配色:                          文字サイズ: 

【株式会社リイド社】 シリーズ累計20万部突破!『仕掛人 藤枝梅安』(武村勇治/池波正太郎)7巻 5月15日発売!

シリーズ累計20万部突破!『仕掛人 藤枝梅安』(武村勇治/池波正太郎)7巻 5月15日発売!

武村勇治の手で池波文学最高峰を完全コミカライズ!

……………………………………………………………………………………………

株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、 代表取締役社長:齊藤哲人)は、 2020年5月15日(金)に、 『仕掛人 藤枝梅安 』(漫画:武村勇治/原作:池波正太郎)を刊行いたします。

『仕掛人 藤枝梅安』7巻 書影

■内容紹介
●殺し針で悪を葬る傑作時代劇、コミック・ノワールの決定版!
時代小説の大家・池波正太郎の三大名作『鬼平犯科帳』『剣客商売』――そして鍼医にして殺し針で悪を闇に葬る仕掛人・藤枝梅安の暗闘を描く『仕掛人 藤枝梅安』。
映画化、ドラマ化も度々される『仕掛人 藤枝梅安』を、累計300万部を突破した『義風堂々!!』シリーズを描いた武村勇治がコミカライズしました。

●梅安を狙う刺客と小杉を恨む旗本が、同時に動き出す!
梅安の友・小杉十五郎の剣技に惚れ込み、手駒として取り込もうとする白子屋菊右衛門が、梅安を排すべく動き出した。かつて小杉の介入により梅安を仕留め損ねた白子屋の刺客・関根重蔵が、怒りに燃え再び梅安に迫る。
それと同時に、小杉を恨みたびたび復讐を企ててきた大身旗本・松平斧太郎も、小杉が江戸に潜む事を知り大捜査網を敷く。怒りと復讐の業火が、四方八方から梅安たちに迫りつつあった……。

消えぬ遺恨に立ち向かう梅安たちを描き、前巻の長編「梅安針供養」を補完する完結編「梅安大掃除」(全4編)、そして針の師であり養父でもある恩師を襲った浪人を巡り、梅安の十数年来の想いが結実する「梅安雨隠れ」(前後編)、業の連鎖を断ち切る計6話を収録。


『仕掛人 藤枝梅安』7巻


『仕掛人 藤枝梅安』7巻

■著者概要
漫画:武村勇治【たけむら ゆうじ】
1997年デビュー。『週刊少年サンデー』での連載などを経て、2008年『週刊コミックバンチ』にて『義風堂々』シリーズ(原作:原哲夫・堀江信彦)を連載開始。シリーズ計300万部超えのヒット作となる。また、人気芸人・インパルスの板倉俊之原作小説『トリガー』『蟻地獄』のコミカライズなどでもその手腕を発揮。近作に『マグナレイブン』(2018年 原作:板倉俊之 『月刊ヒーローズ』連載)などがある。

原作:池波正太郎【いけなみ しょうたろう】
戦後日本を代表する時代小説・歴史小説作家。1923年東京生まれ。1960年『錯乱』で第43回直木賞を受賞し、小説家としての活動を本格化。1977年第11回吉川英治文学賞、1986年紫綬褒章、1988年第36回菊池寛賞を受賞。3大代表作といわれる『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』は映画化、TVドラマ化し、大ヒットシリーズとして永く親しまれる。1990年、67歳で永眠。

■概要
書籍名:仕掛人 藤枝梅安7.
出版社:リイド社
ページ数:192ページ
判型:B6判
発行日:2020年5月15日(金曜日)
定価:本体600円+税
ISBN978-4-8458-5602-2

■会社概要
社名  : 株式会社リイド社
所在地 : 〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2
代表  : 代表取締役社長 齊藤哲人
創業  : 1960年4月
設立  : 1974年11月
事業内容: 出版事業
URL   : http://www.leed.co.jp/