配色:                          文字サイズ: 

DINKs世帯に贈る、令和のマネーハック「TINKs」 賃貸併用住宅で、”ダブルインカムからトリプルインカム”へ




DINKs世帯に贈る、令和のマネーハック「TINKs」 賃貸併用住宅で、”ダブルインカムからトリプルインカム”へ

マイホームがお金を稼ぐ新しいライフスタイル

……………………………………………………………………………………………

株式会社フロンティアハウス(本社:横浜市神奈川区 代表取締役:佐藤勝彦、以下当社)は、多様化する価値観に応えるべく、「TINKs」という新たなライフスタイルを提案します。「TINKs」とは、子を持たない共働き夫婦(DINKs)に、家賃収入という3つ目の収入源を加えた、「Triple Income No Kids」を意味します。DINKs世帯が、”もっと自分らしく生きる”ための新たなステージとして、当社が手掛けるコンパクト賃貸併用住宅「アパルトレジデンス」に、DINKs専用コンセプトが誕生しました。



■価値観の多様化
個性の尊重が叫ばれて久しい昨今、幸せの定義や人生に求める価値観が多様化しています。”自分らしく生きる=幸せ”と定義すると、人生設計は人それぞれです。仕事や自分の時間を大切にしたいという価値観、時間や経済面の自由を求める価値観は、認められるべき時代となりました。
まさに、子どもを持たない共働き世帯を表すDINKs(Double Income No Kids)は、変化する価値観の中で生まれた新しいライフスタイルのひとつです。

■「TINKs」の誕生 ”ダブルインカムからトリプルインカム”
「DINKs」のダブルは、共働き夫婦による2つの収入源を意味するのに対し、「TINKs」のトリプルは、2つの収入源に家賃収入を加えた、3つの収入源を意味します。
若年層のお金の価値観が「貯蓄から投資へ」と変化する中、住居に係るランニングコストを削減する
ことは、さらなる経済的な余裕へとつながます。加えて、当社の賃貸併用住宅(※1)アパルトレジデンスは、マイホームと投資のハイブリッド商品です。そのため、家賃収入が得られるだけではなく、DINKs世帯が充実した生活を送ることが出来るマイホームの役割も担います。
「TINKs」は、マネーリテラシーの高いDINKs世帯の新しいライフスタイルとして、より”自分らしい生き方”と、”安心出来る将来設計の支援”を目的とします。



※1賃貸併用住宅とは
1つの建物に自宅と賃貸住宅が共存している不動産のことをさし、当社では、コンパクト賃貸併用住宅「アパルトレジデンス」の開発をおこなっています。
「アパルトレジデンス」は、マイホームでありながら、収益を生むことが出来る、ハイブリッド商品です。
詳細はこちら:https://www.frontier-house.co.jp/lp/appartresidence/

■DINKs世帯が求める理想のマイホーム
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、住まいに求める役割に「在宅での仕事がしやすい環境」が必須となっています。特にDINKs世帯では、二人同時に使用できるワークスペースの確保が必要なため、コロナ前の価値観で住み始めた住居では不十分なケースが多く見受けられます。
「TINKs」では、ワークスペースをはじめ、DINKs世帯の声を反映した間取りや設備・仕様を導入しました。

■「TINKs」5つのポイント




1. 広々とゆったりできるリビング
DINKs世帯にとって一緒に過ごせる時間がとても大切です。コミュニケーションの場であるリビングでゆっくり過ごせるように、広々とした空間にしました





2.在宅ワークに集中できるDEN(書斎)
コロナを経て、DINKs世帯の在宅ワーカーにとって1番の問題は、ワークスペースの確保です。
物理的な場所の確保はもちろん、オンライン会議時に双方の声が気にならない、セパレートタイプのスペース確保が理想。
「TINKs」であれば、1人はDENで、もう1人はリビングで集中して作業することができます






3.大容量のウォークインクローゼット

最大のメリットはその収納力です。内部には、人が入る空間と、ハンガーにかけた洋服を収納するハンガーパイプがあります。向かって左右に分けて、夫婦で使い分けることも可能です。自立した生活やフラットな関係を好むDINKs世帯だからこそ、お互いが自由に使用できる空間は重宝されます。

4.夫婦のホビー用品が多くても安心のシューズクローク
DINKs世帯は、子どもがいない分、趣味に時間とお金をかけられる傾向があります。ご主人のゴルフ用品も、夫婦共通の趣味のキャンプ道具も、シューズクロークがあればしっかり収納することが可能です。

5. DINKs世帯のストレスを軽減!ランドリースペース
仕事の日は夜遅く、忙しい中で外に洗濯物を干すのも一苦労。そんなお二人のために室内にホスクリーン(着脱式室内物干し)とランドリー稼働棚を備え付けます。
(※掲載の画像はイメージであり、仕様は予告なく変更となる場合があります。)

■今後の展望
今春、1棟目の物件販売を開始します。今後も様々なライフスタイル・ライフステージに沿ったコンセプトを企画し、多種多様なお客様のニーズに応えたアパルトレジデンスを提供していきます。

【株式会社フロンティアハウスについて】
名称   :株式会社フロンティアハウス
設立   :1999年4月
代表取締役:佐藤勝彦
住所   :神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-11-8 FHレガーレ
事業内容 :「不動産投資をより身近に、より多くの方に。」をミッションに、アパート・マンション等の収益用物件の開発・分譲を中心に、土地仕入、建築、販売、リーシング、賃貸管理までをワンストップスキームでお客様へのお役立ちを目指す、総合不動産サービス事業を展開しております。
会社HP  :https://www.frontier-house.co.jp/

【「アパルトレジデンス」詳細はこちら】
?https://www.frontier-house.co.jp/lp/appartresidence/

■本件に関するお問合せ先
株式会社フロンティアハウス
webマーケティングチーム 長岡 史樺
横浜市神奈川区東神奈川1-11-8 FHレガーレ6F
mail:webm@frontier-house.co.jp
携帯:080-7143-6377
TEL:045-440-6377
URL:https://www.frontier-house.co.jp/