配色:                          文字サイズ: 

【株式会社 ストライダーズ】 東南アジア最大のeスポーツ企業に出資




東南アジア最大のeスポーツ企業に出資



……………………………………………………………………………………………

(株)ストライダーズ 新たな投資戦略として、東南アジア最大のeスポーツ企業に投資実行

当社は、感染症パンデミックによりニューノーマルとしてデジタル社会が定着し、オンラインゲームを使ったeスポーツが今後とも発展してくるとの判断から、新たな投資戦略として、海外子会社 Striders Global Investment Pte. Ltd. (シンガポール)を通して、東南アジア最大規模のeスポーツ企業運営会社であるAttention Holdings Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Ivan Yeo イヴァン イェオ、以下「ATTN」)に対して投資を実行いたしました。なお、この投資は、業務提携先のインドジェン・キャピタル(本社:インドネシア・ジャカルタ、マネージングパートナー:Chandra Firmanto チャンドラ・フィルマント)の仲介によるものです。



ATTN は、東南アジア最大の eスポーツチーム「EVOS」のオーナーであり、シンガポールに本社をおき、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシアなどで事業展開しております。e スポーツは海外、特に米国および中国ではゲーム人口の20%以上が参加する人気ゲームとなっています。オランダのゲーム市場調査会社Newzooによれば、2018年のeスポーツの世界の市場規模は約1,000億円でしたが、2023年には1,700億円程度になると予想されております。そして、オンラインゲームはインドネシアで広く普及し、そのゲーム人口は約5,000〜6,000万人にも上るとも言われています。インドネシアにはeスポーツ愛好家が多いため、2018年にインドネシアのジャカルタで行われた第18回アジア競技大会では、eスポーツが公式競技になりました。

現在EVOSは、5カ国14 チームにまたがる62 人の eスポーツアスリートを擁し、YouTube、Instagram、FacebookのSNSフォロワー数が 500 万人を超えており、世界で6番目、東南アジア地域では最も影響力のあるeスポーツブランドに成長しました。今年に入ってからは、東南アジア最大のECプラットフォームを運営する Lazada(インドネシア)やクレジットカード最大手のVISAが、EVOS の強いブランド力を活用するために、パートナーシップ契約を締結しました。また、ATTN のタレント管理プラットフォーム「WHIM」では、100人以上の専属タレントと300人以上の非専属タレントを管理しており、月間3億5,000 万 PV 以上を生み出しています。WHIMはTikTokとマルチチャンネル契約を締結し、4月以降、WHIMのタレントベースはTikTokで6億回以上の再生回数を記
録しています。 ATTN は、ゲームアプリを通して東南アジアのeスポーツエコシステム全体をつなぐプラットフォームを開発中です。これにより、東南アジアのeスポーツ業界の全てのステークホルダーが一つのプラットフォーム上で相互に連携し合うことが可能となり、東南アジアにおける次世代の「スーパーアプリ」となることが期待されています。

今回のATTNへの投資実行について、当社代表取締役の早川良太郎は、「今回の投資をきっかけに、当社はインドジェン・キャピタル、そしてATTNとタッグを組み、日本への進出を目指します。5Gの導入や新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴い、日本のeスポーツ産業も急速に発展することが予想されています。ATTNは、業界における深い知識と経験を活かし、東南アジアでの成功を日本でも再現したいと考えています。今回の投資は、当社が今後インドネシアで行うVC投資の嚆矢となるでしょう。」とコメントしています。また、今回の投資パートナーである、インドジェン・キャピタルのマネージング・パートナーであるチャンドラ・フィルマントは、「私たちが、インドネシアにおけるストライダーズ社のローカル・パートナーになったことを大変嬉しく思っています。ファンドとして、私たちが最初に思い描いたビジョンは決して変わることはありま
せん。つまり、東南アジア地域の有望なアーリーステージのベンチャー企業に投資するだけでなく、より重要なことは、ベンチャー企業がパートナーシップやコラボレーションを通じてビジネスを拡大するのを支援する上で、私たちの強力なローカルネットワークを活用することです。EVOSへの投資は、今後実現される投資支援形態の一つであると考えています。今後も、ストライダーズ社とのパートナーシップを通して、日本市場への参入を目指すEVOSを支援しながら、日本におけるeスポーツを成長させていきたいと考えています。」とコメントしました。

当社は、ATTNの日本進出をパートナーとして支援していくことで、日本のeスポーツ産業がさらに発展することを期待しています。また当社は、eスポーツ産業が、特に東南アジア地域において、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献できると強く信じています。eスポーツは、開発途上国の若者が、プロのeス ポーツ選手となり経済的に自立することを支援することで、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる17の目標のうち、目標 1(貧困ゼロ)、目標 2(飢 餓ゼロ)、目標 8(ディーセント・ワーク&経済成長)の達成に役立つキャリアとして継続することを可能にします。また全ての性別の人々も、障害のある人々も参加できることは、目標 5(ジェンダー平等)と 10(不平等の削減)の達成にも貢献します。




【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社ストライダーズ 事業本部  TEL:03-5777-0212
http://www.striders.co.jp/

Attention Holdings (EVOS eスポーツ):
https://www.evosesports.com/

Indogen Capital:
https://www.indogencapital.com/