配色:                          文字サイズ: 

【株式会社日本クラウドキャピタル】 記者会見お知らせ 最速!3分で5千万円 288名のファン株主を集める日本初株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」業界No.1取引量20億円突破および新事業戦略を発表日本クラウドキャピタル

記者会見お知らせ 最速!3分で5千万円 288名のファン株主を集める日本初株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」業界No.1取引量20億円突破および新事業戦略を発表日本クラウドキャピタル

元ソニー会長・出井氏、『起業の科学』・田所氏が登壇、ベンチャー企業の資金調達を語る

……………………………………………………………………………………………

【日時】 2019年7月2日(火)11:00〜12:00(10:30メディア受付開始)
【会場】 ベクトルラウンジ(東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F)

株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表:柴原 祐喜/大浦 学)は、株式投資型クラウドファンディング業界初のEXIT案件の成立と、新サービス開始に伴い、記者発表会を実施いたします。本発表会では日本クラウドキャピタルの顧問である、元ソニー会長/現クオンタムリープ代表取締役 ファウンダー&CEOである出井伸之氏およびamazonで経営管理書籍84週連続1位となっている『起業の科学』の著者であるユニコーンファーム 代表取締役社長 CEO田所雅之氏にご登壇いただき、ベンチャー企業の資金調達環境についてお話いただきます。

なお田所氏は日本クラウドキャピタルのアドバイザーに就任することも併せて発表いたします。

つきましては、ご多忙の所恐縮ではございますが、本イベントにご出席ご取材賜りたくご案内申し上げます。ご取材希望の会社様はお手数ですが、《7月1日 (月) 18時》までに、メールにて【貴社名・貴媒体名・代表者名・ご参加人数・カメラ種別(スチール・ムービー)・ご連絡先】を記載の上ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

注意事項
・撮影場所はムービー・スチールともに受付先着順でご案内させて頂きます。
・登壇者への個別取材をご希望の際は必ずPR事務局へご一報お願いいたします。
お手数ですが、別紙の返信状に必要事項を明記の上、7月1日 (月) 18:00までにご返信ください。
なお、スケジュールの兼ね合いから個別取材をお受けできない場合もございます。予めご了承ください。
・当日の進行状況等により、予告なく、プログラム内容が変更になる可能性がございます。ご了承ください。

■登壇者■
日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO:柴原祐喜 (しばはら ゆうき)

カリフォルニア大学卒、明治大学院グローバルビジネス研究科卒大学院での研究テーマは「未上場企業の価値算出」をテーマに研究を進める。その後にシステム開発、経営コンサルティング会社を経営。スタートアップ環境を盛り上げていきたいとの思いで共同代表の大浦とともに日本クラウドキャピタルを創業。日本初の第一種少額電子募集取扱業として株式投資型クラウドファンディングサービスを開始する。現在は、大学院での講師を務め、スタートアップ環境の改善のため尽力している。

日本クラウドキャピタル 代表取締役COO:大浦学(おおうら まなぶ)

明治大学大学院グローバルビジネス研究科でマーケティングを研究。同研究科で代表取締役CEO柴原と出会う。 2012年5月デジタルコンテンツの企画、立案、製作、開発を行うシステム会社を柴原と創業。その後、柴原とともに、日本クラウドキャピタルを創業。

クオンタムリープ 代表取締役 ファウンダー&CEO:出井伸之(いでい のぶゆき)

1960年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、1995年社長就任。 以後、10年に渡りソニー経営のトップとして、ソニー変革を主導。2006年クオンタムリープ設立。

ユニコーンファーム 代表取締役社長 CEO:田所雅之(たどころ まさゆき)

これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。シリコンバレーのベンチャーキャピタルのベンチャーパートナーを務めた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めながら、日本最大級のウェブマーケティング会社ベーシックのChief Strategic Officerを務める。著書『起業の科学 スタートアップサイエンス』(日経BP社)はロングセラー(amazon経営管理関連書売上ランキング84週連続1位)となっている。

■株式投資型クラウドファンディング“FUNDINNO“概要■
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスのプラットフォームである“FUNDINNO”は、1口10万円前後の少額から、IPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができます。株主になるため、リターンはもちろんですが、未来あるベンチャー企業の事業成長を一緒に確認することができる新しい投資体験も可能です。また、利回り・返礼等の具体的内容を求めるものではありませんが、その代わり株主のメリットとして、企業価値の上昇等による利益を長期的に狙えるのが他のクラウドファンディンサービスとの違いとなっています。

■会社概要
会社名:株式会社日本クラウドキャピタル
※第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長 (金商) 第2957号 加入協会:日本証券業協会
・所在地:東京都品川区東五反田5-25-18
・代 表:柴原 祐喜/大浦 学
・資本金:4億2860万170円(別途資本準備金:2億1340万70円) ※2019年5月31日現在
・設 立:2015年11月26日
・U R L :https://www.cloud-capital.co.jp/

<手数料等及びリスク情報について>
当社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、当社のホームページで表示しております「重要事項説明書( https://fundinno.com/disclosure )」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容をご確認ください。投資にあたっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
ご注意:本報道発表文は、FUNDINNOのサービスや実績を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

本プレスリリースに関する報道関係の皆様からのお問合せ先
日本クラウドキャピタル 広報 馬渕
E-mail:m.mabuchi@cloud-capital.co.jp