配色:                          文字サイズ: 

【株式会社羽田未来総合研究所】 MR(ミックスド・リアリティ)技術を使用した体験型商業施設『羽田出島|DEJIMA by 1→10』初お披露目




MR(ミックスド・リアリティ)技術を使用した体験型商業施設『羽田出島|DEJIMA by 1→10』初お披露目

〜9月19日(土)羽田イノベーションシティ内に開業〜

……………………………………………………………………………………………



日本空港ビルデング株式会社(本社:東京都大田区、代表:横田信秋)、株式会社羽田未来総合研究所
(本社:東京都大田区、代表:大西洋)および株式会社ワントゥーテン(本社:京都府京都市、代表:澤邊芳明)は共同で、2020年9月19日、『HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)』内に最先端テクノロジーを活用したデジタル体験型商業施設『羽田出島』を開業いたします。開業に先立ち、本日9月17日に発表会を実施しました。
PV:https://youtu.be/HXja2XvXCD0









※各名称について
・『羽田出島』:施設の名称
・『DEJIMA by 1→10(デジマ バイ ワントゥーテン)』:デジタル体験施設のブランドネーム
・『The Heart of ZIPANGU(ザ ハート オブ ジパング)』:プログラムの名称

会場では、エグゼクティブアドバイザーである歌舞伎俳優 市川海老蔵氏、
エグゼクティブプロデューサー 澤邊芳明(ワントゥーテン)、演出/振付を担当した、
ブレイクダンス世界チャンピオン植木豪氏(PaniCrew)、クリエイティブディレクション・総合演出を
担当した引地耕太氏 (ワントゥーテン) 、株式会社羽田未来総合研究所 代表取締役社長執行役員/
日本空港ビルデング株式会社 取締役副社長執行役員 大西洋が登壇し、施設そしてプログラムについての
トークセッションを実施しました。

■上質な日本をコンテンツとして提供し、伝統工芸や伝統文化へ目を向けるきっかけにしたい





◆株式会社羽田未来総合研究所 代表取締役社長執行役員/
日本空港ビルデング株式会社 取締役副社長執行役員 
大西洋

イノベーションシティは羽田の周辺で、未来型のまちづくりをするというコンセプトのもとに作られました。
その中で「羽田出島」は、日本の文化やアート、モノづくりなどを、最新のデジタル技術等を活用したコンテンツを通じて広く世界の皆様に知っていただく施設です。また、『ENU』という、日本各地のものづくりの職人たちとお客様が直接つながることができるファンコミュニティコマースもスタートします。お客様は『ENU』を通じて直接職人の作品を買ったり、その職人の住む地域に興味をもって訪れたりするような新たなコミュニケーションを創出していきます。

◆エグゼクティブプロデューサー
澤邊芳明(ワントゥーテン)

羽田出島は、日本中の旧所名跡、素晴らしい風景にインスピレーションを受けて作りました。
ご体験いただくことで、日本の素晴らしさを感じていただけると思います。
混沌や多様性の中から複雑なものをそのまま生かして調和させる日本人の美意識は、強く世界に誇れるものだと信じています。
ここでは、そういったエッセンスをご理解いただき、日本中の素晴らしい文化、伝統芸能、伝統工芸に改めて目を向けて、日本は素晴らしい、日本人であってよかった、日本をもっと好きになりたい、そう思ってもらえたら嬉しいです。
また、高度に発展した科学技術は魔法と区別がつかないといわれており、まさしく羽田出島は魔法の世界だと思います。是非ご体験ください。


■エグゼクティブアドバイザーには市川海老蔵氏が就任




◆エグゼクティブアドバイザー
市川海老蔵
ワントゥーテンは、伝統文化をアップグレードする様々なプロジェクトをされています。
コロナ架で、エンターテイメント業界の方々が痛感している現実があり、お客さまにご満足いただけるものを提供することがなかなか難しい状況です。その中で、このような形で、日本の伝統文化、力を世界に発信するもしくは多くの方々にみていただくコンテンツを作るということは、やらなくてはいけないことだと思っています。
私はアドバイザーなので、具体的な指示などはだしておらず、私たちの方が知識のある伝統文化について共有したり、ディティールの部分を話して進めました。
このコンテンツのテーマは、「開国しなかった日本」です。江戸時代は遊びの文化の頂点を極めていて、開国したことで、拡散して分散してしまった日本人の信念があります。
そこをもっと掘り下げて、日本という国の本来あった姿にまで落とし込めたらもっと面白いなと
思っています。
この空間を私たちの世代が体感することで、時代が変わったときに対応できる能力を身に付けられます。切り替えのスイッチを押す前の準備期間として、やる価値があると考えています。
現実の中で魔法にかかるような空間をぜひ味わって欲しいです。

