配色:                          文字サイズ: 

【株式会社ベイエフエム】 ライター・トロピカル松村が聴くbayfm GMJ: DAY2 『松尾潔のメロウな休日』




ライター・トロピカル松村が聴くbayfm GMJ: DAY2 『松尾潔のメロウな休日』

Day2.『松尾潔のメロウな休日』で文字通り、潔くメロウなおうち時間を堪能♪

……………………………………………………………………………………………

GWの旅の予定はなくなってしまったけど、もうなんとも思ってない。

なぜなら今日も5月3日からスタートしたbayfm『GOLDEN MUSIC JOURNEY』があるからだ! bayfmの特番が13時から19時まで音楽の旅に連れて行ってくれるという内容で、昨日Day1の『究極の音粋』を半信半疑で聴くと、あっという間の6時間。

物の見事に旅をさせてもらえたから、僕はGWを潔くおうち時間とすることにした。




GWの旅の予定はなくなってしまったけど、もうなんとも思ってない。

なぜなら今日も5月3日からスタートしたbayfm『GOLDEN MUSIC JOURNEY』があるからだ! bayfmの特番が13時から19時まで音楽の旅に連れて行ってくれるという内容で、昨日Day1の『究極の音粋』を半信半疑で聴くと、あっという間の6時間。

物の見事に旅をさせてもらえたから、僕はGWを潔くおうち時間とすることにした。

今日もラジオのチャンネルは78.0MHz。

それにしても改めてDay1は最高だった。

『9の音粋』のDJ陣スージー鈴木さん、ミラッキ大村さん、藤田太郎さんの掛け合いは何時間でも聴いていられたし、スペシャルDJ渡辺美里さんの秘話や、ゲストのドリカム中村正人さんの影響を受けたものを知れたり、吉田美和さん本人による色っぽい選曲が聴けたり、ドキドキしながら少年のように楽しめた!

昨日とは打って変わり、今日は“大人と、背伸びをしたい大人予備軍のためのミュージックプログラム”というから、まさに大人の僕に相応しい(笑)。

音楽プロデューサーの松尾潔さんによる6 時間生放送『松尾潔のメロウな休日』は、お洒落な洋楽あり邦楽ありで間違いなく為になるはず。しかもR&Bやソウルミュージックを専門とする音楽ジャーナリスト、林剛さんを迎えて「妄想 R&B フェス」も開催! 今日は夏日だというし、ラジカセを手に庭でコーヒーでも飲みながらメロウな休日を楽しむことに。(チープなラジカセと、庭と言えないほど狭い庭で背伸びをする大人予備軍代表)

ずばり結論から言う。というか言いたい。

ほんとに選曲が良すぎた……。

原稿を書いたり、読書をしたり、家の用事をしたりしながらだったけど、洋・邦楽を問わずこんなにアーベインなBGMを一日通して聴いたことは今までなかったかもしれないほど。感動した曲を都度メモしていたらなかなかのマイプレイリストができあがったからここに記しておきたい。

---------------------
【松尾潔さんにやられた曲メモ(前編)】

(13:14)マイケル・ジャクソンでおなじみのナンバー。
Rock With You(1995) / Quincy Jones feat. Brandy & Heavy D

(13:43)テリー・エリス。MC中のさりげないBGMまですごいなぁ。
Where Ever You Are(1995) / Terry Ellis

(14:20)MISIAの初期曲。驚くほどR&B。
BELIEVE (1999) / MISIA

(14:52)松尾潔さんプロデュースのジュディオングのカバー、やばい。
魅せられて(エーゲ海のテーマ)/芹奈、かれんfromLittleGleeMonster

(15:08)久保田利伸のRemix、これは今度誰かに教えたい。
LOVE RAIN〜恋の雨〜(松尾潔リミックス)/久保田利伸

(15:40)JUJU×松尾潔さん×小林武史の一曲。めちゃくちゃ大人。
メトロ(2018) / JUJU×松尾潔×小林武史
---------------------


