配色:                          文字サイズ: 

【株式会社SIG】株式会社アクロホールディングスとの資本業務提携契約の締結、第三者割当増資の引受及び株式取得(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ




【株式会社SIG】株式会社アクロホールディングスとの資本業務提携契約の締結、第三者割当増資の引受及び株式取得(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ



……………………………………………………………………………………………

当社は、アクロHDと本資本業務提携契約を締結し、アクロHDが実施する第三者割当増資を引き受けること、並びにアクロHD既存株主よりアクロHD株式を取得しアクロHDを持分法適用関連会社とすることを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。




■ 業務提携及び株式の取得の理由
当社は、1991年の設立以降、一貫してITによる「イノベータ」を目指し事業活動を展開してまいりました。社会生活は日々進化し、現在進行中のコロナ禍においても、変わらずITによる社会変革が求められています。
ITによる社会変革を「イノベータ」として実現するには、高度な先端技術、問題解決能力を有することが不可欠となります。そこで、当社は「イノベータ」を旗印に、多数の同業他社と連携のうえ当社に不足しているリソースを拡充し、幅広い事業領域において、ITによる社会変革、顧客満足度の高い事業を実現するため、様々な取り組みを加速させております。
一方、アクロHDは、2000年の創業以降業績を拡大させ、現在では連結対象子会社18社、グループ人員約1,200名の規模を誇り、ここ数年はM&A戦略を掲げ事業の一層の拡大を図っております。
また、同社はユニークな経営方針として、開発に強みを持つ子会社、営業に強みを持つ子会社、人材教育に強みを持つ子会社等の各子会社の特性とグループ総合力を掛け合わせた「フラットかつ機動性に富んだグループ経営」を掲げ、その実践に取り組んでおります。
2019年12月17日に開示いたしました「海外高度人材の活用に関する業務提携のお知らせ」での海外人材対応についての同社との業務提携実施以降、両社マネジメントにおいてワークチームを結成のうえ、より広範な協業可能性につき継続的に検討を実施いたしました。
その結果、「多分野に亘る両社の協業により、大きな相乗効果を上げることが期待できる」との結論に達しました。
今後の長期間に亘る同社との安定的な関係構築を念頭に、より大きな相乗効果を実現すべく、当社より同社に対し資本参加の可能性の有無について打診したところ、同社及び同社創業者をはじめとする一部株主より賛意をいただき、この度の資本業務提携及び株式取得契約の締結に至りました。

■ 本資本業務提携の内容
(1)業務提携の内容
両社は以下に関する相互の業務提携について検討し、かつ実行するものとしておりますが、その具体的な内容については、今後協議・検討を進める予定です。
・案件・製品情報、人材情報共有による営業力の強化
・採用活動や人材教育の効率的・効果的な方法の確立
・海外高度人材の採用の継続化、事業化
・相互連携による新たな事業、サービスの開発・展開
・M&A関係の情報共有、協力
・国内新規拠点展開の共同での推進
・海外展開の強化

(2)資本提携の内容
業務提携の効果をより確実にするため、本第三者割当を実施いたします。本株式取得の結果、当社はアクロHDの議決権33.4%を取得し、同社を持分法適用関連会社といたします。

■ 株式会社アクロホールディングスの概要
(2019年12月31日現在)
本社所在地 :東京都中央区日本橋本町四丁目8番15号
代表者   :代表取締役CEO  小野賀津雄
設立日   :2000年3月21日
資本金   :286,500千円
主な事業内容:ITソリューションの提供、プロダクトの提供、経営支援
URL    :https://www.acroholdings.com/

■ 日程
契約締結日  :2020年10月16日
業務提携開始日:2020年10月28日
株式取得日  :2020年10月28日

■ 今後の見通し
本株式取得により、アクロHDは当社の持分法適用関連会社となる予定です。
当社は、アクロHDとの本資本業務提携により、相互協力関係を構築・強化しつつ両社の相乗効果発揮に向けた取り組みを行い、その結果、当社の企業価値向上に繋がり、最終的に既存株主の皆様の利益向上に繋がるものと考えております。
本資本業務提携が当面の業績に与える影響については現在精査中であり、開示済みの当社業績予想には織り込まれておりません。
今後公表すべき事項が生じた場合には速やかに開示いたします。


詳細はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4386/tdnet/1890791/00.pdf