配色:                          文字サイズ: 

【西武造園株式会社】 水鏡に映る鮮やかな”ハナショウブ”と”スイレン”が6月8日頃から見頃を迎える予想「花菖蒲・睡蓮まつり」6月4日(火)〜30日(日)開催(小田原フラワーガーデン)

水鏡に映る鮮やかな”ハナショウブ”と”スイレン”が6月8日頃から見頃を迎える予想「花菖蒲・睡蓮まつり」6月4日(火)〜30日(日)開催(小田原フラワーガーデン)

……………………………………………………………………………………………

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデン(指定管理者:小田原フラワーガーデンパートナーズ、代表企業:西武造園株式会社)では、6月上旬〜6月中旬に約180品種1,000株の花菖蒲(ハナショウブ)が見頃を迎えると予想されます。また、花の見頃にあわせたイベント「花菖蒲・睡蓮まつり」を6月4日(火)より開催しています。

小田原フラワーガーデン 花菖蒲(ハナショウブ) ※2018年撮影

江戸園芸三花としても有名な『花菖蒲(ハナショウブ)』は、梅雨から初夏にかけて水辺に清涼な彩りを添え、江戸中期以降に300品種を超える園芸品種が生み出されるなど、多くの方に親しまれています。

晴れの日はもちろん、曇りや雨の日には花の色合いが柔らかく見えるため、梅雨のシーズンにぴったりの花です。


小田原フラワーガーデン 花菖蒲(ハナショウブ) ※2018年撮影
小田原フラワーガーデンでは、約180品種1,000株の花菖蒲を見ることができます。一般的な「一面に広がった植栽」ではなく、「渓流の水辺を縁取る」ように植栽している点が特徴で、水鏡によって花が水面に映り込むことで大変美しい景観となっています。

また、同時期に園内では『睡蓮(スイレン)』と『紫陽花(アジサイ)』も見頃を迎えます。

これらの花々を楽しめる、小田原フラワーガーデン「渓流の梅園」は駐車場・入園料ともに無料でお楽しみいただけます。梅雨の季節だからこそ楽しめる、癒しと安らぎの世界へぜひお越しください。

小田原フラワーガーデンWEBサイト:http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

2019年 花菖蒲(ハナショウブ)や梅雨シーズンの花の見頃予想について


約180品種1,000株の花菖蒲(ハナショウブ)が楽しめる『渓流の梅園』エリア
通常、花菖蒲の見頃がピークを迎えるのは、6月上旬〜6月中旬の時期となります。
現時点で花は”1分咲き”の状態となっています。

最新の開花状況※2019年6月1日(土)時点
・花菖蒲(ハナショウブ)
「1分咲き」6月上旬〜中旬 見頃の見込
※現時点での予想では、6月8日・9日ころにほぼ満開となり、その後約二週間ほど(〜6月18日ころまで)見頃になると思われます。

・睡蓮(スイレン)
「見頃」10月下旬まで開花の見込

花菖蒲(ハナショウブ)と睡蓮(スイレン) ※2019年5月29日撮影

・紫陽花(アジサイ)
「咲きはじめ」6月中旬〜6月下旬 見頃の見込
当園では約500株が植栽されています。

開花状況については、公園WEBサイトやSNS(Facebook)でも随時ご案内しております。
小田原フラワーガーデン
WEBサイト:
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

SNS(Facebook):
http://www.facebook.com/1609790776015826/

2019年「花菖蒲・睡蓮まつり」開催概要

開催期間:2019年6月4日(火)〜6月30日(日)
会場:小田原フラワーガーデン


小田原フラワーガーデンの紫陽花(アジサイ)

入園料:無料
駐車場:無料
(駐車台数:普通車140台 障害者用6台)

開園時間:9:00〜17:00
休園日:月曜日(祝日の場合は開園)、祝日直後の平日

期間中には、梅雨でも花や公園をお楽しみいただける、さまざまなプログラムを開催します。

「花菖蒲・睡蓮まつり」期間中の開催プログラム(一部)

期間中限定!人気のアロア・ワッド探検隊「レイニーデイミッション」


レイニーデイミッション(イメージ)
小田原フラワーガーデンで体験できる、オリジナルの子供向けプログラム『アロア・ワッド探検隊』は、様々なクイズや体験(ミッション)を通じて、楽しく植物について学ぶことができます。

