配色:                          文字サイズ: 

Rapid7 が2020 年版ガートナーSIEM 部門のマジック・クアドラントにて「リーダー企業」に選定

Rapid7 が2020 年版ガートナーSIEM 部門のマジック・クアドラントにて「リーダー企業」に選定

……………………………………………………………………………………………

マサチューセッツ州ボストン- 2020年2月20日

セキュリティ分析と自動化のリーディングプロバイダーであるRapid7 Inc. (NASDA: RPD) – ラピッドセブンは、本日、2020年版ガートナーSIEM部門のマジック・クアドラントにて「リーダー企業」に選定されたことを発表しました。

多くの企業がクラウド環境にシフトし攻撃面が広がっている中で、リソースと有能な人材は不足したままであり、セキュリティオペレーションにとって潜在的な攻撃の検知と対応は、より複雑化しています。従来のSIEMは、さらなる複雑化の抑制やセキュリティチームの効率向上への展開が図られてきませんでした。

Rapid7のDetection and Response Practice、Senior Vice Presidentの、Richard Perkettは、以下のように述べています。「InsightIDRと、Rapid7のマネージド・ディテクション&レスポンスのサービスは、複雑化を抑制し最新の環境において検知と対応を更に進展させるために開発されました。これによりセキュリティチームは、セキュリティリスクを管理するために必要な効率化と効果を達成することが可能になります。今年のガートナー マジック・クアドラントでリーダー企業に選定されたことは、お客様が導入後すぐに提供価値と投資対効果を実現できることの証拠です。」

InsightIDRは、年単位や月単位ではなく数日でセキュリティチームが稼働開始できるように、軽量なクラウド環境での導入が可能です。以下のような利点が挙げられます。

導入の容易さ – ガートナー・ピアー・インサイトによると「InsightIDRの88%のお客様が、導入の容易さを指摘しています。」
タイム・トゥー・バリューの短さ – InsightIDRは、非常に多くのデータソースをサポートしており導入後すぐに検知が可能となるため、初日からユーザーに対して信頼できるアラートを提供することが可能です。
クラウドネイティブ – InsightIDRは、初日からクラウドでホスティングが可能なので、従来のオンプレミスの製品よりも管理やスケール、更新が容易です。
豊富な機能 – Rapid7は、ログ収集だけに留まらずユーザーおよびエンティティの行動分析(UEBA)、攻撃者行動分析(ABA)を提供しています。 SOCチームにより厳選された、視覚的な調査タイムライン、ファイル整合性監視、エンドポイント監視、ディセプションテクノロジーとその他多くの機能を、オールインワンで使い勝手の良いソリューションとして提供しています。
対応の強化 – InsightIDRは、高度なコンテキストでの調査と自動化を提供することで、迅速に脅威を排除し攻撃者からの影響を最小限に抑えます。
プラットフォームとサービスの提供 – Rapid7の専門家サービスチームによる提供と、脆弱性管理、オーケストレーション、自動化、アプリケーションセキュリティの他のRapid7の業界最高水準のInsightソリューションとのシステム統合が可能です。

レポートの詳細は下記(英語)からダウンロードしていただけます。
https://www.rapid7.com/ja/info/gartner-2020-magic-quadrant/

Rapid7のSIEMソリューションに関する詳しい内容は、ブログ(英語)をご覧いただくか、InsightIDRのデモンストレーションでお確かめください。

ガートナー社は、同社の研究発表文書に記載されているベンダー、製品、サービスを裏付けるものではなく、技術ユーザーに最高評価またはその他の評価を受けたベンダーのみを選択するよう勧めるものではありません。ガートナー社の研究発表文書では、同社の研究組織による意見が述べられており、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナー社は、商品性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本研究に関する明示的または黙示的な保証を一切放棄するものとします。

Rapid7について

Rapid7(Nasdaq: RPD)- ラピッドセブンは、Insight cloudにより、Visibility – 可視化、Analytics – 分析、Automation – 自動化をもたらすことで、セキュティのさらなる強化を実現しています。ラピッドセブンのソリューションなら、複雑性が解消され、セキュリティ部門がIT部門と開発部門が、脆弱性の削減、疑わしき行動の監視、攻撃の調査と遮断、ルーチン業務の自動化を通じて、より効率的に業務を遂行できるようになります。全世界で、8,500社を超える顧客のセキュリティの向上とセキュアな企業の発展が、ラピッドセブンのテクノロジーやサービスとリサーチに支えられています。より詳細な内容については、ウェブサイトでご覧いただけます。ブログ (英語)や Twitter(英語)も是非、ご覧ください。

blog:
https://blog.rapid7.com/

Twitter:
https://twitter.com/rapid7