配色:                          文字サイズ: 

サニーサイドアップの執行役員/先輩社員と新入社員間の関係構築と一体感の醸成を『バヅクリ』で実現


プレイライフ株式会社



サニーサイドアップの執行役員/先輩社員と新入社員間の関係構築と一体感の醸成を『バヅクリ』で実現

〜 テレワークを行う先輩社員も絆を深めるきかっけに 〜

……………………………………………………………………………………………

プレイライフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤太一)は、PR発想を軸としてさまざまな課題を解決するPRコミュニケーショングループである株式会社サニーサイドアップグループ(東京都渋谷区、代表取締役社長:次原悦子)が、新入社員および執行役員含む社員の円滑な人間関係を構築・強化するために「バヅクリ※」を採用したことを発表します。
プレイライフの「バヅクリ」は、企業内のスタッフ間の“つながり”を育てるために“遊び”と”学び”を取り入れた人間関係を構築・強化し、離職を防止するためのもの。株式会社サニーサイドアップグループは「バヅクリ」の採用で、わずか数分間でその狙いを実現しています。

「バヅクリ」はグループ各社のうち株式会社サニーサイドアップで導入。2021年4月入社の新入社員研修において「おとなの図工」と「寸劇」を実施。「おとなの図工」は、新入社員同士の人柄を知ることに加え、各自の将来像を知ることができるプログラム。「寸劇」は「プロの遊び講師」を中心としてリモート上で参加した執行役員・先輩社員と新入社員が、共に面白おかしく役者になり、チームでつくった「寸劇」を楽しむことで、笑顔溢れた交流がうまれ、テレワークで実際その場にいない社員間でも短時間で関係を構築することができました。

「バヅクリ」のプログラムを通じた交流により、互いにあったココロのハードルが徐々に消え、新入社員にとっては「会社の一員になれた。認めてもらえた」という安心感が生まれ、また先輩社員にとっても、自身の感情や表現方法を役で演じることにより、普段接点がなかった社員を理解(「〇〇さんはこういう人だったんだ」)することにもつながりました。

タテヨコナナメのコミュニケーションが生まれ、関係の距離が縮まり、課題に対する取り組み方や協力の仕方が垣間見えるなど、深い相互理解を築くことができています。

株式会社サニーサイドアップは社内全体の積極的なコミュニケーションを強みにしていますが、長引くコロナ禍の影響でメンバー同士の関係作りがこれまでどおりの手法ではなかなか実現しづらい状況にありました。

こうした環境下、「つながり」を取り戻すべく、合計70の豊富な活動プログラムがある「バヅクリ」の採用を決めました。

株式会社サニーサイドアップでは今後、体を動かしながら社員間の交流を深める「筋トレ」や「ストレッチ」、PRパーソンとして必要な表現力を向上させるための「食レポ」、また経営陣をはじめ既に関係性のある社員の更なる相互理解のための「焚火」プログラム等の開催を検討しています。

今回、株式会社サニーサイドアップグループが利用した「バヅクリ」は6回のプログラムで120万円、1プログラムあたりの最大参加人数は約50人、1人約4,000円となります。

プレイライフでは、社会から「孤独を無くす」ことを目指し、企業での「バヅクリ」利用の拡大を目指します。


(左から)クイズ、マインドフルネス、筋トレの「バヅクリ」プログラム。“遊び”や“面白おかしい”プログラムを取り入れた「バヅクリ」導入で“ざっくばらん”に会話ができる“きっかけの場”を設け、内定者・転職者などの社内の早期受け入れ・定着など「オンボーディング」の強化や、新たなアイディア創造のきっかけづくりを狙っています。

■ プレイライフの「バヅクリ」について
「バヅクリ」は企業や組織・団体内の“仲間づくり”を主軸とした「チームビルディング」を強化するエンタテインメント/“遊び”の要素を含めたリモート研修/人間関係構築プログラムです。「バヅクリ」では、内定者・社員・転職者など社内のつながり・コミュニケーションの促進を図るため、リモート上での内定者懇親会や、転職者のオンボーディングプランなどを提供しています。「バヅクリ」により、企業への帰属意識が向上され、離職率低下と生産性の向上を実現しています。また、従来の内定者向けの懇親会や研修などの交流会には多額の費用が掛かることから、「バヅクリ」を利用することで、1/10の費用削減も見込むことができます。

具体的には、オンライン上で、お絵描き、プレゼン、寸劇、自身の精神状態に意識を向け集中的に頭に思い込んだものを描き続ける「マインドフルネス」などのプログラムをとおし、交流を深める内容となっています。幅広い組織や個人が利用する「バヅクリ」には、クイズ、寿司、図工、プレゼン、筋トレ、マインドフルネスなど合計70の活動プログラム、40人以上の“プロ”から学びながら、参加者同士交流できるオンライン・プログラムがあります。これらプログラムにより、企業スタッフ間の深い交流をフォローするなど、中小や大企業の福利厚生プログラムサービスとして、人気が高まっています。

利用者は社内イベント1回当たり165,000円〜で「バヅクリ」に、好みの体験活動に何回でも参加することができます。「バヅクリ」は2020年8月から開始。これまで200社、延べ8,000人が参加しています。(https://buzzkuri.com/
・バヅクリ参考動画: https://youtu.be/w8LfR0oCot8
・バヅクリHR研究所: https://hr-lab.buzzkuri.com/