配色:                          文字サイズ: 

【株式会社GIG】 コラボレートを加速するスキルシェアサービス「Workship」登録会員数5,000人、マッチング数1,000件を突破!

株式会社GIG

コラボレートを加速するスキルシェアサービス「Workship」登録会員数5,000人、マッチング数1,000件を突破!

企業様向け 採用成果報酬0円キャンペーン実施中!!

……………………………………………………………………………………………

株式会社GIG(ギグ)(所在地:東京都中央区日本橋浜町1-11-8パークレックス日本橋浜町4階、代表取締役社長:岩上貴洋、以下GIG)が運営する、スキルシェアサービス「Workship(ワークシップ)」https://goworkship.com/ は、2019年5月に登録会員数5,000人、マッチング数1,000件を突破したことをお知らせします。

「Workship」は”良いフリーランス×良いプロジェクト”のコラボレートを加速するスキルシェアサービスとして、2018年11月1日にグランドオープンしました。人と企業をプロジェクト単位でマッチングする成果報酬型の新規サービスとして利用され、オープン以降会員数を伸ばし、約半年後となる5月に早くも登録会員数5,000人を突破。累計利用企業数は200社、マッチング数はオープンから約半年で1,000件を突破しました。
これを記念し、採用企業様向けに以下キャンペーンを実施しております。

マッチングの成果報酬だけではなく、募集プロジェクト作成、写真素材作成、電話フォローなど、有料オプションも全て無料で対応!貴社の魅力を引き出すプロジェクトを作成します。
キャンペーンはこちらから → https://goworkship.com/
※2019年8月末までの期間限定のキャンペーンとなります。
※8月以降成果報酬:15万円

■市場動向
フリーランスの経済規模が初の20兆円超え(※1)。働き方の多様化により拡大傾向にあり
優秀な人材確保が難しくなる昨今、フリーランスの登用が企業の活路に!

2018年度上半期の中途採用において、人員を確保できなかった企業は54.2%となっており、過去最低の記録に(※2)。また、人員を確保できず未充足となり「事業に影響が出ている」と回答した企業は39.2%(※2)となっており、企業の大きな課題となっています。
一方、働き方改革により、スキルの高いフリーランスの市場は拡大傾向。正規雇用以外の人材活用が、今、注目されています。
 ※1 ランサーズ「フリーランス実態調査 2018年版」2018
 ※2リクルートワークス研究所「中途採用実態調査」2019

■「Workship」なら、ハイスキルなパラレルワーカー、フリーランスの採用が可能
登録会員の属性は平均年齢32.5歳、生活拠点は関東が中心。
ご登録いただいている職種の割合は、エンジニア31%、デザイナー16%とクリエイティブに特化しています。

今後も優秀な人材を必要な時に採用したいと考えている企業と、能力に見合った報酬と自身に合う働き方をしたいと考えるフリーランスの双方に役立つプラットフォームとして、更なる機能拡充に努めてまいります。

■「Workship」について

Facebook@goworkship / Twitter@goworkship

■株式会社GIGについて
「テクノロジーとクリエイティブで、セカイをより良くする」というミッションのもと、2017年4月に創業。ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webプロモーション、UI/UXデザイン、システム開発など、デジタル領域の課題解決に取り組みながら自社サービスを構築・展開。時代や場所における課題を見つけ、テクノロジーとクリエイティブの両面から、価値あるモノを創造し続けます。

参照URL: Workship MAGAZINE ( https://goworkship.com/magazine/ )
参照URL: Worship SPACE ( https://goworkship.com/space/ )
参照URL: W-AGENT ( https://gowagent.com/ )
参照URL: https://giginc.co.jp/

Facebook@GIG Inc. / Twitter@giginc2016