配色:                          文字サイズ: 

【一般社団法人HAKUBAVALLEY TOURISM】 HAKUBA VALLEY Safety Tips 安全上の注意事項の策定




HAKUBA VALLEY Safety Tips 安全上の注意事項の策定



……………………………………………………………………………………………









2020年11月21日
一般社団法人 HAKUBAVALLEY TOURISM


一般社団法人HAKUBAVALLEY TOURISM (代表理事:高梨光)は、大町市・白馬村・小谷村、大北地区索道事業者協議会、各市村観光団体が一枚岩となって設立した広域型 DMO(観光地域づくり法人)で、「世界から選ばれる山岳観光地域の構築」をコンセプトに掲げて各種事業を推進しています。当HAKUBAVALLEY TOURISMでは、近年のウインター・アクティビティの多様化や志向の変化、そして、文化や社会習慣の異なる海外から訪れるお客様が、安全かつ楽しくHAKUBAVALLEYにてマウンテンリゾート・ライフを過ごせるよう、新たな安全上の注意事項を策定致しました。


HAKUBA VALLEY Safety Tips 安全上の注意事項の策定

HAKUBA VALLEYはお客様にリゾートライフをお楽しみいただくため、高水準のサービスを提供するように努めています。しかし、その安全対策にはお客様一人ひとりの注意深い行動も欠かせません。そこで安全上の注意事項を「Safety Tips」と名付け、啓発活動を行うことに致しました。また同時に、Safety Tipsの項目に合わせ、HABKUBA VALLEY内にある10スキー場の安全対策の見直しを行ない、ゲレンデ内のルールの統一も行ないました。Safety Tipsの特徴は以下の3つになります。

1.スキー場とバックカントリーの明確な区分
冬季アウドドア・アクティビティの安全対策は、冬季登山の範疇となる「バックカントリー」と、スキーパトロールによって安全管理がなされている「スキー場」を明快に分けることが出発点となります。この度、HAKUBA VALLEY内にある10スキー場のゲレンデ境界の表示が統一され、それに準拠したマップ等も作成いたしました。

2.安全管理に係るプロの声で作った注意事項
スキーパトロール、索道事業者、長野県警、行政、山岳ガイド、雪崩ネットワーク、遭難対策協議会など、現場での安全管理や救助に係るプロが集まり、現場での経験やアイディアを共有するミーティングを重ね、安全対策上、特に重要であると判断した19項目(スキー場10、バックカントリー9)をSafety Tipsとして整理いたしました。

3.業界ルールや法務と一貫性を持った注意事項
Safety Tipsに整理された注意事項は、国内すべてのスキー場の共通ルールである全国スキー安全対策協議会『スノースポーツ安全基準』を踏まえています。また、お客様との関係性を明示するため、この4月に施行された定型約款を用いた『スキー場利用約款』を、すべてのスキー場で整備いたしました。そして、それらともリンクする形で掲示します。


今後について

現在、さまざま取り組みが各地でなされていますが、現場の声を十分に取り入れつつ、法的な基盤を背景に持った全体設計のある安全対策は、HAKUBA VALLEYでのSafety Tipsが国内で唯一であり、初めての試みとなります。今シーズンはスタートの年であり、今後もSafety Tipsを軸にお客様が安全にマウンテンリゾートをお楽しみ頂けるように安全対策を進めてまいります。