配色:                          文字サイズ: 

【TENTIAL】 サスティナブルなウェルネスブランドへ〜TENTIAL INSOLEが環境に優しいパッケージへリニューアル〜




サスティナブルなウェルネスブランドへ〜TENTIAL INSOLEが環境に優しいパッケージへリニューアル〜

ープラスチックの使用量を低減し、地球環境へ配慮ー

……………………………………………………………………………………………

株式会社TENTIAL(東京都渋谷区、代表取締役社長:中西裕太郎)は、環境問題への取り組みとして、TENTIALの主力製品である「TENTIAL INSOLE」シリーズの包装材料を、プラスチックから紙を使用したパッケージに変更致しました。




テンシャルは、2021年1月末から「TENTIAL INSOLE」シリーズ全商品の包装材料を、従来のプラスチック素材から紙素材に切り替えました。外装の構成材質に紙を50%以上使用しております。この取り組みにより、原材料調達や製造工程におけるCO2排出量は、従来のプラスチックパッケージと比較すると、年間通して約550キロの削減を見込んでいます。これは、杉の木が吸収する二酸化炭素量に換算すると約39本分に相当します。

今、世界では、海洋に投棄されるプラスチックごみや気候変動が、深刻な問題になっています。この問題に対し、テンシャルが取り組むべきは、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献していくことです。今後は、「CO2排出量の削減」、「プラスチック対策」をテーマに、素材、製造、配送、サプライチェーンのそれぞれで、環境に配慮した取り組みを進めてまいります。


商品情報











今後の取り組み

本件は、CO2排出量・プラスチックごみの削減を目指し、人々の健康的で充実した生活に貢献する取り組みです。「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をミッションとしている、テンシャルの環境問題への取り組みは、「TENTIAL INSOLE」シリーズのパッケージ変更から始まりましたが、今後、その他の製品への拡大を検討していきます。そして、環境に最適な商品開発をしてまいります。


テンシャルについて

テンシャルは「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をミッションに、スポーツのハウツーメディアの運用を通じて培ったスポーツの情報や技術、お客様の声をいち早く汲み取り、D2C(Direct to Consumer)モデルにて、日常ユースでの高機能商材のものづくりを実践。衝撃吸収抜群の高機能性素材”ポロン”を全面使用し特許技術を採用したインソール、快適性マスク等を開発・製造し、国内で展開しています。今後は予防医療やウェルネス分野に還元していくエコシステムの構築を目指します。


▼会社概要