配色:                          文字サイズ: 

【ソーウインド ジャパン株式会社】 ユリス・ナルダン【UFO】




ユリス・ナルダン【UFO】

UFOを信じますか?

……………………………………………………………………………………………

シートベルトをお締めください。ユリス・ナルダンはお客様を異次元の世界へと
お連れします。この搭乗のクロノメーターは単なる時計ではなく、時計製造の歴史と未来への大胆な想像の旅になります。

ユリス・ナルダンではブランド創業175周年を記念してクロノメーターを再び開発し、みなさまを時計製造を想像の世界へとお連れします。このUFOは、見た目はテーブルクロックやデスククロックかもしれませんが、それ以上のものです。波の動きをスイングすることで機械的に表現しています。過去、現在、未来のトリプルタイムゾーンの融合です。
革新と探検、海と空からインスピレーションを得た好奇心の塊のようなユリス・ナルダンのキャビネットに、UFOが新たに加わったのです。このUFOは、19世紀と20世紀のマリンクロノメーターから2001年のフリーク、そして2020年のブラストまで、ユリス・ナルダンの時計の歴史のすべてを1つのオブジェクトに収めました。まさにこの世のものとは思えないほどの時計といえます。



175年前、ユリス・ナルダンは当時では信じられないほど正確で信頼性の高い船舶用時計とマリンクロノメーターで有名でした。これらの時計は、ジュネーブとヌーシャテルの両天文台で行われたクロノメトリーコンテストで優勝し、賞を獲得しました。ユリス・ナルダンの卓越したクラフツマンシップで45か国の海軍が公海を航行することができました。

では、ユリス・ナルダンが1846年に自らに課した「最高の時を測る道具を作りたい」という願いに忠実でありながら、ブランドの未来を祝うにはどうすればよいのでしょうか。

「ヴィンテージコードを再利用して過去の時計を復刻することは、今回のアニバーサリーモデルの制作意図ではありませんでした。それどころか、逆に175年分の飛躍を目指したのです。私たちは常に先を見ています。2196年にデザインされるマリンクロノメーターはどんなものだろうと考えていました」と、ユリス・ナルダンCEOのパトリック・プルニエは述べます。




675個の部品で3つのタイムゾーンを表示するUFOは、ユリス・ナルダンのデザイナー、エンジニア、時計職人が考える175年後の未来的なマリンクロノメーターの姿を表現したものです。

海から究極のインスピレーションを得て考えられたUFOの動きは、機械的に作られた波の動きです。時計の構造全体がアンバランスで成り立っており、潮の干満や海の永遠の動きをイメージさせる緩やかな揺れを実現しています。テンプの秘密は、青い半球状のアルミニウムの台座にタングステンの塊が入っていることです。

マリンクロノメーターは、船の絶え間ない揺れの影響を和らげるために木箱に収められ置かれていましたが、ユリス・ナルダンはこれを逆にしました。このモデルでは、静かに揺らされた時にこのオブジェ自体が波を起こすようになっています。重さ7.2kgのUFOは、軸から60°(振幅120°)まで揺れます。




UFOだけでも十分に魅力的ですが、その卵形のガラスも注目に値します。スイスのヌーシャテル湖畔にある吹きガラス工房「Verre et Quartz」の26歳の職人ロマン・モンテロ氏によって限定75個のUFOガラスカバーをひとつひとつ手作りしました。

「最大の難関は、ガラス管全体の美観でした。汚れのない50個のガラスのカバーを作るためには、その3倍の150個吹き出さなければなりません。シャボン玉を作るように優しく吹かなければなりません。そうはいっても、ガラスは根元が不完全で、吹いているときの微振動にも敏感で、その不完全さや小さなキズにも美しさがあるのです」とモンテロ氏は説明します。

厚さ3mmのガラス管を製作するためには、ガラスがまだ熱いうちに伝統的なガラス職人の旋盤を使って、肉眼で1500度の温度で45分以上も引き伸ばす必要がありました。ガラスは熱を加えるとオレンジ、赤、白、そしてピンクの色に変化していきます。ガラスのカット、吹き付けと寸法のチェック、炉での焼なまし、再度のカット、ラミネート、最終的な目視検査、そしてクリーニングと、全工程でほぼ半日を要します。

「ガラスは熱した瞬間から原子が乱れます。熱で乱れが生じるのです。それは必然的なことです。そうすると素材に弱点が生まれ、自然に壊れてしまうことがあります。完成度を高めるためには、緊張を解き放つ必要があります」とモンテロ氏は説明します。

最も成功する航海には経験豊富なクルーが必要です。ユリス・ナルダンはこの特別な旅のために、1839年から伝統的な時計を製作し、現在はMB&FのCEOであるマキシミリアン・ブッサーの空想を実現していることで有名な時計メーカー、メゾン・レペとコラボレーションすることにしました。

675個の部品で構成され、6個の超大型香箱で1年間のパワーリザーブを確保し、テンプのリムは49mmという驚異的なサイズです。UFOは3つの台形文字盤で時間を表示しますが、この台形文字盤は非常に複雑で、8つの文字盤を製造するのに28時間を要します。3つの文字盤があることで、3つの異なるタイムゾーンを一度に表示し、オーナーは3つの異なる角度から眺めることができます。

XXLサイズの真鍮製テンプは0.5Hzで振動しますが、その目的は2つあります。1年というこれまでにないパワーリザーブを維持すること、1秒間に1回のオルタネイト(半振動)を鑑賞するための十分な時間を確保しオブジェクトの動きを、まるで瞑想しているかのように見せることです。デッドビートセコンドを追加することで、このテーブルクロックが時の瞑想であるかのように、1秒ごとの経過が均一に表示されます。

UFOは、海岸に打ち上げられたかのような木製の宝箱に入っています。過去から来たもののようですが、その中には未来からのメッセージが入っています。宝箱の中にはUFOだけでなく、取扱説明書、保証書、そして巻き上げキーが収められます。

ユリス・ナルダンの新たな世界へようこそ




品番:9023-900LE-3A-BLUE

ムーブメント:キャリバーUN-902、テーブルクロック

仕様:手巻きムーブメント、3タイムゾーン /時、分
デッドビートセコンド、部品675個、超大型テン輪 (48mm)
0.5 Hz /3,600 V/H、

パワーリザーブ:約1年、香箱6個

ケース:アルミニウム & 吹きガラス

サイズ:高さ263 x 直径159 mm

重さ:7.2 kg

生産数:75個限定

予価:税抜4,520,000円 税込4,972,000円