配色:                          文字サイズ: 

移動距離ゼロ!新しい生活様式に、旅行を手元のマンガで楽しむ「ナノツーリズム」を提案 「旅行にピッタリのマンガ特集 第2弾 TOKYO再発見編」を発表




移動距離ゼロ!新しい生活様式に、旅行を手元のマンガで楽しむ「ナノツーリズム」を提案 「旅行にピッタリのマンガ特集 第2弾 TOKYO再発見編」を発表

〜総合電子書籍ストア「BookLive!」、年間2000冊のマンガを読むベテラン書店員がおススメ〜

……………………………………………………………………………………………

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正)は、運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」にて、自宅でも旅行気分が楽しめるマンガをベテラン書店員が紹介する「旅行にピッタリのマンガ特集」の第2弾、≪TOKYO再発見編≫を本日より公開しました。




7月より開始となった「Go To トラベルキャンペーン」は、10月より東京都内の旅行及び東京都在住者による旅行も割引対象となりました。観光地などで再び活気を取り戻した一方、混雑による3密の発生や、長距離移動による感染の可能性に不安の声も依然多く、遠方や海外などへの旅行や観光といった余暇の楽しみ方はまだまだ自粛傾向にあると言えます。「BookLive!」では、マンガによりみなさまの生活が一層豊かになるよう、マンガの世界で旅行を楽しむことを、移動なしで手元で完結する最小の旅行体験=「ナノツーリズム」と称し、ナノツーリズムにピッタリのマンガをベテラン書店員により紹介する企画を行っています。
8月には第1弾として、夏の旅行に行きたくなる“海”や“山”をテーマにしたマンガを取り上げました。今回の第2弾では“TOKYO再発見編“と称して、「東京」のさまざまな地域が舞台のマンガを、書店員すず木のおすすめコメントともに紹介します。
なかなか東京見物もままならない昨今、有名な観光名所からローカルなスポットまで、作品を通して体験していただければ幸いです。


■書店員すず木が選ぶ「旅行にぴったりのマンガ特集≪TOKYO再発見編≫」概要
公開日:2020年10月16日(金)
URL:https://booklive.jp/feature/index/id/tk_triptokyo

【書店員すず木とは】
総合電子書籍ストア「BookLive!」で働くプロ書店員。2005年より電子書籍サイトの運営に携わり、年間に読むマンガの冊数は2000冊以上。「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、「BookLive!」でおススメのマンガを紹介し続けています。


■作品紹介(特集ページより一部抜粋)

『東京マーブルチョコレート ハロー、グッバイ、ハロー。』 谷川史子/講談社






【あらすじ】
東京を舞台に、すれ違う恋のせつなさを男女それぞれの視点から描いた、甘酸っぱく切ない恋模様。
【書店員すず木からのコメント】
2つのラブストーリーを軸に、都内の名所が多く描かれています。東京タワーや渋谷のスクランブル交差点のように「THE東京!」といった場所や、ちょっとマニアックな「寄生虫博物館」も…!東京の街を散歩するような気分になれる1冊です。
東京の夜景の明かりには、それぞれの物語があるのです…!!


『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』 マキヒロチ/講談社






【あらすじ】
吉祥寺で不動産屋を営む双子の姉妹が、「住みたい街No.1=吉祥寺」の幻想を抱く女子たちに、"吉祥寺以外"の街の良さをご紹介!
【書店員すず木からのコメント】
昭和レトロな商店街がある雑司ヶ谷、スカイツリーのお膝元だけどディープな錦糸町、サブカルと下町っぽさが同居する中野etc.タイトル通り、各エピソードのお部屋探しを通じて、東京の様々な街の魅力を知ることができます!
丁寧に描かれる人間模様も見所です。


『新宿スワン』 和久井健/講談社






【あらすじ】
新宿・歌舞伎町でスカウトマンとして働き始めた、白鳥タツヒコ・19歳。彼を待っていたのは、何よりもカネがモノをいう弱肉強食の掟…!?
【書店員すず木からのコメント】
日本最大の繁華街・歌舞伎町。いわゆる「夜の街」に生きる、様々な職種の人物が登場します。元スカウトマンという異色の経歴をもつ作者が、欲望渦巻くこの街の裏側を生々しく描いています。
コワモテだけど心は純粋なタツヒコの成長にも注目です!


『今日も渋谷のはじっこで』 平尾アウリ/祥伝社






【あらすじ】
渋谷を舞台に、どこか危うげな男女が織りなす8つのせつないオムニバスストーリー。
【書店員すず木からのコメント】
華々しい街・渋谷。そこに集う一見華々しく見える人々も、実は悩みや傷を抱えているのかもしれません。描かれるのは、お洒落なカフェでおしゃべりする女子、人気ショップの店員さん、道玄坂を行き交う女子高生たち…でもその心の内は…!?
都会の隅にある寂しさや厳しさがわかる作品です。


『池袋ウエストゲートパーク』 石田衣良・有藤せな/秋田書店






【あらすじ】
池袋に生きる若者の生と死を描いた、石田衣良の名作小説のコミカライズ!
【書店員すず木からのコメント】
再開発で大きく変わってしまった池袋西口ですが、開発前の姿を知るにはこの作品!!ファンにとっては聖地とも言える「池袋西口公園」も、マンガの中ではかつての懐かしい姿で見る事ができます。
是非、今の姿と照らし合わせながら、違いを楽しんでください。


『銀座レッスン』 山崎ヒロキ・近藤タカシ/集英社






【あらすじ】
自分を変えたい女性が、銀座の名店で様々なことを学び成長する物語!
【書店員すず木からのコメント】
ただ高価なだけではない、銀座。歴史と品格、職人のこだわり、受け継がれる技術。このマンガを読むと、その価値がわかります!
洋食店に寿司店にビヤホールなどなど…いつかは訪れてみたい、実在の名店が多数登場します。今宵はマンガの中で「銀ブラ」しましょう。


総合電子書籍ストア「BookLive!」は、“いつも心に、「マンガ部屋」を。”を新たなコンセプトに、人生を豊かにする本との出会いと、心ゆくまで楽しむことができるサービスを今後も提供してまいります。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
【総合電子書籍ストア「BookLive!」概要】
「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。

●総合電子書籍ストア「BookLive!」 https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR

≪『使いやすい電子書籍ストア』・『本棚が使いやすい電子書籍ストア』2部門でNo.1を獲得≫
2018年10月に、「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「使いやすい電子書籍ストアNo.1」「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」の2部門で第1位を獲得しました。
※2018年10月度調査 /アンケート名称:電子書籍・電子コミックに関する調査/ 実査委託先:ESP総研

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/


本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。