配色:                          文字サイズ: 

元サッカー日本代表 岩政大樹氏がAruga株式会社のアドバイザーに就任。




元サッカー日本代表 岩政大樹氏がAruga株式会社のアドバイザーに就任。



……………………………………………………………………………………………

Aruga株式会社(本社:つくば市、代表取締役CEO:木村友輔)は2020年11月21日(土)元サッカー日本代表 岩政大樹氏とアドバイザー契約を締結したことをお知らせします。







元サッカー日本代表 岩政大樹氏が、選手一人ひとりを育成するマネジメントツールAruga(アルガ)を運営するAruga株式会社のアドバイザーに就任したことをご報告します。

岩政氏の指導者としての立場、アスリートとしての経験をもとに、個別育成ツール「Aruga」のサービス改善に向けてアドバイザーという立場でご協力していただける運びとなりました。



■岩政大樹氏のコメント

この度Arugaにアドバイザーとして協力させていただくことになりました。
サッカーの才能がなかった私が選手として成長していけた一番の要因は、日々の振り返りの作業にあったと思っています。
毎日練習が終わると、その日起こったこと、なんとなくうまくプレーできなかった感覚を振り返りました。その原因を考え、その原因の原因を考え...と、延々と思考を巡らせていたことを思い出します。Arugaはそんな日常をサポートしてくれるツールです。「自立する」とは。「自分で考える」とは。「問題を見つけ解決する」とは。その答えを自分で見つけていきましょう。



■Aruga CEO木村のコメント
岩政さんには2019年初旬からサービスについてアドバイスいただき、サポートしていただいておりました。
今回正式に弊社アドバイザーに就任していただき、とても嬉しく思います。
個別育成ツール「Aruga」を通じて、引き続き「指導者が選手一人一人の成長により寄り添えるような世界」を作っていきます。



■Arugaについて





Arugaは、選手一人一人の育成をしたい指導者向けのマネジメントツールです。
LINEチャットボットが、選手の目標設定、振り返り、コンディショニング記入のサポートを自動で行い、指導者は集まったデータをもとに、個別フィードバックが可能です。

紙で選手の目標管理をしている指導者の負担は86%削減され、選手はLINEから手軽に記入できるため、継続率は94%と高い数値を記録しています。

α版を昨年度から実験利用していた立教大学女子ラクロス部は、創部初のインカレ優勝を経験。

2020年10月に公式リリース。Jリーグチーム複数を含め、小中高大のスポーツチームなど、幅広い年代で利用されています。種目もサッカー、ラグビー、ハンドボール、ラクロスなど7種類以上の種目で導入されています。


▼サービスサイトはこちらから
https://aruga.site/


▼30日間の無料トライアルはこちらから
https://aruga.site/register/


■岩政大樹氏の経歴


山口県立岩国高校卒業後、2000年に東京学芸大学教育学部・数学科に入学、蹴球部に所属。
1年生で関東大学リーグ1部・新人王に輝き、3年時にはU-22日本代表に選出される。
2004年、大学卒業後に鹿島アントラーズに入団、同シーズン後半からレギュラーに定着。
リーグ優勝3回、ヤマザキナビスコカップ優勝2回、天皇杯優勝2回に貢献し、
自身もJリーグベストイレブンに3度輝く。
2014年、10年在籍した鹿島を退団し、タイ・プレミアリーグの
EECテロ・サーサナへ完全移籍し、リーグカップ優勝に貢献。
2015年、ファジアーノ岡山に移籍し、移籍初年度よりキャプテンを務める。
2017年、関東1部リーグの東京ユナイテッドに選手兼コーチとして加入。
また、東京大学ア式蹴球部コーチに就任。 2018年、現役引退。

■Aruga株式会社の会社概要
会社名: Aruga株式会社
代表者: 代表取締役社長 木村友輔
設立 : 2016年9月16日
資本金: 1750万(資本準備金を含む)
所在地:茨城県つくば市吾妻2丁目5-1つくば市産業振興センターつくばスタートアップパーク
URL  :https://aruga.site/profile/
Twitter:https://twitter.com/kimu_sharetr
Facebook:https://www.facebook.com/yusuke.kimura.7355