配色:                          文字サイズ: 

タンパク質合成の特許技術で世界に進出! 食と医療の課題解決に挑むバイオベンチャー『NUProtein』、イークラウドを通じた資金調達を9月22日に開始




タンパク質合成の特許技術で世界に進出! 食と医療の課題解決に挑むバイオベンチャー『NUProtein』、イークラウドを通じた資金調達を9月22日に開始

〜タンパク質製造コストを3,000分の1にする日本発の独自技術で、培養肉・再生医療の産業化を加速〜

……………………………………………………………………………………………

株式投資型クラウドファンディングサービスを行うイークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦、以下「イークラウド」)」は、第8号案件「NUProtein」の事前開示を開始しました。9月22日(水) 19時半より投資申込みの受付を開始いたします。(詳細: https://ecrowd.co.jp/projects/8 )

イークラウドは、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える「株式投資型クラウドファンディング」を提供しています。9月22日より8号案件「タンパク質合成の特許技術で世界に進出!食と医療の課題解決に挑むバイオベンチャー『NUProtein』」へのお申込みの受付を開始いたします。

第8号案件の募集概要


会社名 NUProtein株式会社
事業概要 無細胞タンパク質合成試薬キットの製造・販売
募集予定期間 開始:2021年9月22日(水) 〜 終了:2021年10月1日(水)
目標募集額 2,964万円(上限募集額:9,500万円)資金使途 人件費、研究開発費


「NUProtein」とは
NUProtein(エヌユープロテイン)は、食と医療の両分野に向けてタンパク質合成を安く、早く、安全に大量生産する技術を提供するベンチャーです。

「NUProtein」の3つの注目ポイント


人工培養肉製造や再生医療に不可欠なタンパク質を、従来の3,000分の1のコストで製造可能に
米国・欧州の大手代替肉企業や国内外の製粉メーカー、世界最大級の試薬商社等とも提携済み
パナソニックで知財開発とCVCを経験してきた起業家が、名古屋大学発の技術を世界に展開


【1】人工培養肉製造や再生医療に不可欠なタンパク質を、従来の3,000分の1のコストで製造可能に
爆発的な人口増加を背景に食肉の消費量増大・食糧危機が予測される中、この問題を解決する手段の一つとして人工肉・培養肉の開発がめざましく進歩しています。培養肉とは家畜の細胞を体外で組織培養したもので、牛肉の10倍以上とも言われる高い資源効率を持ち、環境負荷が98%削減できるとの試算もあります。アメリカでは、培養肉メーカーが2020年の1年間だけで累計約3,400億円(31億米ドル)もの投資を受けるなど、期待と注目の集まる技術領域です。
※Energy and protein feed-to-food conversion efficiencies in the US and potential food security gains from dietary changesおよび、Environmental Impacts of Cultured Meat Productionより

培養肉をはじめとする人工タンパク質の合成技術には、細胞を作る特殊な細胞である幹細胞と、細胞の増殖や分化を促進する成長因子という特殊なタンパク質が必要です。




成長因子は従来、1グラムあたり数億〜数十億円にもなる場合もあり、タンパク質合成技術のボトルネックとなっていました。




NUProteinは成長因子の原材料に関わるコスト削減、タンパク質合成量を増大させる特許技術、細胞増殖を活性化させる独自技術により、培養肉の製造コストを計算上 従来の3,000分の1に抑える技術を提供します。




NUProteinはこの技術により、食糧資源の保護、サスティナブルな食料供給システムの実現に寄与します。また医療分野に関しても経口ワクチン、再生医療製品、細胞医療製品への活用が期待され、ひいては地域間医療格差の低減への寄与を目指します。

【2】米国・欧州の大手代替肉企業や国内外の製粉メーカー、世界最大級の試薬商社等とも提携済み



NUProteinはこれまで、研究機関に向けた試薬販売事業、食品・再生医療メーカー向けに成長因子を提供する事業を展開してきました。 世界最大級の試薬商社であるメルク社の子会社であるシグマアルドリッチ社、国内のフナコシ社などを通じて国内外の研究機関に提供し、食品企業では日本の大手食肉メーカー、米国や欧州の複数の培養肉・植物由来肉メーカーに向け、成長因子のサンプル提供を行っています。

今後は海外市場に進出し、まずは大手の食品メーカーをターゲットに培養肉の大量製造を行うためのタンパク質合成原料の販売事業に注力していきます。2030年には14兆円規模*の産業となる植物由来肉・培養肉のマーケットを入り口に、広く海外に顧客を集める挑戦のため、今回株式投資型クラウドファンディングを通じた資金調達に挑戦します。
※バークレイ投資銀行 “Alternative meat_Barclays Invetment Bank”より

【3】パナソニックで知財開発とCVCを経験してきた起業家が、名古屋大学発の技術を世界に展開



NUProtein代表取締役の南賢尚氏は、パナソニック株式会社における30年間の研究開発および100を超える知財開発、10年間の米国駐在中にはCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)としてコーポレートベンチャー投資、インキュベーション業務の経験経験をもつ起業家です。名古屋大学の特任講師に着任後、名古屋大学発のベンチャーとしてNUProtein株式会社を創業しました。

NUProtein社としては、経済産業省 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)への採択や世界最大のピッチコンテスト「Unicorn Battle ASIA」 で準優勝をおさめるなど、多数の賞やアクセラレーションプログラムに採択されています。

「NUProtein」南社長が投資家の疑問に答えます



募集開始前の9月16日(木)〜9月18日(土)午後0時までの期間に、8号案件の募集ページにて「NUProtein」南代表へのご質問を受付いたします。
投資家の皆さまからいただいたご質問に南代表がお答えする動画を、9月21日(火)午後0時までにイークラウドの募集ページ( https://ecrowd.co.jp/projects/8 )へ掲載いたします。

事業内容や戦略、資金調達などに関するご質問がございましたら、この機会にぜひご質問ください。
※ ご質問の内容によってはお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

9.5万円から「NUProtein」の株主になれる、株式投資型クラウドファンディングとは?



イークラウドは、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える仕組み「株式投資型クラウドファンディング」を提供しています。
これまで個人投資家が非上場のベンチャー企業に投資できる機会は極めて限定的で、エンジェル投資家と呼ばれる一部の経営者や資産家しか投資を行うことはできませんでしたが、「株式投資型クラウドファンディング」の仕組みにより、個人投資家がベンチャー企業へ投資を行うことが可能になりました。




※本報道発表文は、イークラウドの第8号案件の決定およびイベントの開催を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

◆ イークラウド株式会社の概要


商号:イークラウド株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3181号
加入協会:日本証券業協会
本社所在地:〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル3階
代表取締役:波多江直彦
サービスサイト:https://ecrowd.co.jp/
コーポレートサイト: https://corp.ecrowd.co.jp/

◆ NUProtein株式会社の概要


商号:NUProtein株式会社
本社所在地:〒770-0942 徳島市昭和町3-20
代表取締役・BiO:南 賢尚サービスサイト:http://nuprotein.jp/ja/