配色:                          文字サイズ: 

【株式会社小学館】 80周年イヤーの人気者! おさるのジョージと一緒に楽しくひらがなを学べる本『おさるのジョージ あいうえおBOOK』発売!!




80周年イヤーの人気者! おさるのジョージと一緒に楽しくひらがなを学べる本『おさるのジョージ あいうえおBOOK』発売!!

子どもの文字デビューはこの本で! ジョージと一緒に、声に出してひらがなを学びましょう!!

……………………………………………………………………………………………






 身の周りのあらゆることに対し好奇心をもち、愛らしい騒動や冒険を巻き起こす、賢くてかわいいおさるのジョージは、アメリカの絵本作家レイ夫妻によって1941年に刊行された絵本「Curious George」に登場するキャラクターです。

 2021年はジョージの誕生から80年、記念の1年としてさまざまな企画が予定されています。
 おさるのジョージは、日本では絵本「ひとまねこざる」シリーズとして1954年に出版されたことにはじまり、2008年にはNHK EテレでTVアニメーションシリーズもスタート。子どもにも大人にも、長く愛されるキャラクターになりました。今年1年は、各地で「おさるのジョージ うきうきマーケット」などのイベントのが予定され、たくさんの本やグッズが勢ぞろいすることでしょう。

 『おさるのジョージ あいうえおBOOK』は、ひらがな、カタカナの50音を、ジョージのエピソードとともに学ぶ知育本です。50音それぞれに、文字と書き順があり、短い文章といくつかの言葉が書かれていて、文字を学びはじめる時に必要な要素がすべてそろった内容になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



『おさるのジョージ あいうえおBOOK』
定価 1,540円(税込)
B20取判 80ページ  
ISBN978-4-09-725097-5
2021年4月5日発売
小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09725097
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



たとえば「あ」のページに選ばれたのは、「あしあと」「あそぼ!」「あるある」「あひる」「あいすくりーむ」。各ページには、幼児らしい言葉とともに、話し言葉やオノマトペ的な言葉を入れました。大人が声に出して読んであげたときに、その人がかわいく見えるような言葉、読んだ人が明るくなれるような言葉、少し感情を入れて発声できるような言葉です。




「な」のページには、「なみのり さいこー なんて かっこいいんでしょう」という文章と、サーフィンをするジョージの絵。「なみのりってなあに?」と問われたら、「サーフィンとも言うんだよ。見せてあげようか」と、スマホでサーフィンの動画を検索して見せてあげたりすれば、会話も知識もさらに広がっていくのでは?



いきいきとしたジョージの絵も、おしゃれな色使いも、子ども達のセンスをはぐくむことでしょう。ジョージと楽しく、ひとつひとつ言葉を覚えて、文字デビューをしましょう。


●NHK・Eテレのテレビアニメーションも、大人気放映中です!