配色:                          文字サイズ: 

腫瘍学臨床試験市場ーフェーズ別 (フェーズ I、フェーズ II、フェーズ III、とフェーズ IV)、設計別、癌の種類別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測2022ー2030年




腫瘍学臨床試験市場ーフェーズ別 (フェーズ I、フェーズ II、フェーズ III、とフェーズ IV)、設計別、癌の種類別ー成長、傾向、COVID-19 の影響、および予測2022ー2030年



……………………………………………………………………………………………

SDKI Inc.は、腫瘍学臨床試験市場の新レポートを2021年06月11日に発刊しました。この調査には、腫瘍学臨床試験市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-114020



腫瘍学臨床試験市場は、予測期間中に5.4%のCAGRで成長すると予想されます。

癌の症例数の増加、個別化医療のニーズの高まり、および腫瘍学のための製薬業界の高い研究開発費は、市場の成長を牽引する重要な要因です。世界保健機関 (WHO) によると、2018 年に低所得国および中所得国で死亡した人の約 70% が癌によるものでした。この負担の増大により、癌の予防は最も重要な課題の 1 つです。また、新興国では癌の高い罹患率により、満たされていない臨床ニーズが多数存在することも目撃されました。さらに、市場の成長は、癌研究を支援している政府および非政府の良好なイニシアチブによるものです。

腫瘍学臨床試験市場への COVID-19 の影響は、ウイルスの蔓延を防ぐために癌の臨床試験の数が減少したため、マイナスでした。2021 年 2 月に The Lancet the Journal に掲載されたエマ ウィルキンソンの研究記事によると、2020年のCOVID-19 パンデミック時には、新しい癌の臨床試験と生物療法が 60%減少しました。

市場セグメント

腫瘍学臨床試験市場は、フェーズ別 (フェーズ I、フェーズ II、フェーズ III、およびフェーズ IV)、設計別 (治療研究、観察研究)、癌の種類別 (肺癌、乳癌、白血病、前立腺癌、その他) および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

癌の種類に基づいて、肺癌セグメントは、予測期間中に大幅な市場成長を維持すると予想されます。肺癌は、一方または両方の肺で増殖する異常な細胞の制御不能な増殖によって引き起こされます。喫煙者は肺癌のリスクが最も高くなりますが、喫煙したことがない人にも影響を与える可能性があります。肺癌のリスクは、患者が吸うタバコの時間と本数に応じて増加します。

地域概要

北米は、予測期間中に市場を支配すると予想されます。癌の負担の増加、大規模なアウトソーシング企業の存在、および地域での研究開発の増加などの要因は、市場の成長を牽引すると予想されます。北米地域では、COVID-19 の影響で癌に関連する臨床試験が中断または終了したため、COVID-19 の市場への影響はマイナスでした。米国では、Merck & Co. Inc. や Eli Lilly and Company などの一部のバイオ医薬品企業が、臨床試験の延期を発表しました。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

腫瘍学臨床試験市場の主要なキープレーヤーには、Novartis AG、Merck & Co Inc.、Bristol Myers Squibb company、F. Hoffmann-La Roche Ltd、Pfizer Inc.などがあります。この調査には、腫瘍学臨床試験市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/oncology-clinical-trials-market/114020

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。