配色:                          文字サイズ: 

【株式会社TBSラジオ】 TBSラジオのオーディオコンテンツブランドAudioMovie(TM)(オーディオムービー) 第3弾!『つけびの村 by AudioMovie(TM)』10月20日(火)から配信決定!




TBSラジオのオーディオコンテンツブランドAudioMovie(TM)(オーディオムービー) 第3弾!『つけびの村 by AudioMovie(TM)』10月20日(火)から配信決定!



……………………………………………………………………………………………






 株式会社TBSラジオのオーディオコンテンツブランド「AudioMovie(TM)」にて、10月20日(火)より、『つけびの村 by AudioMovie(TM)』(全6話完結/1話・10〜15分程)をポッドキャスト配信することが決定しました。

AudioMovie(TM)では、2019年11月の立ち上げ以降、映画×ラジオ業界のコラボが実現しファントムフィルムと共同制作で第1弾『THE GUILTY/ギルティby AudioMovie(TM)』を発表[述べ10万人以上に聴取]、TBSグループとしてテレビ×ラジオの共同制作が実現しテレビ原作スピンオフのオリジナルドラマ『半沢直樹 敗れし者の物語』を発表[述べ80万人以上に聴取]し、ついに第3弾作品のリリースとなります。

 今作は、高橋ユキ著の『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社)を原案とした、書下ろしのオーディオドラマです。原作は2013年山口県周南市の集落で発生した連続殺人・放火事件を取材したノンフィクション作品で、第6刷・約3万部以上のヒットとなり、今年7月に行われたYahoo!ニュースと書店員の投票で決定する『Yahoo!ニュース本屋大賞 ノンフィクション本大賞』にノミネート(大賞は11月上旬に発表予定)されている話題作です。脚本は、報知新聞社での記者を経て脚本・構成作家に転身した佐藤奈央が担当、プロデューサーは相模原障害者施設で起きた殺傷事件の植松聖を取材したドキュメンタリー『SCRATCH 差別と平成』(TBSラジオ・RKBラジオ共同制作)で第45回放送文化基金賞番組部門ラジオ番組の最優秀賞などを受賞した鳥山穣が担当します。

聴いているうちに、自身の耳が物語の主人公の耳(聴点)と同化していき、その人物の感情や思い、理解や誤解などを、まるで自分自身に起きたことのように意識体験をしていくAudioMovie(TM)。認知科学に基づく緻密なサウンドと、『つけびの村by AudioMovie(TM)』のスリル溢れる“世界観”を是非、楽しみにしてください。

■『つけびの村 by AudioMovie(TM)』あらすじ
10世帯、16人しか住んでいない「限界集落」の須和村。一夜にして4軒の家が全焼し、焼け跡から8人の遺体が見つかった。被害者全員に刃物による刺し傷が確認された。連続放火殺人の疑いで逮捕された女の名は、柘植清美(つげ きよみ)。自宅には犯行予告とも思われる句が張り出されていた。「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」メディアは沸き立ち、ネット上には「平成の八つ墓村」などと“祭り”が続いた。事件から4年。被告は地裁と高裁で死刑判決を受け、最高裁の判決を待っている。そんな時、週刊誌の記者として働く私、高梨雪江(たかなし ゆきえ)は事件に関する、とある取材の指示を受けたー。

■出演者


舞羽美海(高梨雪江)


中村隼人(藤坂裕之介)

坂東彦三郎(岡田芳次)、松本麻希(大下アケ美&柘植清美)、樋浦勉(工藤守夫)、中村綾(成本実希&山下和代)、咲野俊介(森栄一)、平子哲充(杉浦賢三)、ちかまろ(村人ほか)

■作品概要
【全6話完結/毎週火曜 ポッドキャスト配信にて1話(10〜15分程)ごと更新】
10月20日(火)第1話/10月27日(火)第2話/11月3日(火)第3話
11月10日(火)第4話/11月17日(火)第5話/11月24日(火)第6話
更新日以降は環境を問わず、いつでもどこでも、AudioMovie(TM)公式サイト およびApple Podcasts、Google Podcasts、Spotify、Amazon Music などの主要なリスニングサービスにおいてお楽しみいただけます。
※作品ページ:『つけびの村 by AudioMovie(TM)』 https://audiomovie.jp/tsukebi/




■原作:高橋ユキ(晶文社『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』)
【原作者プロフィール】 1974年生まれ、福岡県出身。2005年、女性の裁判傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成。翌年、同名のブログをまとめた書籍を発表。以降、傍聴ライターとして活動。裁判傍聴を中心に事件記事を執筆している。著書に『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『暴走老人 犯罪劇場』(洋泉社)などがある。

■スタッフ
協力:晶文社
企画協力:藤野眞功
脚本:佐藤奈央、鳥山穣(TBSラジオ)
演出・サウンドデザイナー:鈴木登世宏、林田真征(シャ・ラ・ラ・カンハ゜ニー)
音響効果:山川史男(株式会社アックス)
音効監修:堀内進之介(Screenless Media Lab.)
プロデューサー:加藤哲康、鳥山穣(TBSラジオ)
アソシエイトプロデューサー:上之家克子(TBSラジオ)
プロジェクトマネージャー:百枝一実 (TBSラジオ)

■AudioMovie(TM) (オーディオムービー) について



『AudioMovie(TM)/オーディオムービー』は、TBSラジオが2019年11月に立ち上げた、ラジオ放送ではなくインターネットで世界へポッドキャストやストリーミングで配信する“オーディオコンテンツブランド”であり、“ラジオドラマの進化形”の新サービスです。 認知科学から、誰もが音を聴いて直感的に想像と結びつくようなサウンドデザインを実践。普段、音楽以外の音声コンテンツに接する機会が少ない人たちにもストレスなく楽しめるように、物語の“主人公”が耳にする声や音、その意識を直感的で感覚的にリスナーが受け止めることで没入感を促進し、“主人公”と意識の同調同感がなされることで、物語を体験できる音声コンテンツ制作に力を注いでいます。 みえる人とみえない人も等しく楽しめる、圧倒的な密度と臨場感の音で導かれる意識体験の物語を提供しています。

●AudioMovie(TM)公式サイト https://audiomovie.jp/
●AudioMovie(TM)YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCMGVDNH2kYoYwHRoL4UC1Mg/
●AudioMovie(TM)Twitter https://twitter.com/AudioMovie_JP