配色:                          文字サイズ: 

【公益財団法人日本ユニセフ協会】 シリア北西部:今年に入って暴力が激化、子ども134人犠牲に【プレスリリース】

シリア北西部:今年に入って暴力が激化、子ども134人犠牲に【プレスリリース】

ユニセフ事務局長声明

……………………………………………………………………………………………

重度の急性栄養不良に苦しむ2歳のアマルちゃん。(2019年3月撮影) (C) UNICEF_UN0315802_
【2019年5月30日 ニューヨーク 発】

シリア北西部における最近の暴力の激化により、多数の子どもが犠牲になっていることを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、子どもを保護するよう求める以下の声明を発表しました。

* * *

シリア北西部では戦闘が激化しており、何万人もの子どもたちが、死傷し、避難を余儀なくされるリスクに直面しています。この数日、特にハマ北部およびイドリブ南部の村々で、暴力が激しくなっています。

多くの家族が、再び、家を離れて避難を強いられています。一方、戦闘で身動きが取れず、安全な場所に避難できない人もいます。

シリア北西部では、今年に入ってから暴力が激しくなっており、少なくとも子ども134人が死亡、12万5,000人が避難民となりました。攻撃を受けた病院は30近くにのぼり、ユニセフの保健分野でのパートナー団体の中には、命を守る活動の一時停止を余儀なくされているところがあります。約4万3,000人の子どもが学校に通えなくなり、イドリブの一部の学校では年度末試験が延期され、40万人の生徒の教育が影響を受けています。

シリア北西部で活動するユニセフのパートナー団体は、移動診療、予防接種と栄養支援、心理社会的ケア、水と衛生関連物資を子どもたちと家族に提供しています。しかし、このような緊急的措置は、残虐かつ不当な暴力による非人道的状況を一時的に緩和するに過ぎません。

子どもたちはこの戦争に責任がありません。しかし、この虐殺とその影響に誰よりも苦しめられるのは子どもたちです。

シリア北西部および全土の紛争の当事者は、子どもたちと、彼らにとって不可欠な病院や学校などの社会インフラ施設を守るためにあらゆる努力をしなければなりません。紛争当事者と彼らに影響力を持つ者は、シリアの子どもたちのために、そしてシリアと地域の未来のために、この戦争をようやく終わらせるための包括的かつ持続可能な平和を構築しなければなりません。

* * *

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )