配色:                          文字サイズ: 

超広帯域技術市場-アプリケーション別(RTLS、イメージング、通信、その他);およびエンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年




超広帯域技術市場-アプリケーション別(RTLS、イメージング、通信、その他);およびエンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年



……………………………………………………………………………………………

Research Nester Private Limitedは調査レポート「超広帯域技術市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 15日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3321

過去数年以来、モバイルネットワーキングやワイヤレスセンサーネットワークを介したデータ収集などの新しいアプリケーションの数が増加しているため、ワイヤレス広帯域通信システムの必要性が大幅に高まっています。さらに、市場の成長を促進すると予想される主な要因には、自動化におけるRTLSアプリケーションでの超広帯域技術に対する需要の高まり、スマートフォンの普及の拡大、および産業用モノのインターネット(IIoT)の採用の増加が含まれます。

GSMAから収集されたデータによると、先進国と発展途上国でのスマートフォンの推定採用率は、それぞれ80%と82%です。さらに、ワイヤレスセンサーネットワークにおけるUWBテクノロジーの新しいアプリケーション分野での進歩の拡大、モバイルデバイスへのテクノロジーの展開の増加により、今後数年間でUWBテクノロジーの範囲が拡大すると予想されます。また、近い将来に超広帯域技術の市場成長を押し上げるもう1つの重要な要因は、資産を正確に追跡する能力です。

アジア太平洋地域の市場は、この地域に複数の超広帯域テクノロジー企業の存在、ヘルスケアや小売などのさまざまなセクターでこれらのテクノロジーの採用率の急速な高まりにより、予測期間中に最も高いのCAGRで成長すると予測されています。さらに、市場はまた、この地域の住宅用と産業用の両方のアプリケーションで、屋内位置追跡装置に実装するための需要の高まりに起因して、予測期間中に成長すると予想されます。

さらに、2030年には、ヘルスケア、自動車などのさまざまな分野での自動化の増加傾向を背景に、北米の市場が注目に値するシェアを獲得すると予測されています。Association of Advancing Automationの分析によると、ライフサイエンスにおける自動化機械の必要性は69%、食品および消費財では56%、プラスチックおよびゴム産業では51%、自動車産業では2020年に39%増加しました。

さらに、北米、特に米国の家電、ヘルスケア、製造業などの分野でこの技術が早期に採用されることも、この地域の超広帯域技術市場の成長につながると予測されています。




調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/ultra-wideband-technology-market/3321

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。


世界の超広帯域技術市場は、2022-2030年の予測期間中に高いCAGRで成長すると推定されています。
超広帯域技術市場は、アプリケーション別(RTLS、イメージング、通信、その他);およびエンドユーザー別(ヘルスケア、家庭用電化製品、製造、小売、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
超広帯域技術市場における業界のリーダーはAlereon, Inc.、DecaWave Limited (Qorvo Inc.)、Humatics Corporation、Pulse~LINK, Inc、BeSpoon、Zebra Technologies Corporation、NXP Semiconductors N.V.、Texas Instruments Incorporated、Johanson Technology Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
超広帯域技術市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

超広帯域技術市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

1. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)

2. 北米(米国およびカナダ)

3. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

4. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

5. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3321

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com

【調査レポートの詳細内容について】https://www.researchnester.com/reports/ultra-wideband-technology-market/3321