配色:                          文字サイズ: 

アジア太平洋の体外診断市場ーテストタイプ別、製品別、使用性別、アプリケーション 別、エンドユーザー別、および地域別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測2022ー2030年




アジア太平洋の体外診断市場ーテストタイプ別、製品別、使用性別、アプリケーション 別、エンドユーザー別、および地域別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測2022ー2030年



……………………………………………………………………………………………

SDKI Inc.が「アジア太平洋の体外診断市場ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年06月11日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-114035



アジア太平洋の体外診断市場は、2020年に17,812.62百万米ドルの価値を保持しました。2022年に18,824.38百万米ドルの市場価値から、2030年までに27,712.16百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に5.68%のCAGRで成長すると予想されています。

体外診断 (IVD) は、常に感染症の検出に不可欠です。最近、COVID-19 を検出するために、多くの分子アッセイとイムノアッセイが実施されています。しかし、現在のシナリオでは、より迅速で正確なテスト結果を提供する高品質の診断が不可欠です。COVID-19のパンデミックは、診断の急速な発展、迅速な規制当局の認可、およびウイルスの蔓延抑制に役立つさまざまな地域での流通の強化により、アジア地域の体外診断産業にスポットライトを当てました。さらに、さまざまな慢性疾患の有病率は、過去10年間でアジア太平洋諸国で大幅に増加しました。これらの病気による公衆衛生への脅威は大幅に増加しており、その結果、ポイントオブケア検査を含む新しい診断技術の採用が拡大しています。これらの要因は、この市場の成長に貢献すると予想されます。

市場セグメント

アジア太平洋の体外診断市場は、テストタイプ別(臨床化学、分子診断、免疫診断、血液学、およびその他)、製品別 (機器、試薬、およびその他)、使用性別 (使い捨て IVD 装置および再利用可能な IVD 装置)、アプリケーション 別(感染症、糖尿病、がん/腫瘍学、心臓学、自己免疫疾患、腎臓学、およびその他)、エンドユーザー別 (診断研究所、病院・クリニック、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

テストタイプに基づいて、臨床化学セグメントは、予測期間中に最も高い成長が見込まれています。臨床化学は、分析、計測、情報技術、ワークフローの管理を組み合わせたものです。技術の進歩により、生物学的に重要なイオン (塩およびミネラル)、小さな有機分子、および酵素、輸送タンパク質、リポタンパク質などの大きな分子の検出技術の自動化が進んでいます。これは、このセグメントの成長に貢献すると予想されます。析装置は、血液、血清、尿などのサンプルを分析する機器です。臨床化学分析装置は、これらの装置に採用されている開発された技術により、高い成長を遂げています。

地域概要

アジア太平洋地域は、中産階級の人口の増加、安定的な経済、都市人口の増加、および政府が支持する地域です。この国は、体外診断 (IVD) 市場の成長を支えている民間医療部門に大きな変化を示しています。インド、日本、中国などのアジア太平洋諸国では、人口の高齢化、生活習慣病の蔓延、および医療セクターの成長により、IVDデバイスの需要が高まっています。さらに、市場は、独立したセンター、独立した診断チェーン、および学術機関の設立によって影響を受けます。さらに、多くの政府が体外診断に関していくつかのイニシアチブを取っています。これも市場全体の成長を後押ししています。インド政府は、国内の IVD 部門の能力を高めるために積極的な措置を講じています。2018 年 1 月 1 日に施行された医療機器規則 (2017 年) の策定は、このセクターへの投資流入を誘導し、デバイスの製造コストを削減する重要な手段でした。

市場の主要なキープレーヤー

アジア太平洋の体外診断市場の主要なキープレーヤーには、Abbott Laboratories、Siemens Healthineers AG、Thermo Fisher Scientific、F. Hoffmann-La Roche Ltd.などがあります。この調査には、アジア太平洋の体外診断市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/asia-pacific-in-vitro-diagnostics-market/114035

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。