配色:                          文字サイズ: 

【株式会社横浜フリエスポーツクラブ】 横浜FCが子どもたちの似顔絵で選手紹介 – こどもの日特別企画




横浜FCが子どもたちの似顔絵で選手紹介 - こどもの日特別企画



……………………………………………………………………………………………

横浜FCは5月5日(水・祝)、2021JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節 横浜FC vs 湘南ベルマーレの「子どもの日特別企画」として、ファン・サポーターから寄せられた似顔絵で作成した選手紹介映像を公開した。

名前が読み上げられ、ポーズを決める選手のかわりに、子どもたちやサポーターから寄せられた似顔絵が映し出される特別バージョンの選手紹介。

横浜FCは、4月のホームゲームなどで事前にファン・サポーターから選手の似顔絵を募集。
チームのキャラクターであるフリ丸を含む全選手約80枚の似顔絵が寄せられた。
スタジアムに掲出された絵の数々をみて、横浜FCの内田智也C.R.Oは「絵を描いてくれたみなさんが横浜FCや選手のことを大好きという気持ちが伝わる絵でした。とてもうれしく思っています。この似顔絵の力を後押しに、勝利を目指します」とコメントした。

当日、湘南ベルマーレ戦でスタジアム内に掲出するほか当日のSNSでのスタメン発表、全選手のメンバー紹介の映像をSNSとYoutubeで配信しました。

この映像は、公式SNSやYouTubeでも配信され、コメントには「素敵な企画だ」「個人的には南と松尾とフリ丸が個人的に上手いと思う」などと感想が寄せられた。

■横浜FC選手紹介映像(子どもの日ver)








■5月5日湘南ベルマーレ戦メンバー発表映像(子どもの日ver)








5月5日のニッパツ三ツ沢球技場での掲出の様子

試合当日はニッパツ三ツ沢球技場ホームゴール裏に約80枚の似顔絵が掲出されて、ゴールデンウィークに観戦にきたファン・サポーターにちょっとした楽しみを提供していた。