配色:                          文字サイズ: 

【特撮のDNA製作委員会】 いま明かされる「円谷プロ作品」と「ウルトラマン」の系譜!「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」ご好評につき、VR版の公開が決定!




いま明かされる「円谷プロ作品」と「ウルトラマン」の系譜!「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」ご好評につき、VR版の公開が決定!

VR版チケットは10月17日(土)10時〜販売開始

……………………………………………………………………………………………

公式WEBサイト:https://www.tokusatsu-dna.com/


※画像をご掲載いただく際には、以下コピーライト表記の記載をお願い申し上げます (C)円谷プロ (C)特撮のDNA製作委員会


 2020年9月5日(土)〜10月18日(日)に開催の「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」(会場:東京ドームシティ Gallery AaMo)が、この度PCやタブレット、スマートフォンなどでお楽しみいただける「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy VR」として登場!ご家庭で、あるいは外出先などで気軽にご観賞いただけます。


 VR版は、ウォークスルー形式を採用。実際の展示会場と同じように館内をめぐり、各展示作品をご覧いただくことができます。展示作品によっては、画面上で画像を拡大し詳しく鑑賞できるほか、館内上映映像の視聴も可能です。

 さらに、株式会社円谷プロダクション製作本部に所属し、長年にわたり特撮の造形を数多く手掛ける造形家・品田冬樹氏による「見どころ解説」もご視聴いただけます。会場展示にはない撮影当時の貴重な画像を交えての特別な解説をお楽しみください。

 VR版チケットの販売は、10月17日(土)10:00より、「CNプレイガイド」公式サイトよりお買い求めいただけます。詳細は、次頁以降をご参照ください。

VR版チケットの販売情報について
【VR版チケット】
■販売期間:10月17日(土)10:00〜11月29日(日)23:59
■視聴期間:10月19日(月)10:00〜11月30日(月)23:59
■販売場所:「CNプレイガイド」公式サイト
■料金:1,000円(税込)
■お問い合わせ先:
1.配信閲覧に関するお問い合わせ:
東京ケーブルネットワーク株式会社 0800-123-2600(10:30〜17:00 ※日・祝除く)
2.配信内容に関するお問い合わせ:
株式会社イーステージ customer@eastage.co.jp(11:00〜18:00 ※土・日・祝除く)
■販売サイトURL:https://www.cnplayguide.com/tokusatsu-dna-vr/
<注意事項>※チケット料金は、別途システム利用料で220円が発生します。

開催概要
■名称:「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」
■会期:2020年9月5日(土)〜2020年10月18日(日)
■会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61)
■営業時間:平日 12:00-20:00/土日祝 10:00-19:00 ※最終入場は、閉場30分前まで
■主催:特撮のDNA製作委員会/株式会社イーステージ
■お問い合わせ先:help@cs-center.info
■公式サイトURL:https://www.tokusatsu-dna.com/statics/ultraman

<注意事項>
※最終入場は閉場30分前までとなります。
※会期中休館日なし。
※混雑状況により、待ち時間が発生してしまう場合がございます。予めご了承ください。
※本イベントでは、新型コロナウイルス感染予防対策として、入場制限・換気強化・消毒(手指・場内)の徹底・ソーシャルディスタンスの確保・検温の実施・マスク着用の徹底・体調不良のスタッフの勤務禁止の徹底他、十分な感染予防対策を実施した上で開催を予定しています。感染予防対策の詳細につきましては、ご来場前に公式サイトにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

最新情報
●公式WEBサイト: https://www.tokusatsu-dna.com/statics/ultraman
●Twitter:https://twitter.com/Tokusatsu_DNA

クレジット
※画像をご掲載いただく際には、以下コピーライト表記の記載をお願い申し上げます。
(C)円谷プロ
(C)特撮のDNA製作委員会

【特撮のDNA】について
特撮=特殊撮影技術。

日本では、「特撮」は撮影技術という意味を飛び越え、「特撮」というジャンルを形成しています。今なお幅広い世代に愛される作品に特撮は大きな役割を果たし、多くの人に驚きと感動を与えてきました。

この技術を日本の映像に初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二です。以来、創意工夫と試行錯誤を繰り返し、積み重ねられてきた技術と情熱は、世代を超え、今日に至るまで脈々と受け継がれています。特撮は技術であり、財産であり、怪獣でもあり、ヒーローでもあるのです。

あなたにとっての特撮が見つかるかもしれない、本物と出会える場所。

それが「特撮のDNA」です。