配色:                          文字サイズ: 

【IYASAKA style】 【大人の保育園プロジェクト】2019年5月12日 お田植え祭を千葉県匝瑳市にて開催しました。

【大人の保育園プロジェクト】2019年5月12日 お田植え祭を千葉県匝瑳市にて開催しました。

……………………………………………………………………………………………

暖かな陽気に包まれた5月12日。令和を祝福するかのようにお田植え祭が開催されました。

令和。
新しく時代が変わったこの5月12日。

千葉県の東端にある匝瑳市(そうさし)にて、
大人の保育園プロジェクトの開会式でもある
「お田植え祭」が行われました。

当日は天気にも恵まれ、
都心を中心に多くの方々がご参加されました。

品川区にある戸越八幡神社様によるご神事から始まり、

お田植え体験がスタート。

老若男女問わず、都会では味わえない自然を味わいました。

農業体験を通じて、自然と食べ物へ感謝する気持ちを。。。

IYASAKA styleでは、「自然を通じた暖かな体験」をご提供しております。

======================

「人の心を耕したい・・・」
ついつい忘れがちな「自然と食べ物へ感謝する気持ち」を感じられるプロジェクト、始まります。自然界に生かされていると、認識している人は何人いるのでしょうか?
都会にいると、ついつい忘れがちな「自然と食べ物へ感謝する気持ち」という大切な心を取り戻してほしい。

<プロジェクト概要>
企業の福利厚生とし、農業体験を提供する。
千葉県匝瑳市(そうさし)の田んぼ0.8反歩を借り、
日本中の人の心を耕す。
お金や物質的なことを求めていたけど、人本来の豊かさに気付くために。
全国展開を目指していく・・・

<なぜ「大人の保育園」なのか?>
皆、学力を伸ばすために学習機関(高校、大学、塾など)に所属して勉強しているが、
人は自然界に生かされている、そんな自然界について、人は何を知っているのだろうか?
そんな足元の大切な「自然」を学ぶことが、人が本質的に豊かに生きていくうえで必要不可欠なのではないか?
弊社は、「大人の保育園」と称し、自然に戻り、触れ、体験・体感することで
これからの「生き方」を学ぶ場所を提供できるよう準備しております。

そんな自然界について、人は何を知っているのだろうか?

<「大人の保育園」のこだわりポイント>
大人の保育園プロジェクトは、今から70年前の農法(循環型農業)をもとにした農業を実施。以下の3つの条件をクリアする、自然由来の食物の提供を目指します。
(1)自家採取の種
(2)化学肥料無使用
(3)化学農薬不使用

<「大人の保育園」が目指すところ>
人の心を耕し、全国の農地を、人にも環境にも優しい循環型農業に戻していきたい。
現在の農業は、利便性を追求しすぎるあまりに、化学的な農薬・肥料、そして種と、環境を壊す農法になってしまっていた。
強いては、人の体も壊す農作物になっていた。

<御田植祭 開催詳細>
日時:5月12日(日) 9:45〜14:45
田んぼ 所在地:千葉県匝瑳市椿霜ノ下2971
集合場所住所:千葉県匝瑳市八日市場8
アクセス:八日市場駅から車で1.5km
最寄り駅:八日市場駅

9:45〜 集合:場所・そうさし記念公園
10:30〜 御田植祭 開会式/司会進行 林様
代表者挨拶:江波戸会長(そうさの米研究会)
     :木原様(今回田んぼをお借りさせて頂く農家さん)
ご来賓挨拶:匝瑳市長や農協関係者様
11:00〜 田植え
田植後 西邑清志〆の神事・五十幡香奈挨拶
13:00〜 直会(バーベキュー)
14:30〜 閉会式
挨拶:五十幡香奈(IYASAKA style 代表)
14:45 終了

参加費:3000円(ただし、園児無料)※現金支払いのみ

参加人数:50名程度

<持ち物>
・長靴でなく靴下
・着替え
・タオル
・帽子
・思いっきり楽しむ心☆

<組織構成>
主催:そうさの米研究会
協賛:IYASAKA style(http://iyasaka.style/
一般社団法人SEA(http://se-a.jp/
後援:NPO法人 一次産業応援団