「責任ある企業同盟(Responsible Business Alliance 、RBA)」の会員の活動の一環として行われていますが、国連グローバル・コンパクトへの参加および独自の人権に関わるポリシーは、従業員とステークホルダーに対するこの取り組みを明確にするものです。当社の目標は、当社が事業を行っているコミュニティにおいて、良い企業市民となることです。また、当社の真剣な取り組みをお客様に伝えるとともに、サプライヤへの期待を示すものです」

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライチェーン
と品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。詳細については、http://www.onsemi.jpをご覧ください。

・ Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。