配色:                          文字サイズ: 

【霞ヶ関キャピタル株式会社】 メゾンドツーリズム京都株式会社の株式取得(子会社化)及び資金の借入に関するお知らせ




メゾンドツーリズム京都株式会社の株式取得(子会社化)及び資金の借入に関するお知らせ



……………………………………………………………………………………………

 当社は、2021年4月9日開催の取締役会において、メゾンドツーリズム京都株式会社(以下、「メゾンドツーリズム社」)の全株式を取得し子会社化すること、及び本件を目的とした資金の借入を行うことを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1. 株式取得の目的
 当社は「価値の再生」という経営理念のもと、「成長性」と「社会的意義」が融合する領域で事業を展開しております。この度、メゾンドツーリズム社が保有する「ホテル京都木屋町」の取得を目的として、メゾンドツーリズム社の全株式を取得し、子会社化することを決定いたしました。また、当該ホテルはソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(以下、「ソラーレ社」)がオペレーターとして運営を引き継ぎ、営業を継続いたします。
 運営体制の構築にあたり、ソラーレ社はメゾンドツーリズム社の100%子会社である株式会社ホテルマネジメント京都の株式取得に関する株式譲渡契約の締結を行います。
 なお当社とソラーレ社は、今後、2021年夏を目途にホテルのリブランドを進めていく予定です。

2. 異動する子会社の概要



異動する子会社の「大株主及び持ち株比率」並びに「当該会社の経営成績及び財務状態」に関しましては、異動する子会社からの要請により、開示を控えさせていただきます。

【『ホテル京都木屋町』の概要】
所在地:京都府京都市下京区西木屋町松原下ル難波町403-1
客室数:75室
URL: http://www.kyotokiyamachi.co.jp/

3. 株式取得の相手先の概要
 株式取得の相手先については、相手先からの要請により詳細の開示は控えさせて頂きます。なお、相手先は個人であり、当該株主と当社との間に記載すべき資本関係・人的関係・取引関係はありません。また、関連当事者にも該当いたしません。

4. 取得株式割合、取得価額及び取得前後の保有株式割合の概要
(1) 異動前の保有株式割合:0.0%
(2) 取得株式割合:100.0%
(3) 取得価額:取得価額につきましては、当社及び取引先との守秘義務契約により、開示を控えさせていただきます。
(4) 異動後の保有株式割合:100.0%

5. 日程
(1) 取締役会決議日:2021年4月9日
(2) 契約締結日:2021年4月9日
(3) 株式譲渡実行日:2021年4月28日(予定)

6. 資金の借入
(1) 資金の借入の理由
 当該会社の全株式の取得、及び当該会社既存借入金の借り換えを目的に、金融機関から資金の借入を行うものです。

(2) コミットメント期間付タームローンの概要(借入人:当社)
1. 借入金融機関:金融機関1行(注)
2. 借入金額:1,200百万円
3. コミットメント期間:2021年4月28日から6か月
4. ターム期間:36か月(元金均等返済)
5. 担保の有無:不動産担保、預金担保(当該会社預金)
(注)借入金融機関及び借入金利に関しましては、確定次第お知らせいたします。

(3) 借入の概要(借入人:メゾンドツーリズム社)
1. 借入金融機関:金融機関1行(注)
2. 借入金額:1,280百万円
3. 借入実行日:2021年4月28日
4. 返済期日:2039年9月30日
5. 返済方法:元金均等返済
6. 担保の有無:不動産担保
7. 連帯保証人:当社
(注)借入金融機関及び借入金利に関しましては、確定次第お知らせいたします。

7. 今後の見通し
 本株式取得により、2021年8月期決算において特別利益(負ののれん発生益)を計上する見込みでありますが、その金額については現在精査中であり、当社業績に重要な影響を与えることが明らかになった場合には、速やかに開示いたします。
 2021年8月期業績予想については、当該特別利益(負ののれん発生益)の影響を織り込んでおりません。

【会社概要】
会 社 名:霞ヶ関キャピタル株式会社
設   立:2011年9月
代   表:代表取締役 河本 幸士郎
本   社:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目2番1号 霞が関コモンゲート 西館 22階
資 本 金:3,162,440千円(資本準備金含む) ※2021年2月28日時点
従 業 員 数:100名(連結グループ、役員含む)※2021年2月28日時点
主 な 事 業:不動産コンサルティング事業(物流施設開発、アパートメントホテル開発、保育園開発、海外投資)、自然エネルギー事業