13時台は、松尾潔さん選曲で『メロウな午後』を感じられるプログラム。選りすぐりのR&Bは言わずもがな、DJの小島麻子さんと喋っているときにさりげなくかけているBGMまでどれも秀逸で、

爪の先まで選曲にこだわってる大人な松尾潔さんに憧れる。

14時台は、「歴史的 J-POP 名作選!この人この1曲」。山下達郎、井上陽水、MISIA、松任谷由実などの曲が流れる時間で、松尾潔さんは“J-popにおけるメロウとはなにか”をあまり公にしたことがないらしいから必聴の価値あり。どれも午後の時間帯にばっちりハマる至極のメロウサウンドばかりだった。

15時台は、松尾潔さん初の「長篇小説『永遠の仮眠』を10倍楽しむ方法」。本の魅力を、松尾潔さんが携わってきたナンバーを交えながら紹介した。“読みながら音を聞きたくなる本”らしく、久保田利伸やEXILE、平井堅など自身プロデュースの名曲を聴いているうちに『永遠の仮眠』に興味が沸いた。ラストナンバーのJUJUで、こんな曲を感じさせてくれる本ならと、アマゾンでポチ。

---------------------
【松尾潔さん(と林剛さん)にやられた曲メモ(後編)】

(16:08)メアリー・J・ブライジのライヴ盤、完全にフェス気分。
Mary Jane(All Night Long)(Live)/ Mary J. Blige

(16:28)ディアンジェロのライヴ盤、イントロの歓声から鳥肌。
Can’t Hide Love(Live)/ D’Angelo

(17:00)メロウの定義の話から流れたレデシーのライヴ盤。深い。
Anything For You (Live) / Ledisi

(17:11)マックスウェルのサウンドが夕焼けにハマりすぎ。
Ascension (Don’t Ever Wonder) / Maxwell

(17:40)プリンスの曲でほんとにフェスが終わるという感じ。泣いた。
Nothing Compares 2 U (Live) / Prince feat. Rosie Gaines

(18:34)ラッツ&スターの曲を聴きながらの日暮れ。また泣いた。
Tシャツに口紅 / ラッツ&スター
---------------------
16時台から18時までの2時間、林剛さんを迎えたR&B最強タッグによる「妄想 R&B フェス」が始まった。

この番組は3つのエリア(メインステージ、ネオソウルラウンジ、ニュージャックラウンジ)が用意されてるという設定らしい。まずはメインステージってことでメアリー・J・ブライジの 98 年ライヴ盤が流れてソッコー鳥肌が!

これはマジでフェスだ。あと何気にDJ・小島麻子さんの素晴らしい現場中継的なナビゲーションがキブンを更に高揚させてくれる。17時台の夕暮れどきになるにつれて、R&Bが一層ムーディに。プリンスに続き、メイズのラストソングで久しく味わってなかったフェスのエンディングを味わえて涙した。

18時台は、リクエストタイム。松尾潔さんプロデュースの具島直子の曲を送ったリスナーにグッドサイン。

“何十回聴いた曲でもラジオで聞くと改めてよく聞こえる”という松尾潔さんの言葉から造詣の深さと、大人の魅力を痛感。ここで14時台に時間が押してかけられなかったラッツ&スターが流れる。番組終盤で心に沁みる一曲を聴き、自分もこの6時間で少しだけ大人になれた気になった。

またしてもあっという間の6時間。まじですごいぞ『GOLDEN MUSIC JOURNEY』。二日続けてしっかり音楽の旅にいざなってくれている!明日はいよいよ最終日、Day3『湾岸シティポップ・ドライブ』だ。プロデューサーのクニモンド瀧口さんと、『9の音粋』火曜DJのトムセン陽子さんが担当。スペシャルゲストに、イラストレーターの永井博さんや、アーティストの一十三十一(ひとみとい)さん、韓国人プロデューサーでDJのNight Tempoも来る! ドライブしながら聴くかと思っていたけど、雨予報だし、明日も家で旅しよう。

radikoで「松尾潔のメロウな休日」を聴く
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20210503130000