配色:                          文字サイズ: 

【Hotels.com】 仕事やお酒よりも優先する人が多数!?Hotels.com、サッカーファンが“サッカーのために我慢できるもの”を発表!

仕事やお酒よりも優先する人が多数!?Hotels.com、サッカーファンが“サッカーのために我慢できるもの”を発表!

……………………………………………………………………………………………

・お酒よりもサッカー:日本のミレニアル世代の3人に1人(36%)が、生でサッカーの試合を観戦できるなら1ヵ月禁酒できると回答
・仕事や家族よりもサッカー:日本のサッカーファンの36%が仕事よりサッカー観戦を優先し、28%は家族行事よりも優先する
・スイーツも我慢:生でサッカーを観戦するために、1ヵ月間スイーツを我慢できると宣言したサッカーファンは19%
・出産の立ち合いもベンチ入り:日本の男性の11%が、チャンピオンズリーグの決勝戦を観戦できるなら、出産の立ち合いより優先してしまうことを告白

UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が目前に迫り、盛り上がりを見せているサッカーシーズンに合わせて、Hotels.com(TM)は「Expediaグループによるサッカー観戦旅行に関する調査」(※1)を発表しました。

活気が最高潮に達する決勝戦を目前にして、Hotels.comは、その調査の中から「日本人サッカーファンがサッカー観戦のために我慢できるもの」に関する最新データを明らかにしています。

Hotels.comによると、サッカーのために日本人ファンはどんなことでも我慢できてしまうようです。例えば、試合を生で観戦するために「友人との飲み会」(31%)、「休日」(23%)そして「飲酒」(22%)を犠牲にしても良いと回答しています。36%がズラタン・イブラヒモビッチやクリスティアーノ・ロナウドのゴールを逃したくないがために「仕事をさぼったことがある」と回答し、仕事よりもサッカーの方が優先順位が高いと感じているファンは少なくないようです。

また、28%のファンが「家族行事」よりもサッカーを優先し、11%は「子どもの出産の立ち合い」よりも優先すると認めています。それだけでは終わりません。スイーツが大好きな日本人は、新しいスイーツ店がオープンすると、長蛇の列に5時間以上並ぶことも厭いませんが、サッカーのためとなると19%が1ヵ月間スイーツを我慢できると回答しています。また、ファンの22%は、試合観戦のために1ヵ月間禁酒しても構わないと回答し、ミレニアル世代は全体よりも多い36%が禁酒しても構わないと考えています。

日本のミレニアル世代は、試合観戦に真剣です。事実、応援しているチームを「何としても見に行くんだ!」という意気込みがあるようで、シーズンあたり平均10試合を観戦し、そのうち平均4試合はアウェイで観戦しています。そして意外にも、女性ファンの方が男性よりも観戦に熱中していることが分かりました。サッカー観戦のために有給休暇を使う計画を立てる男性ファンが14%であるのに対して、女性ファンはなんと18%にも上ります。また、楽しい夜の女子会は何よりも大切な時間と考える方もいますが、女性サッカーファンの30%が女友達たちとのパーティーやお酒の席よりも、サッカー観戦を選ぶという結果が出ています。

Hotels.com日本代表の井尻岳人は以下のように述べています。「サッカーファンは、応援しているチームを驚くほど献身的にサポートしています。ファン心理としては、友人との飲み会をパスしてでも、自分の応援するチームをどこまでも追いかけたいということでしょう。10泊ためると1泊無料となるHotels.com Rewards(TM)は、そのような方々を強力にサポートします。私たちはサッカーファンの熱意を応援しています!」

アウェイの試合に足しげく通い、各地で数泊しているのであれば、その絶え間ない“ファン魂”は還元されるべきです。Hotels.com Rewardsでは、白熱した試合の後にぐっすり眠り、宿泊数をためることができるという、10泊ためると1泊無料の特典がご利用いただけます(※2)。

公式宿泊予約パートナーであるHotels.com は、日本時間2019年6月2日(日)にマドリードで開催されるアドレナリン溢れる決勝戦において、リヴァプールと対戦するトッテナム・ホットスパーを応援します。

###

※1 「Expediaグループによるサッカー観戦旅行に関する調査(Destination: Football – An Expedia Group Study on Football Travel Trends)」は、2019年2月25日から3月25日にかけて、日本のサッカーファン500名を含む世界各地のサッカーファン16,500名を対象に実施した調査です。
※2 Hotels.comに掲載されているホテルに10泊分予約及び宿泊をしていただくと、引き換えに掲載ホテルからいつでも、どこでも1泊無料でお泊りいただけます。無料宿泊特典で利用できる金額の上限は、お客様の10 泊分の宿泊料金の1 日あたりの平均金額に相当します。無料宿泊特典に税およびサービス料は含まれません。また、規定料金よりも高いホテルをご要望の場合、差額をお支払い頂き、ご利用いただけます。
※3 無料宿泊特典に税およびサービス料は含まれません。無料宿泊特典で利用できる金額の上限は、お客様の10 泊分の宿泊料金の1 日あたりの平均金額に相当します。登録および予約は、Hotels.comウェブサイト、Apple StoreおよびGoogle PlayのHotels.comアプリで可能です。詳しくは利用規約全文( https://jp.hotels.com/customer_care/terms_conditions.html )を参照してください。

■Hotels.com(TM)について
ご希望通りの宿泊先を探して、簡単に予約できるHotels.com( https://jp.hotels.com/ )。出張やレジャー問わず、使いやすいホテル予約サービスの提供に努めています。Hotels.comでは世界中の数十万軒もの宿泊施設の予約ができ、ウェブサイトは90カ国以上で運営され、41の言語に対応しています。ラスベガスのお得なホテルも、タイのツリーハウスも、絶景のヴィラも、サクッと手軽に検索完了。また、大人気のロイヤリティプログラム「Hotels.com Rewards( https://jp.hotels.com/hotel-rewards-pillar/hotelscomrewards.html/ )」では、無料(※3)で宿泊できるボーナスステイがあっという間に獲得できます。ホテル予約は賢く簡単、スマートに。2,500万件以上の宿泊済みのお客様による口コミ評価や、ダウンロー
ド数7,000万件の使いやすいスマホアプリも提供しており、お客様にぴったりの宿泊施設を探していただけます。
(C) 2019 Hotels.com, LP. All rights reserved.Hotels.com、ベルパグ、Hotels.com Rewardsおよび Hotels.com のロゴは Hotels.com L.P の登録商標です。その他の商標はすべて、該当する各社の所有物です。

温泉旅行特集 びゅう