■映像世界とシンクロした、お客様も参加しているようなリアルに伝わるダンスパフォーマンス




◆演出/振付
植木豪

私は、日本以外の国でダンスやパフォーマンスをする機会がありますが、今世界中の方が日本文化や伝統芸能にすごく興味を持っています。ブレイクダンスの世界でも日本人はとても評価されています。それは日本人の持つ心の強さがパフォーマンスに出ているからだと思います。そのような、非常に素晴らしい
パフォーマーの方々が集まってくれましたので、みなさんに見ていただくのを楽しみにしています。
また、今回はストーリーラインを何度も話して、初めて見たときにどういう内容か、どこを見れば良いのかわかるように作りましたので、そのあたりもご注目ください。

■デジタルアートや没入型演出、最新MR技術等を活用することで、全く新しい体験ができる




◆クリエイティブディレクター・総合演出
引地耕太

2年前に担当した海老蔵さんの歌舞伎の演出で、見る歌舞伎から体験するイマーシブな歌舞伎という考え方を提案させてもらい、それが羽田出島のアイデアのベースとなっています。
日本伝統と最先端技術とクリエイティブを融合してアップデートさせた、日本でも世界でも例を見ない、全く新しい体験をご提供します。ここにいる植木豪さんを演出と振付に迎え、来場者の目前で繰り広げるアクロバティックなパフォーマンス衣装や音楽、コンセプトアートなどの一流クリエイターたちが集結して作り上げた、素晴らしい日本のコンテンツとして世界に発信していきたいと思っています。


■ワントゥーテンが手掛ける日本の文化やモノづくりを支援するファンコミュニティコマース『 ENU 』

『 ENU(エヌ、https://enu.jp) 』は、モノづくりを担う各地の人々とファンユーザーを繋ぐ、新しいCtoCのコマースプラットフォームです。羽田出島のテーマとなる日本各地の美しい場所からインスパイアされた日本の職人がつくりあげる逸品を、施設内に展示しています。


■デジタル体験施設 『DEJIMA by1→10(デジマ バイ ワントゥーテン)』について

デジタルアートや没入型演出、最新MR技術※1等を活用することで、新しいけれどもどこか懐かしさを
感じさせるような体験を提供します。
日本の文化と革新的なテクノロジーを融合させた架空世界「ネオジャパネスク※2」をテーマとした、Immersive Mixed Reality(イマーシブ・ミックスド・リアリティ)による臨場感あふれる体験。
拡張現実空間によって表現された仮想の現代日本では、古くからある懐かしい風景や四季折々の楽しみを展開します。MRグラス「Magic Leap 1※3」に映るデジタルアートが、驚きや懐かしさを届けます。
※1 MR技術:複合現実と呼ばれ、仮想世界を現実世界に重ね合わせて体験できる技術
※2 ネオジャパネスク:日本の伝統文化を革新的なテクノロジーでアップデートした架空世界
※3「Magic Leap」「Magic Leap 1」、Magic Leapのロゴおよびその他のすべての商標は、Magic Leap, Inc.の商標です。
WEBサイト:https://dejima.1-10.com/Twitter:羽田出島 | DEJIMA by1→10公式(@DEJIMA_onetoten)





・プログラム 『The Heart of ZIPANGU(ザ ハート オブ ジパング)』について




・気鋭のトップクリエイターが集結

エグゼクティブプロデューサー 澤邊芳明(1→10)のもと、エグゼクティブアドバイザーに市川海老蔵氏を招聘し、ブレイクダンス世界チャンピオンであり近年は俳優・演出家としても活動している植木豪氏(PaniCrew)、きゃりーぱみゅぱみゅのスタイリストとしても活躍する飯嶋久美子氏、ブレイクビーツユニット HIFANA氏、クリエイティブディレクション・総合演出 引地耕太(1→10)など、気鋭のクリエイターたちの共演によるクリエイションを実現しています。





