配色:                          文字サイズ: 

ゴム伝動ベルト市場-タイプ別(スチールコードゴムコンベヤ、ソリッドウーブンゴムコンベヤ、マルチプライ布コンベヤ)、アプリケーション別、地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年




ゴム伝動ベルト市場-タイプ別(スチールコードゴムコンベヤ、ソリッドウーブンゴムコンベヤ、マルチプライ布コンベヤ)、アプリケーション別、地域別- 分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年



……………………………………………………………………………………………

Kenneth Researchは、ゴム伝動ベルト市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年06月 11日 に発刊しました。これは、ゴム伝動ベルト市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10294031


ゴム伝動ベルト市場は、2022年に38.4憶米ドルの市場価値から2030年末までに46.6憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に2.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

パワー伝動ベルトは低弾性材料で作られています。これらの素材には、革、ゴム、繊維/綿、バラタが含まれます。ゴム製の伝動ベルトがループ状に取り付けられており、2つのシャフトを機械的に接続し、スムーズな動力伝達に役立ちます。これらのベルトは、農業、工場、機械、自動車などのさまざまな用途で発電します。現在、産業革命の到来により、機械はより複雑化、高機能化しています。世界のゴム伝動ベルト業界は、主に高度な技術ベースの製品の導入によって推進されています。横浜ゴム(株)は2016年、メカニカルジョイントで耐熱性を向上させる新技術のファブリックベルトを導入しました。

世界中でゴム製の伝動ベルトの需要が高まっている主な要因は、原材料の豊富な入手可能性、チェーン ドライブのベルト ドライブへの置き換え、自動車産業からの需要の増加です。ゴム伝動ベルトの消費は、製造業からのこれらのベルトの需要の高まりにより、大幅に増加しています。さらに、ゴム製の伝動ベルトはチェーンよりも安全です。自動車産業におけるゴム伝動ベルトの高い需要も市場を牽引しています。車両に使用されるベルトには、タイミング ベルト、マルチ V ベルト、V ベルトなどがあります。自動車の動力伝達は、伝動ベルトがなければ不可能です。この要因は、予測期間中に市場の成長を大幅に牽引すると予測されます。

市場セグメンテーション洞察

レポートは、タイプ別(スチールコードゴムコンベヤ、ソリッドウーブンゴムコンベヤ、マルチプライ布コンベヤ)、アプリケーション別 (産業、鉱業、建設、港湾、鉄鋼) および地域別 (北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ)などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。





ゴム伝動ベルト市場における業界のリーダー
Fenner PLC
Continental AG
Bridgestone Corporation
Zhejiang Double Arrow
The Yokohama Rubber
Baoding Huayue Conveyor
Sempertrans
Zhejiang Sanwei Rubber Item
Bando Chemical Industries

レポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に市場を支配すると予測されます。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

アジア太平洋地域が最も高いの収益シェアを占めました。確立された鉄鋼メーカーの存在、産業施設の拡大、食品および飲料業界の成長は、調査期間中にゴム製伝動ベルトの需要を後押しすると予想されます。この地域で事業を展開している主要メーカーは、 Zhejiang Double Arrow, Yokohama, Baoding Huayue, Bando, Shandong Phoebus, Zhejiang Sanwei, Fuxin Shuangxiang, and Hebei Yichuanなどです。

また、北米のゴム製トランスミッション ベルト市場は、2022- 2030年にかけて拡大すると予想されます。北米の市場の成長は、主にこの地域の産業の成長に起因する可能性があります。ヨーロッパの自動車部門の成長は、この地域のゴム伝動ベルトの市場にプラスの影響を与えています。

ゴム伝動ベルト市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/rubber-transmission-belt-market/10294031

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。