通常は「雨の日限定」で体験できる『レイニーデイミッション』を、「花菖蒲・睡蓮まつり」期間中は特別に常時体験いただけます!水にまつわる植物をテーマにしたプログラムをお楽しみください。

日時:6月4日(火)〜30日(日)9:00〜17:00
※休園日を除く
※トロピカルドーム入園は16:30まで

参加費:トロピカルドーム温室入園料(大人200円/小中学生100円)

※アロア・ワッド探検隊について、詳しくはこちら
http://www.seibu-la.co.jp/parks/odawarafg/aroawad/

梅の実もぎとり体験付き!『梅シロップ・梅干し作り体験』や『梅のお土産』販売

花菖蒲(ハナショウブ)が楽しめる『渓流の梅園』エリアでは、今年の1月〜3月にかけて花を咲かせた梅が、たくさんの「梅の実」を実らせています。花菖蒲を楽しむのとあわせて、この梅の実を収穫して楽しめるプログラムもご用意しております。
小田原市の花にもなっている「梅」を使った体験プログラムやお土産は、ご来園の記念にもぴったりです。


梅の実もぎとり体験

梅シロップ作り&梅もぎ体験
爽やかで美味しい梅ドリンクの元、梅シロップの下処理を行います。シロップは、ご自宅で熟成させるだけの状態に仕上げたものを、お持ち帰りいただきます。

日時:2019年6月8日(土)、6月9日(日)11:00〜12:30
※雨天中止
参加費:500円
定員:15組(申込先着順)
申込:前日までにお電話にてお申し込みください。
TEL:0465-34-2814
※6月9日(日)は現在、予約数が定員に達しているため、キャンセル待ちを受け付けております。

梅シロップ作り

簡単!梅干し作り&梅もぎ体験
ビニールのストックバックを使って、梅干作りの下処理を行います。あとは家で熟成させて、干すだけの状態に仕上げます!

日時:2019年6月15日(土)、6月16日(日)11:00〜12:30
※雨天中止
参加費:500円
定員:15組(申込先着順)
申込:前日までにお電話にてお申し込みください。
TEL:0465-34-2814

※収穫できる梅の品種や量は日によって変わります。
※梅の実の状況次第で中止になる場合がございます。
※園内での許可のない梅の実を含む植物の採集・持ち出しは条例により禁止されています。

「梅のお土産」販売


梅のお土産
大人気のカリコリ梅や梅干し、梅ゼリーなどを販売します。

期間:2019年6月4日(火)〜
※なくなり次第終了

販売場所:トロピカルドーム温室 エントランス
※エントランスは無料で入館できます。

小田原フラワーガーデン 概要


小田原フラワーガーデン トロピカルドーム温室
1995年にオープンした植物公園です。メイン施設の「トロピカルドーム温室」では1年中熱帯植物が楽しめるほか、関東最大級の約200品種480本の梅が咲き誇る「渓流の梅園」、150品種350本のバラが春と秋に楽しめる「バラ園」、約180品種1000株の「ハナショウブ池」など、四季を通じてさまざまな花を観賞することができます。

2019年3月に、園内の様子を360度パノラマ動画で撮影しました。花菖蒲(ハナショウブ)が見られる「渓流の梅園」もVRでご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000034888.html

小田原フラワーガーデン バラ園

<所在地>
神奈川県小田原市久野3798-5

<入園料>
無料(トロピカルドーム温室は有料)

<駐車場>
普通車140台(障がい者用6台)
※無料

<開園時間>
9:00〜17:00
※トロピカルドーム温室入館は16:30まで

小田原フラワーガーデン 渓流の梅園

<休園日>
月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
祝日(振休も含む)直後の平日
年末年始(12月29日〜1月3日)
(春のローズフェスタ期間中は、無休で営業)

<アクセス>
・「小田原」駅東口から2番のりば伊豆箱根バス「フラワーガーデン・県立諏訪の原公園」行き。
「フラワーガーデン」下車すぐ。
・伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分

お問い合わせ先

小田原フラワーガーデン 管理事務所
指定管理者:小田原フラワーガーデンパートナーズ
(代表企業:西武造園株式会社/構成員:伊豆箱根鉄道株式会社、株式会社加藤造園)
住 所:神奈川県小田原市久野3798-5
TEL:0465-34-2814
http://seibu-la.co.jp/odawarafg/

温泉旅行特集 びゅう