配色:                          文字サイズ: 

【市場調査】 【サイトキャッチャー】 コロナ禍におけるサイト売買市場の調査




【サイトキャッチャー】 コロナ禍におけるサイト売買市場の調査

売却サイト登録数とサイト購入希望ユーザーの動向

……………………………………………………………………………………………

サイト売買市場の売却サイトの登録数は2020年1月から3月は減少傾向でしたが、コロナ緊急事態宣言が発動された4月を境に転換を迎え、売却サイトの登録数は少しずつ増加傾向。また、サイト購入希望者においてもコロナの影響により、都内で外出自粛要請が出た4月から増加しております。

NEWSリリース
2020.10.09

【サイトキャッチャー】 コロナ禍におけるサイト売買市場の調査
売却サイト登録数とサイト購入希望ユーザーの動向


国内最大級のサイト売買プラットフォーム「サイトキャッチャー」を提供するM&Aファースト株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 柏野達也、以下「当社」)は、コロナ禍でのサイト売買市場の動向を調査致しました。


■調査内容
・大手サイト売買専業サイトでの月別の売却サイト登録件数
・サイトキャッチャーのサイト購入希望者の推移


大手サイト売買専業サイトでの月別の売却サイト登録件数





【調査方法】サイト売買専業大手4社における各月の売却サイト登録件数を調査。
(調査対象:2020年1月から9月まで)

■調査結果
コロナ拡大前におけるサイト売買市場の売却サイトの登録数は2020年1月から3月は減少傾向でしたが、コロナ緊急事態宣言が発動された4月を境に転換を迎え、売却サイトの登録数は少しずつ増加傾向となっております。


サイトキャッチャーのサイト購入希望者の推移





【調査方法】サイトキャッチャーにおける各月のサイト購入希望者登録数を調査
(調査対象:2020年1月から9月まで)

■調査結果
コロナの影響により、都内で外出自粛要請が出た4月から、売却サイト登録数と共にサイト購入希望の登録者数も増加しております。

コロナの影響で売りに出るサイトが増えるのではないか?という期待と、自宅作業などでインターネットの閲覧時間が増えた結果と思われます。


当社は今後も、サイト売買市場にて、サイト売買の動向を調査し、サイト売買市場の発展に寄与してまいりたいと思います。


■株式会社M&Aファースト 株式会社 2番サード 横山より

コロナウィルスにより、人と会うことが制限される状況下で、企業や個人事業主は新規事業や業務提携と言った、外部とのやりとりが制限される状況になりました。

そのため、新たな手段として事業買収に関しての検討が増えたのだと考えらえます。

実際にテレビ番組等でも、個人の事業買収が特集されるなど、サイト売買に関しては今後、大きな環境の変化が予想されます。





横山良雄 M&Aファースト株式会社 2番サード
大学卒業後、リフォーム会社にて営業経験後、ネット広告代理店セプテーニ・ホールディングス、楽天にてネット広告企画・販売、ウェブマーケティング事業に従事。 2015年に独立しAishare株式会社 代表取締役に就任。 大手自動車メーカー、マテリアルメーカー、女性メディアなどのウェブ戦略、マーケテイングを実施。 2020年9月にサイトキャッチャー 事業を買収し、M&Aファースト株式会社を設立。M&A仲介の実績多数。



▼サイトキャッチャーとは
サービス提供15年以上、サイト売買実績1200件以上を誇る国内最大級のサイト売買プラットフォームです。法人・個人を問わず、ECサイト・アフィリエイトサイト・ブログ等様々なサイトの売買の機会を提供しています。
https://sitecatcher.net/

会社概要
会社名 :株式会社M&Aファースト 株式会社
代表者 :代表取締役社長 柏野 達也
所在地 :東京都目黒区葉台1-30-11 土屋ビル11F
資本金 :5百万円 
事業内容 :サイト売買プラットフォーム「サイトキャッチャー」事業、M&A
仲介事業、メディアコンサルティング事業、メディア運営事業
URL : https://sitecatcher.net/