・コンセプト「開国しなかった日本」

「開国しなかった日本」というコンセプトのもとで展開する、日本の伝統と革新が融合した架空の世界。もしも日本が開国をしないまま、技術や産業が目覚ましい発展を遂げていたとしたら。
日本独自の美意識はそのままに、今とは全く異なる現実が私たちを待っていたのかもしれません。
これはそんな奇妙で、けれども不思議に新しい、もうひとつの日本の物語です。


【施設概要】

名称  :羽田出島
所在地 :東京都大田区羽田空港1-1-4
     HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)2階
交通  :京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」直結
開業日 :2020年9月19日(土)
営業時間:平日・土日祝12:00〜20:00(最終入館19:30)
URL  : https://hanedadejima.jp








・チケット
・オープン記念 前売券は9月10日から販売開始
・チケットぴあにて販売中(Pコード 992-852)
 店頭購入:セブン-イレブン、チケットぴあ各店舗にて購入が可能
 電話購入:Pコード入力または音声認識予約(0570-02-9999)
 インターネットによるご購入:ぴあウェブサイト【https://w.pia.jp/t/haneda-zipangu/
 ※会期中は会場内でも販売いたします。

・入場料

 オープン記念 前売券:一般/高・大学生:3,190円(税込)、子ども(4歳〜中学生):1,650円(税込)
 当日券       :一般/高・大学生:3,850円(税込)、子ども(4歳〜中学生):1,650円(税込)

 ※混雑時にはお待ちいただく場合や入場ができない場合がございます。当日の入場が困難な場合、
  チケット有効期間内に再度ご来場いただくことになりますので、時間に余裕を持ってご来場ください。
 ※チケット料金は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※新型コロナ感染症対策について
 当館では、以下の新型コロナウイルス対策を徹底し、館内の環境整備に努めております。
 <当館の取組>
 ・ご入館前に検温を実施いたします。
 ・除菌剤使用による巡回清掃を実施しています。
 ・館内の換気を強化しています。
 ・対面カウンターにアクリル板を設置いたします。
 ・接客スタッフはフェイスガードまたはマスクを装着いたします。
 ・スタッフの出勤前の検温、体調管理を行い、発熱などの風邪症状がある場合は自宅待機としています。
 ・当館内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、施設公式ウェブサイトにて情報を掲出いたします。

<お客様へのお願い>

・以下に該当する方には、入館をご遠慮いただきます。
 風邪症状がある方や体調に不安がある方、気分がすぐれない方
 2週間以内に外国から帰国または渡航履歴のある方、および該当者と濃厚接触がある方
 2週間以内に発熱・咳などの症状があった方
 ご入館前の検温にて37.5℃以上の発熱のある方


■日本空港ビルデング株式会社

日本空港ビルデング株式会社は、1953年の設立以来、60年以上にわたって、日本の空の玄関口である
羽田空港旅客ターミナルを管理運営しています。施設管理運営業、物品販売業、飲食業を中心に利便性、快適性、機能性に優れた施設とサービスを提供し、羽田空港の絶え間ない価値創造および航空輸送の
発展の中心となるよう取り組んでいます。
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/company/

■株式会社羽田未来総合研究所

株式会社羽田未来総合研究所は、羽田空港の国内線ターミナルの建設・管理運営を担う
日本空港ビルデング株式会社のグループ会社。「地方創生」「文化とアートの発信」
「人財とマーケティング」を柱に、HANEDAのナレッジとポテンシャルを活かし、
新たなビジネス・価値、未来を創造します。
https://www.haneda-the-future.com/

■株式会社ワントゥーテン

最先端テクノロジーを軸に、AI技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・
XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団。
市川海老蔵氏主演の「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」での
イマーシブ(没入型)プロジェクションや柔道金メダル3連覇の野村忠宏氏と阿部一二三選手阿部詩選手との
柔道イベントでのプロジェクションマッピング演出など、日本の伝統文化と先端テクノロジーの
融合によるプロジェクトや、夜の旧芝離宮恩賜庭園を活用したライトアップイベントの総合演出、
パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTS
プロジェクトなど、多くの独自プロジェクトを進行している。
https://www.1-10.com/