配色:                          文字サイズ: 

日本橋人形町エリア初、ミューラルアートプロジェクト始動!




日本橋人形町エリア初、ミューラルアートプロジェクト始動!

ART×ARが織り成す「具現化する空想の世界」を今。

……………………………………………………………………………………………



【MURAL ART PROJECT @ NINGYOCHO 】



第一弾として「MURAL ART PROJECT @ NINGYOCHO」を始動、東京都中央区を中心に第二弾、三弾と増やしていき、TOKYO MURAL ART PROJECTへと拡大していきます。

コロナ感染症対策を基本に、「ミューラルアート×AR」をテーマに据え、3月25日から制作開始しました。
壁に描く絵画で歴史を残し、ARによって現実世界に3D化したデジタルコンテンツを表示する技術を取り入れ、次世代アートを表現します。





※人形町の文化である芸妓と店主の好きな猫がモチーフ。

▼ミューラルアートとは?
ミューラルとは「壁画」のことです。
明確な定義はありませんが、場所の許可をとって作成するものを「ミューラルアート」、許可を取らずに描くものを「グラフィティ」と定義してる方もいらっしゃいます。
本件では、ミューラルアートと表現します。

▼中央区から
「生涯躍動へ 都心再生 ― 個性がいきる ひととまち」をビジョンに掲げる東京都中央区の歴史は深く、銀行発祥の地「日本橋」、日本の贅(ぜい)が結集する街「銀座」などを有し、江戸時代以来の商業の中心地をして栄えてきました。
中央区から輩出された浮世絵師「写楽」、東海道五十三次で名を残した「歌川広重」など言説的なアーティストの想いを汲みつつ、皆様にご尽力賜りながら次世代アートを表現します。

▼人形町を先駆けに!
「中央区からミューラルアートを発信」
先駆けとして選んだのが、人形町です。
商業の中心地でありながら、東京六花町の一つに数えられる芳町(旧地名)の名を持ちます。
伝統芸能を体現する芸妓さんは今もなお、着物とともに日本文化を継承し続ける町でもあります。
日本舞踊の伝統が芸妓さんとともに色鮮やかに残る人形町に、アートの文化を加えることでより多様な文化から愛される町にしたいと考えております。

▼アーティスト:Kensuke Takahashiさん
今回描いていただくアーティストの名は「KensukeTakahashi」さんです。

企業や行政のライブペインティングイベント出演や壁画アートなど、多岐に活躍するペインターです。
あえて画風を決めずに描くスタイルに裏打ちされた、緻密なテクニックと確かな描写力。そして、現実を飛び越える自由な発想力が彼の持ち味です。

▼制作場所:HIDINGBAR ZORO(ハイディングバー ゾロ)
店内はウッド調のカウンターテーブルを中心に彩られたオシャレなバーです。
様々な方が集うバーのユニークな店主が快くご協力くださいました。
本プロジェクトにて、その外観に艶やかさを表現し、より魅力的な店舗へとさらなる変革を遂げました。






※本プロジェクトの初陣を切るキャンパス

【制作所在地】
HIDING BAR ZORO
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目33−5

▼まずは真っ白なキャンパスから
上記真っ白なキャンパスから、MURAL ART PROJECT 実行委員会一同が総力を上げて、地域の方々と共に歴史に残るアートを表現します。是非お楽しみください。

※現在ARの施策の制作中です(株式会社tremolo)、また、動画配信についても現在準備中です。
完成次第ご報告します。



主催:Bridge Chuo
主管:ミューラルアートプロジェクト実行委員会
協力:ガーデングローブ合同会社/株式会社 tremolo/アドウィステリア株式会社/株式会社ティエスシー

【本件に関するお問合せ先】
ミューラルアートプロジェクト実行委員長 加藤宏一朗
info@ad-wisteria.com