配色:                          文字サイズ: 

【株式会社 大丸松坂屋百貨店】 「サステナビリティレポート2020-未来への架け橋」公開のお知らせ




「サステナビリティレポート2020-未来への架け橋」公開のお知らせ



……………………………………………………………………………………………

J.フロント リテイリング株式会社は、この度『サステナビリティレポート 2020-未来への架け橋-』
(日本語版※)を発行し、本日、当社のホームページに公開いたしました。

https://www.j-front-retailing.com/ir/library/sustainability.php


















※英語版は2020年11月下旬発行予定です。

■当レポートのポイント

前回発行した2019年版からの取り組みの進捗状況をアップデートした内容になります。
当社グループの ESG 情報について、「統合報告書」を補完し、網羅性を重視するものと位置付けて
います。
持続的成長に向けた当社グループの姿勢や活動を、経営戦略とリンクさせたストーリーの中でステー
クホルダーの皆様にわかりやすくお伝えし、理解を深めていただくことを目的としています。
事業会社ごとの取り組みにもフォーカスすることで、今後もグループ全体でサステナビリティへの取
り組みを加速していきます。
見たい情報にアクセスしやすいインタラクティブ機能付 PDF を用いて編集しています。

■主な内容


新体制におけるサステナビリティ経営の推進
経営トップの交代(本年5月)による新体制のサステナビリティ経営への想いをステークホルダーの皆様にお伝えします。当社グループは今後も引き続き、次世代に向けた持続可能な社会の実現を目指します。
コロナ禍でのESG
新型コロナウイルス感染症は、都市のあり方の変化や働き方など、あらゆる側面で大きな転機になると捉えています。企業存続に向け、従来の常識にとらわれず、サステナビリティへの取り組みや、デジタルを活用した変革に取り組んでいます。
TCFD提言に沿った情報開示
第13期有価証券報告書、統合報告書に続き、本レポートにおいても詳細でわかりやすいTCFD提言に沿った情報開示を行っています。当社グループでは、「低炭素社会への貢献」を最重要課題と位置づけ取り組んでおり、気候変動問題が当社グループに与えるリスクと機会、ならびにそれらによる財務影響を1.5℃〜2℃のシナリオと3℃のシナリオに分けて分析し、具体的に図表を用いて説明しています。