配色:                          文字サイズ: 

獣医用 X 線市場ー技術別、タイプ別、移動性別、動物のタイプ別、アプリケーション別、および地域別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測 (2022ー2030 年)




獣医用 X 線市場ー技術別、タイプ別、移動性別、動物のタイプ別、アプリケーション別、および地域別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測 (2022ー2030 年)



……………………………………………………………………………………………

SDKI Inc.は、獣医用 X 線市場の新レポートを2021年06月11日に発刊しました。この調査には、獣医用 X 線市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-114043



獣医用 X 線市場は、予測期間中に6.4%のCAGRで成長すると予想されます。ペットの採用数の増加は、この業界の成長を加速させました。最近、人々はペットを飼うだけでなく、ペットの世話に対する意識も大幅に高まっています。ペットの受け入れが増加したため、獣医クリニックの数は過去 5 年間に比べて大幅に増加しています。ペットケアが複数のレベルに引き上げられていることは目撃してあり、したがって、予測期間中に獣医用 X 線市場が大幅に成長すると予想されます。

COVID-19 は、世界中の多くの業界に悪影響を受けました。ヘルスケア業界は、パンデミックの時期に大きな打撃を受けた業界の1つです。このパンデミックはサプライチェーンに問題を引き起こしており、多くの企業の財政的負担も増大させました。そのため、COVID-19の間、人々はペットを養子に出すことはなく、ペットをクリニックに連れて行くことにも消極的でした。さらに、全国的な封鎖のため、獣医も不在でした。したがって、COVID-19 はこの業界に悪影響を及ぼしました。

市場セグメント

獣医用 X 線市場は、技術別 (直接放射線撮影システム、コンピュータ放射線撮影システム、およびフィルムベース放射線撮影システム)、タイプ別 (デジタル X 線およびアナログ X 線)、移動性別 (固定およびポータブル)、動物のタイプ別 (小型動物および大型動物)、アプリケーション別 (整形外科、神経学、腫瘍学、心臓学、およびその他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

技術に基づいて、コンピュータ放射線撮影システムセグメントは、予測期間中に市場で大きなシェアを保持すると予想されます。コンピュータ放射線撮影システム は、市場への高い浸透度、高い費用対効果、および設置が容易なため、全体的な市場シェアで最大の貢献をしています。さらに、獣医師は、動物の複雑な症例の検出や治療のためにデジタル X 線撮影を好みます。

地域概要

北米地域は、これらの国でペットを飼う人が増えているため、獣医用 X 線市場で最大の市場シェアを保持しています。したがって、ペットの世話にもかなりの額が費やされます。北米では、米国が最大の収益を生み出しています。この成長は、ペットケアに対する意識の高まりによるものです。また、プレーヤー/企業は米国に多く、技術や研究開発などの進歩に多くの資本を費やしています。アメリカ獣医協会の報告によると、2017 年にアメリカのペット所有者はペットの手術に約 154.2 億米ドルを費やしました。これらの要因は、予測期間中の市場の成長を牽引すると予想されます。一方、アジア太平洋地域の市場は、このドメインのいくつかの主要なプレーヤーによる投資への関心により、大幅に成長すると予想されます。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

獣医用 X 線市場の主要なキープレーヤーには、Fujifilm Holdings Corporation、Toshiba Corporations、Siemens Healthineers、GE Healthcare、OR Technology、Konica Minoltaなどがあります。この調査には、獣医用 X 線市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/veterinary-x-ray-market/114043

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。