配色:                          文字サイズ: 

ビジネスツールを活用して業務効率化!チャット×RPA提供の2社が働き方改革推進セミナーを開催【受講無料】

ビジネスツールを活用して業務効率化!チャット×RPA提供の2社が働き方改革推進セミナーを開催【受講無料】

https://www.wowtalk.jp/info/seminar1909_insightlab.html

……………………………………………………………………………………………

2019年9月12日(木)、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供するワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 瀬沼悠、以下「ワウテック」)は、RPAを利用したビッグデータ活用支援を手掛けるINSIGHT LAB株式会社(東京都新宿区、代表取締役 会長 CEO 遠山功、以下「INSIGHT LAB」)と、ビジネスチャット×RPAという切り口から“データ活用”をテーマとした共催セミナーを開催します。

◆セミナー開催の背景

「働き方改革」が叫ばれる昨今、多くの企業で“業務効率化”や“生産性向上”を目的に、RPAやビジネスチャットなどのITツールの導入が進んでいます。

ただ、いざツール導入してみたものの思うように活用が進まず、現場もその効果をあまり感じていないという事例も決して少なくありません。

ちなみに、現在、業務改善や生産性向上に注目が集まるのには理由があり、その1つが “労働時間の超過” という問題があります。

この問題は単に社員一人ひとりの働き方が云々というだけではなく、そこの会社にこれから入社・転職を考えている方にとって重要な要素となります。

現に労働人口の減少期を迎えている日本の企業において、労働力の確保のため採用強化は避けて通れません。採用に強くなるためには、従業員の多様な働き方を実現して生産性を向上し、従業員満足度を高めることが近道です。

ITツールにできることは、この生産性向上に寄与する部分です。
それでは、一体、どのようにして従業員の生産性を高めていくのでしょうか?

今回は、ビジネスチャットとRPAを提供する2社が、優れたツールを導入するだけにとどまらず、自社の業務に合うツールの使い方やビッグデータ活用を徹底解説。ITツールの導入を生産性の向上につなげていくポイントをわかりやすくご紹介します。

▼セミナーのお申込みはこちら▼
https://www.wowtalk.jp/info/seminar1909_insightlab.html

◆セミナー詳細

◆イベントプログラム

◎第1部:ビジネスチャット活用を次のステップへ!社内の業務システムとの連携が生み出すこれからの働き方改革

■内容
社内コミュニケーションのツールとしてビジネスチャットが多くの企業で導入され始めています。導入目的は、業務の効率化や緊急連絡網の整備、社員エンゲージメント向上など様々。さらに業務上で高頻度にアクセスするツールとなるに従い、他の業務システムと連携させ働き方改革を推進していく事例も増加しています。本セミナーでは、各種業務システムと連携させたビジネスチャット活用についてお話しし、働き方改革を前進させていく方法をご紹介します。

◎第2部:社内外に眠る宝の山!RPAで掘り起こすビッグデータ活用とは

■内容
働き改革の一環としてデスクワーク削減に注目が集まっており、すでに多くの企業でRPAの導入が進んでいます。 特に定常業務の効率化においては実績も増えておりますが、RPAは活用の幅をさらに広げられる可能性を持っています。 本セミナーでは、ビッグデータ活用のリーディングカンパニーである弊社のナレッジを基に、社内外のデータとRPAを掛け合わせて活用する方法をお伝えします。

▼セミナーのお申込みはこちら▼
https://www.wowtalk.jp/info/seminar1909_insightlab.html

◆企業情報:ワウテック株式会社

https://www.wowtech.co.jp/

所在地: 東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 6F
代表者: 代表取締役 瀬沼 悠
資本金: 110百万円(資本準備金含む)
事業内容:ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営

ビジネスにおけるコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。

その中で、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」は、ワウテックが掲げるサービスコンセプト「Communication-Rebuild」のもと、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアにし、より快適かつスムーズな職場環境の醸成に貢献するサービスです。