配色:                          文字サイズ: 

【シードブレイナリー株式会社】 書籍「音声配信ビジネスのいま 2021 vol.1」4月28日(水)より発売           




書籍「音声配信ビジネスのいま 2021 vol.1」4月28日(水)より発売           

書籍発売決定記念イベントも4月16日(金)20時 開催!「海外音声プラットフォーム事情を通して考える日本の音声配信の未来」

……………………………………………………………………………………………

シードブレイナリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木雅臣、以下「シードブレイナリー」)は、日本国内での普及に大きな注目が集まっている【音声配信ビジネス】にスポットをあて、音声配信の現在とこれからの可能性、私たち一人ひとりの音声配信サービスとの向き合い方や、その活用の仕方などについてわかりやすく解説する『音声配信ビジネスのいま 2021 vol.1』を、2021年4月28日(水)10:00からWEBサイト(https://onseihaisin-ima.com/)にて先行発売いたしします。






シードブレイナリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木雅臣、以下「シードブレイナリー」)は、日本国内での普及に大きな注目が集まっている音声配信ビジネスにスポットをあて、音声配信の現在とこれからの可能性、私たち一人ひとりの音声配信サービスとの向き合い方やその活用の仕方などについてわかりやすく解説する『音声配信ビジネスのいま2021vol.1』を、2021年4月28日(水)10:00からWEBサイト(https://onseihaisin-ima.com/)にて先行発売いたしします。

コロナウイルスの蔓延によって社会は大きな変革を余儀なくされました。個人の時代からコミュニティの時代へと移り変わる中で、これからますます私たち一人ひとりの生き方、あらゆるコミュニティとの向き合い方が問われる時代になったといえます。シードブレイナリーではそうした社会的背景を踏まえ、現在アメリカや中国などを中心に世界的な潮流となっており、日本国内での普及に大きな注目が集まっている音声配信ビジネスにいち早くスポットをあてました。『音声配信ビジネスのいま 2021 vol.1』は、現在そして未来の日本の音声配信市場について、インフルエンサーのイケハヤ氏、有力音声プラットフォーマー、音声広告企業・音声配信者のそれぞれ異なる視点から、様々な考察を行う内容となっております。


■書籍発売決定記念イベントも4月16日(金)20時 開催!





「海外音声プラットフォーム事情を通して考える日本の音声配信の未来」
登壇者シマラヤジャパン株式会社CEO 安陽
株式会社Spoon Radio Japanジャパンカントリーマネージャー川村絵美香
司会進行 シードブレイナリー株式会社
中国最大の音声プラットフォームで6億ダウンロードのhimalaya安氏、韓国最大の音声プラットフォームで年間80億円以上の投げ銭市場を創出するSpoon日本カントリーマネージャー川村氏とともに見る、海外での音声PF事情とこれからの日本について、存分に語っていただきます。
参加はこちら???https://onseihaisin-ima.com



購入特典
今回先行販売を記念して、シードブレイナリーWEBサイトの先行販売ページよりご購入していただいたお客様へは、ご購入特典として「イケハヤ氏へのスペシャルインタビュー音源」をプレゼントいたします。国内において早い段階から音声配信時代が来るという発信、現在も複数のプラットフォームで音声配信を行う、まさに日本の音声配信ビジネスを切り拓いてきたトップランナーであるイケハヤ氏の貴重なインタビュー音源です。お見逃しなく!




今回取材をさせていただいた方々のご紹介
・イケダハヤト
・株式会社オトナル代表取締役 八木太亮
・株式会社radiko代表取締役 青木貴博
・株式会社Spoon Radio Japanジャパンカントリーマネージャー 川村絵美香
・シマラヤジャパン株式会社CEO 安陽
・株式会社Voicy代表取締役 緒方憲太郎
・Radiotalk株式会社 代表取締役 井上佳央里
・UUUM株式会社 代表取締役社長 鎌田和樹
・ソルティ/エージェントゆき/しゅうへい/プロねこ/
(敬称略・掲載順)

【取材秘話】
本の企画を構想し始めたのは2020年11月。編集部が2月上旬からの取材開始に向けて、準備をしていたとき、アメリカで流行していた音声プラットフォーム「Clubhouse(クラブハウス)」が2021年1月日本に上陸し、大きく注目され始めました。企画構想時・取材申し込み時には想定していなかったムーブメントでした。
Clubhouseが登場するまで、音声配信というものを知っていて、利用している層は国内ではかなり限定的な印象でした。しかし、Clubhouseの登場によって多くの方が幅広く知るきっかけになった、各プラットフォームにとっても追い風だという言葉を、取材では多く聞きました。

【出版物概要】
音声配信ビジネスのいま
著者 シードブレイナリー株式会社編集部
取材・執筆 野澤正毅/高橋和/佐藤那奈子
テザイン 株式会社アイダックデザイン
発行者鈴木雅臣
発行 シードブレイナリー株式会社
印刷所 株式会社シナノパブリッシングプレス
取材協力 イケダハヤト/株式会社オトナル/株式会社radiko/株式会社Spoon Radio Japan
シマラヤジャパン株式会社/株式会社Voicy/Radiotalk株式会社 UUUM株式会社
(掲載順)