配色:                          文字サイズ: 

野球殿堂博物館 企画展「文京野球物語」開催(文京区と野球の意外なつながりを紹介!長嶋茂雄選手の天覧試合でのホームランバットも展示!)




野球殿堂博物館 企画展「文京野球物語」開催(文京区と野球の意外なつながりを紹介!長嶋茂雄選手の天覧試合でのホームランバットも展示!)

文京区と野球の意外なつながりを紹介!

……………………………………………………………………………………………

文京区と野球について、学童野球、高校野球、一高・東大、後楽園・東京ドームなど、様々な視点から紹介します。







会期:2021年3月19日(金)〜6月9日(水)(予定)
会場:野球殿堂博物館 企画展示室
共催:文京区
入館料:大人600円、65歳以上・高・大学生400円、小・中学生200円
※文京区民は身分証のご提示で割引(大人500円、小・中学生150円)

野球殿堂博物館は、1959年、「野球体育博物館」として、文京区後楽の後楽園スタジアムの隣で開館しました。1988年、東京ドーム完成に伴い、東京ドーム21ゲート右の場所に移転。2013年には、名称を「野球殿堂博物館」に改称し現在に至っており、開館以来、文京区内の施設として、文京区とともに歩んできました。

本企画展では、文京区と野球について、学童野球、高校野球、一高・東大、後楽園・東京ドームなど、様々な視点から紹介します。

2021年は、東京高等師範学校附属中学校の1946年夏のベスト4から75年、一高創立から135年、東大野球部の「赤門旋風」から40年、株式会社後楽園スタヂアム(現・株式会社東京ドーム)設立から85年になります。そこで、知られざる文京区と野球のつながりを、文京区民をはじめ、皆様にご紹介します。また、長嶋茂雄選手が、後楽園スタジアムの天覧試合で打ったホームランバットも特別に展示いたします。ぜひご覧ください。


文京区と学童野球



文京区少年軟式野球連盟所属チームから選抜された選手から構成される「オール文京」のユニホーム
文京区内には現在、約20の学童野球、少年野球のチームがあり、多くの子どもたちが野球に親しんでいます。そこで、文京区少年軟式野球連盟にご協力をいただき、チームや近年の大会結果をご紹介します。


文京区と高校野球

文京区内の学校は過去に2回、全国大会に出場しています。




1946年夏、第28回全国中等学校優勝野球大会(現在の夏の高校野球)で4強に進出した、東京高等師範学校附属中学校(現在の筑波大学附属高等学校)の選手たち(『桐陰会野球部の一世紀』より)
1回目は、1946年夏の東京高等師範学校附属中学校(東京高師附中。現在の筑波大附)で、「第28回全国中等学校優勝野球大会」に出場。戦後最初の夏の大会に出場した東京高師附中は、初出場ながらベスト4に進出しました(この年、甲子園球場はアメリカ軍に接収されていたため、西宮球場で開催)。

2回目は、2000年夏の日本大学豊山高等学校(日大豊山)で、東東京大会で優勝し、「第82回全国高校野球選手権大会」に出場。桑原義行選手(のち横浜ベイスターズ)らの活躍で、ベスト16に進出しました。

そこで、2校の全国大会での戦いぶりを振り返るとともに、現在、東京都高等学校野球連盟加盟校で硬式野球部のある、郁文館、京華、京華商、駒込、昭和第一、獨協、筑波大附、日大豊山の文京区内の8校と、野球殿堂入りしたOBの方を紹介します。


一高・東大野球部の軌跡



1896年頃の一高野球部
1872年の野球伝来から9年後の1881年、本郷区(現在の文京区)向丘に、第一高等学校(一高)が創立され、1886年にはベースボールチームが誕生しました。1896年には横浜の外国人チームを29-4で破り、それが新聞でも紹介され、野球への関心が全国的に高まるなど、1890年代には、一高野球部の黄金時代を迎えました。また、1894年には、一高の中馬庚が「ベースボール」を「野球」と訳しました。


