配色:                          文字サイズ: 

シンカ、地方銀行向けの支援体制を強化




シンカ、地方銀行向けの支援体制を強化

〜金融機関との取り組みを活性化し、地方のデジタル化を推進〜

……………………………………………………………………………………………

顧客接点クラウド「カイクラ」の開発・販売を行う株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 江尻高宏、以下シンカ)は、業務提携を結んでいる地方銀行を対象とした、支援体制を強化いたしました。本体制で、シンカ、及び「カイクラ」をはじめとした情報をより知っていただき、地方のデジタル化推進への寄与を目的としています。




シンカでは、地域経済活性化の取り組みのひとつとして、地方銀行との業務提携を推進しており、10社の地方銀行や金融機関との提携を行っております。

この度、取り組みのさらなる強化を目的として、地方銀行を対象とした支援体制を強化。
また、以下をはじめとした取り組みにより、シンカ、及び「カイクラ」への理解を深めていただくことで、地方中小企業のデジタル化推進に寄与できればと考えております。

支援体制


勉強会専任の担当を設置
定期的な情報提供
「カイクラ」紹介の支援ツールの提供


定期的な情報提供では、最新事例のご紹介や「カイクラ」ご紹介時のアプローチ方法などをテーマとしており、地方企業が「カイクラ」導入を検討する際のサポートとなる内容となっています。


なお、地方銀行との取り組みのひとつとして、2021年4月14日に開催されるKPMG/あずさ監査法人主催の「第19回 フィンテックセミナー〜地域活性化とDX」に、代表の江尻が登壇いたします。
同イベントは金融機関及びFintech企業の方を対象としたイベントで、13:30から1時間30分のプログラムとなります。
オンラインで配信され、江尻の登壇は14:00-14:30、「中小企業のDX化のコツ」をテーマに金融機関との取り組みも併せてご紹介します。

詳細は、主催法人以下リンクをご確認ください。
https://fintech.smartcore.jp/C22/notice_details/QUdjSE1BPT0=

シンカは、今後も地方経済活性化を目的とした、さまざまな取り組みを推進してまいります


■顧客接点クラウド「カイクラ」とは
「カイクラ」は、クラウド型のコミュニケーション管理ツールです。
CTIやSMS (ショートメッセージ) 、ビデオ通話、はがきDMなど、顧客コミュニケーションを一元管理する機能を有しています。異なるコミュニケーション手段を用いても顧客ごとにコミュニケーション履歴情報を一元管理できるので、担当者以外でもこれまでの経緯を把握した上で、顧客対応することが可能になります。「カイクラ」を利用すれば、自宅からオフィス電話にチーム対応することも可能。テレワーク時の顧客コミュニケーションもサポートします。

「カイクラ」は2014年8月のサービス開始以来、導入100業種・業態以上、1,600社、2,600拠点以上で利用されています。2015年12月にNTT東日本正式受託商品として認定され、2016年2月第8回千代田ビジネス大賞特別賞、2018年11月世界発信コンペティション2018においてサービス部門特別賞、2020年11月ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020のASP・SaaS部門支援業務系分野にてベストイノベーション賞を受賞。

顧客接点クラウド「カイクラ」公式サイト:https://kaiwa.cloud/

【株式会社シンカについて】
設立:2014年1月8日
本社:〒163-0237 東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル37F
資本金:887,986千円(資本準備金を含む)
従業員数:45名
事業内容:ITを活用したシステム企画・開発及び運用
クラウドサービス商品の企画・開発及び販売、運用
ITサービス利用のコンサルティング

【関連サイト】
コーポレートサイト:
https://www.thinca.co.jp/

会話に関わるお役立ち情報メディア「カイクラ.mag」:
https://kaiwa.cloud/media/