配色:                          文字サイズ: 

【LeapMind株式会社】 LeapMind、9月16日PALTEK開催ウェビナーに登壇




LeapMind、9月16日PALTEK開催ウェビナーに登壇



……………………………………………………………………………………………






エッジAIのスタンダードを創るLeapMind株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:松田総一)は、株式会社PALTEKが10月7日(木)に主催するウェビナー「<<イノベーションを加速する!>> Xilinx Kria K26 SOMパートナーソリューション」(参加無料、事前登録制)に、当社の田中隆治(Efficiera事業部)が「Efficiera(R)[1] ディープラーニングアクセラレータのXilinx(R)Kiria(TM) Vision KITへの搭載」と題して登壇すると発表しました。開催概要ならびに参加ご登録は、こちらをご参照ください。

本ウェビナーは、Xilinx Kria K26 SOMに関連する各種ソリューションを、PALTEKのパートナー各社がご紹介するものです。LeapMindは、省電力・低コストアプリケーションでのディープラーニング技術の実用化を目指した極小量子化技術と、超低消費電力AI推論アクセラレータIP「Efficiera」(エフィシエラ)を開発しています。本セミナーでは、数十枚の正常データのみで学習が可能な異常検知 AI と、その異常検知 AI の学習から推論までの実行をSoC FPGA搭載エッジデバイスで実現する、Efficieraの活用事例をご紹介します。

ウェビナー開催概要


日時: 2021年10月7日(木)、14:00〜16:00(Zoomによるオンライン開催)
参加ご登録: https://www.paltek.co.jp/techblog/seminar/211007-01


###

LeapMindについて
2012年に創業したLeapMind(東京都渋谷区、代表取締役CEO:松田総一)は、「機械学習を使った新たなデバイスを、あまねく世に広める」を企業理念に、ディープラーニングをコンパクト化する極小量子化技術に強みを持ち、コンシューマエレクトロニクスや自動車産業など製造業中心に、150社を超える採用実績があります。また、次世代の情報端末を実現するためのキーテクノロジーを提供するために、その実現に必要なソフトウェアとハードウェア両面の開発に取り組んでいます。LeapMindの事業は高く評価されており、累計調達額は49.9億円に達しています(2021年5月現在)。詳細はこちらをご参照ください(https://leapmind.io/)。

本社:〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-1 渋谷道玄坂スカイビル 3F
代表者:代表取締役CEO 松田 総一
設立:2012年12月
URL:https://leapmind.io
* 社名、ロゴはLeapMind株式会社の登録商標です。