配色:                          文字サイズ: 

【21年消費傾向は引続き「家時間充実」】 貯金アプリfinbee(フィンビー)が「2021年やりたい・ほしいもの」を分析




貯金アプリfinbee(フィンビー)が「2021年やりたい・ほしいもの」を分析

- withコロナでの生活様式の見直し・家時間の質の向上がトップ! -“プチ贅沢”のための消費意欲が当面継続と予測

……………………………………………………………………………………………

株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、運営する貯金アプリ「finbee(フィンビー)」ユーザーを対象として2020年12月21日(月)〜2021年1月14日(木)に実施した4周年記念キャンペーンに寄せられた「2021年のやりたい・ほしい」に関する分析を実施しました。



結果トピックス


人気カテゴリは「住まい」や「料理」の質向上につながる「家時間充実」が27.3%でトップ。次いで、「ガジェット」(21.4%)、「ファッション」(19.6%)。2021年も、昨年に引き続きwithコロナでの生活様式を意識し、長い時間を過ごす家時間の質を向上させるものへの消費意欲が当面継続することが予測される。
「家時間充実」の人気ジャンルベスト3は「掃除機」、「ソファ」、「調理家電」。トップの「掃除機」人気ブランドは、「ダイソン」、「ルンバ」、「ブラーバ」など海外ブランドが人気。価格帯も50,000〜100,000円がボリュームゾーンと“プチ贅沢志向”が見てとれる。
検討サイトは、総合ECの「Amazon」、「楽天市場」が同率(31.5%)でトップ。「Apple」「ヨドバシ.com」「ビックカメラ.com」が続き、上位5サイトで全体の75%を占める。






調査結果詳細


「2021年やりたい・ほしい」の人気カテゴリトップは「住まい」や「料理」の質向上につながる「家時間充実」。次いで、「ガジェット」、「ファッション」、「美容」。




家時間充実 :家具/家電/調理器具/食器など        スポーツ :スポーツウェア/器具など
ガジェット :スマートフォン/タブレット/ゲーム機など   健康   :サウナ/ボディケア用品など
ファッション:服飾品/バッグ/財布など           アウトドア:キャンプ用品など
美容    :美容関連器具など              楽器   :ピアノ/ギターなど
旅行    :ツアーパッケージ/航空チケットなど     その他  :結婚準備/ペット/習い事など



年代別でも20〜50代すべてで「家時間充実」がトップ。次点は、20代、40代で「ガジェット」、30代、50代で「ファッション」。コロナ禍で厳しい環境下にある「旅行」については、年代が上がるにつれてコロナ禍後を見据えた需要漸増(20代:3.4%→50代:10.4%)。







トップカテゴリ「家時間充実」の人気ジャンルベスト3は「掃除機」、「ソファ」、「調理家電」。「掃除機」人気ブランドは、「ダイソン」、「ルンバ」、「ブラーバ」。











検討サイトのトップは、「Amazon」、「楽天市場」が同率。「Apple」、「ヨドバシ.com」、「ビックカメラ.com」が続き、上位5サイトで全体の75%を占める。







検討サイトの年代別では、20代・30代は「楽天市場」、その40代以上では「Amazon」がトップ。







カテゴリ別価格帯は、「ガジェット」「住まい」「美容」が50,000〜100,000円、「料理」「ファッション」が10,000〜30,000円がボリュームゾーン。





※各カテゴリの価格帯トップでの「2021年のやりたい・ほしい」
・ガジェット :「タブレット(iPad)」「ゲーム機(Nintendo Switch)」「ウェアラブル(Apple watch)」
・住まい   :「掃除機」「ソファ」「寝具」「空気清浄機」「テレビ」
・ファッション:「財布」「バッグ」「アクセサリー」
・料理    :「調理家電」「調理器具」「電気ケトル」「食器」
・美容    :「ドライヤー」「脱毛器」「美顔器」

<調査概要>
調査対象:2020年12月21日(月)〜2021年1月14日(木)に実施した4周年キャンペーン応募用キーワード『2021年の夢』をつけてfinbeeアプリ内に登録された「キープ」及び、「貯金目的」。

4周年キャンペーン概要
ECサイト・旅行サイトで見つけた欲しい家電や洋服、行きたい旅行プランなどを『2021年の夢』とタイトルにつけてfinbeeアプリ内に「キープ」すると、抽選でキープした商品・プランをそのままプレゼント。「キープ(※)」には、「ほしいもの・やりたいこと」、金額、掲載元URL項目が含まれる。
(※)キープ機能:「今すぐには始めない貯金目標」をfinbeeに保存できる機能で、近い将来のためのウィッシュリストとして活用されている。

■ネストエッグについて
Fintechの促進で、お客様の金融行動や金融機関の在り方が大きく変化しているなか、決済・金融領域に強みを持つインフキュリオン子会社として、「人々の生活に寄り添う新しい金融サービスを提供することで、人生に躍動、自由、豊かさを提供する」という企業理念のもと、2016年4月に設立。お客様の目標、願い、夢の実現にバンソウする貯金サービス「finbee」を通じて取得した、少し未来の「やりたい、ほしい」に関する“未来需要データ”を活用することで、金融機関、事業会社向けに新たなビジネス支援を展開しています。

■自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」について
finbeeは、「かなえる日々を、はじめよう」をコンセプトに、お金を貯めることの背景にあるお客様の目標、願い、夢を実現する貯金サービスです。貯金の目的や目標金額、貯金のルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートしております。2016年12月にサービスを開始し、現在14行と接続しており、幅広い方々にご利用いただいています。今後は、接続銀行の拡大およびお客様にとってより便利にご利用いただけるような機能を追加していく予定です。
URL :https://finbee.jp/