配色:                          文字サイズ: 

【株式会社EnterTech Lab】 アーティスト向け資金調達プラットフォーム「CHACCA」を開発する株式会社EnterTech Labがシード資金調達を実施

アーティスト向け資金調達プラットフォーム「CHACCA」を開発する株式会社EnterTech Labがシード資金調達を実施

……………………………………………………………………………………………

アーティスト向け資金調達プラットフォーム「CHACCA(チャッカ)」を開発・提供する株式会社EnterTech Lab(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:伴幸祐)は、シードラウンドにおいて株式会社スペースシャワーネットワーク、FEDEL CAPITAL Pte.Ltd.および複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施致しました。

 「CHACCA」とはアーティストの人気や情熱に火を付けることをモットーに作られた、資金調達プラットフォームです。アーティスト自身がオンライン上で独自のデジタルエンブレムを発行・販売することで、従来の音源販売に代わる新たな収益を獲得することが可能となります。さらに、エンブレムを所持したファンには優待が贈られ、特別なファンサービス等を楽しむことができます。
 現在、一般ユーザーもサービス登録が可能となっている他、参加アーティストも近日中に発表される予定です。

https://chacca.jp

■株式会社EnterTech Lab代表取締役 伴幸祐より

音楽消費はCDからストリーミングへという大きな変化の中にあり、それに伴い、音楽エンタメビジネスのあり方も、大きく姿を変えようとしています。

CHACCAは、音楽アーティストやクリエイターの皆様が、自分自身のブランド力により資金と仲間を集め、更にブランドの価値を高めていくためのプラットフォームです。

CHACCA(チャッカ)は”情熱・人気に火をつける”を、テーマに
それだけで宝物と呼べる、”創りたい” という気持ちと、
活動を応援したいという気持ちをつなぐプラットフォームです。

続々とアーティスト様からの申込みが来ております。
今後の発表にご期待下さい!

■株式会社EnterTech Lab 創業メンバー

伴幸祐(代表取締役)
1987年生まれ、福井県出身。13歳からギターを始め、15歳からは、”世界をより良く変える”をテーマに、バンド活動を開始。リーダーとして、地元10代~20代を中心に人気を博すバンドを数々プロデュースする。10年間音楽と向き合い、活動に区切りを付けた後は、エンジニアとしてベンチャー企業数社で活躍。2016年にはAIを活用した映像解析プラットフォームを提供するスタートアップに立ち上げ期から参画し、開発チーム組成、プロダクト開発に携わった。2018年、「Mashup Awards」 等のハッカソンがきっかけで出来たチームのメンバーらとともに株式会社EnterTech Labを設立。代表取締役に就任。

中西孝之(取締役)
福井県出身。株式会社ignoteの創業者として、遠隔地に居る楽器演奏者やシンガー同士が演奏を重ねて録音・発信できる音楽アプリ「melocy」などを開発。サムライインキュベートなどからの資金調達経験を持つ。その他、リクルート主催(当時)のハッカソン、「Mashup Awards 7」にて最優秀賞、翌年の「Mashup Awards 8」では優秀賞を獲得。スピード感のあるエンジニアリング、プロダクト開発に強みを持っている。

山口哲一(取締役)
音楽プロデューサー、エンターテックエバンジェリスト、デジタルコンテンツ白書(経産省監修)編集委員。日本音楽制作者(FMPJ)連盟理事、芸団協理事などを歴任。2014年START ME UP AWARDS開始、実行委員長としてエンタメ系スタートアップをアクセラレートし、Musicians Hackathon、Techs 等で音楽エンタメが抱える課題をオープンに解決する場を継続して作ってきた。2019年スタートアップスタジオVERSUS設立、代表取締役に就任。

■引受先様・パートナー企業様からのコメント

FEDEL CAPITAL Pte.Ltd. Director 小村亮雄 様
大変革が訪れている音楽産業にとって必要且つ、とてもワクワクする試みに大変期待しています!
ブロックチェーンやAIなどのテクノロジーの活用を含め、エンタテインメントビジネスにはまだまだ大きな拡張性があると考えており、その中で御社が必要不可欠な役割を担っていくことを確信しております。

株式会社ハウリング・ブル・エンターテイメント 代表取締役 小杉茂 様
かつてアーティストにファイナンスするのはレコード会社の役目だった。ところがCDのマーケットが衰退し、その役割は終わった。
しかし、アーティストの発掘や育成に資金が必要だという状況は変わらない。新しい音楽には、依然「誰か」の投資が必要なのだ。
ファンにとっては、アーティストの存在そのものに価値がある。
彼らの活躍、彼らの成長、そして彼らの成功…その役割の一端を音楽ファンが担うことができる…その口火となるのがこの”CHACCA”だ。
世界中の音楽シーンが待ち望んでいたありそうでなかったワクワクするサービスが、ついにスタート!
我々、音楽制作者にとっても夢のサービスだ!

株式会社Cubic Records 代表取締役 鈴木Daichi秀行 様
音楽(エンタメ)とITという組み合わせには無限の可能性があると思います。
ファンがアーティストを支援出来る新しい形である”CHACCA”の誕生によって
業界の活性化、そして自由に活動する素晴らしいアーティスト達と出会える事を楽しみにしています。

■株式会社EnterTech Lab / EnterTech Lab, Inc.について

会社名: 株式会社EnterTech Lab
設立日: 2018年2月1日
住所: 東京都渋谷区東3-16-1 BELL THE EBISU 6F
代表者: 代表取締役 伴 幸祐
URL:https://entertechlab.jp/

■本件に関する問い合わせ先
info@entertechlab.jp (担当:中西)