岡田彬監督着用 東京大学野球部 ユニホーム
一方、東京大学(当時は東京帝国大学)野球部は、1919年に創部しました。1925年には東京五大学野球連盟に加盟し、東京六大学野球連盟が発足。1937年には、現在の文京区弥生に東大球場が完成し、戦後直後の1946年春には4勝1敗で2位となりました。1981年春には6勝を挙げ4位となり「赤門旋風」が話題になるなど、歴史ある野球部として現在に至っています。

そこで、一高・東大野球部の歴史を、出来事や活躍した選手を紹介し、振り返ります。


後楽園・東京ドームの歴史



1949年頃の後楽園スタジアム
現在のプロ野球は1936年に始まりました。同年12月、職業野球専用の球場を建設すべく、株式会社後楽園スタヂアムが設立され、翌年9月に開場しました。1952年のフランチャイズ制導入後は、多くの球団の本拠地となり、1964年以降は、巨人と東映(のち日拓、日本ハム)の2球団の本拠地となりました(1964年の東映は、後楽園スタジアムと神宮球場の併用)。1981年には、巨人と日本ハムによる、史上唯一の全試合同一球場での日本シリーズも実現しています。


1987年の後楽園スタジアムと東京ドーム
しかし、施設の老朽化などにより、1987年シーズンをもって閉鎖され、翌88年、隣に東京ドームがオープンしました。東京ドームは、日本初の全天候型多目的スタジアムとして開場。巨人と日本ハム(〜2003年)が本拠地として使用し、現在に至っています。


長嶋茂雄選手 後楽園スタジアムで行われた天覧試合でのホームランバット(長嶋茂雄氏蔵)


後楽園スタジアム、東京ドームでは、長嶋茂雄選手がサヨナラ本塁打を放った1959年の天覧試合、王貞治選手の世界新記録となる756号本塁打、2000年日本シリーズでの王貞治監督、長嶋茂雄監督によるON対決など、数々の名勝負、名シーンが展開されました。そこで、後楽園スタジアム、東京ドームを舞台に活躍した選手たちを中心に、後楽園スタジアム、東京ドームの歩みをご紹介します。


野球殿堂博物館について

野球殿堂博物館は、1959年6月に日本初の野球専門博物館として開館しました。1988年東京ドーム内に移転し、野球界の発展に貢献し功労者として表彰された「野球殿堂入りの人々」の肖像レリーフを掲額しているほか、プロ・アマを問わず野球の歴史資料から話題性の高い資料を数多く収蔵・展示しています。収蔵品は実物及び写真を含め約4万点、また、野球その他のスポーツ関連図書を5万点所蔵している日本で初めての野球専門博物館です。


現在開催中の展示情報

企画展「野球報道写真展2020」
会期 2021年3月7日(日)まで
会場 野球殿堂博物館 企画展示室
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/press-photos2020/

「2020年引退選手特集」
会期 2021年3月7日(日)まで
会場 野球殿堂博物館 野球殿堂ホール
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/2020-retire/

特集展示「近鉄バファローズ 猛牛戦士たちの記憶」
会期 2021年4月30日(金)まで(予定)
会場 野球殿堂博物館 イベントホール
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/201213_buffaloes/

特別展示「歴代橋戸賞(MVP)の系譜」
会期 2021年1月31日(日)まで
会場 野球殿堂博物館 「アマチュア野球」コーナー
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/91hashido-awd/

◆野球殿堂博物館ホームページ
http://www.baseball-museum.or.jp

◆Twitter
野球殿堂博物館(@BaseballHOF1959)
https://twitter.com/BaseballHOF1959
野球殿堂博物館図書室(@librarybaseball)
https://twitter.com/librarybaseball

◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCN2XkIVAZk9kWOKH-YVMe4A

◆開館時間
土曜日・日曜日・祝日 10:00〜17:00(最終入館 16:30)

◆休館日
平日(祝日、東京ドームでの野球開催日、春・夏休み期間中は開館)、年末年始(12/29〜1/1)

◆入館料
大人600円、高・大学生400円、小・中学生200円、65歳以上400円

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、上記の通り営業時間を変更します。緊急事態宣言解除後は、平日も開館予定ですので、最新の情報は当館ホームページでご確認下さい。


本件に関するお問合せ先

公益財団法人野球殿堂博物館
〒112-0004 文京区後楽1-3-61 東京ドーム21ゲート右
Tel 03-3811-3600 Fax 03-3811-5369