配色:                          文字サイズ: 

十勝に冷燻の工房が新たに誕生。魔法のマヨネーズを全国へ

商品の販売に向けて準備を進めています。現在は、中札内村と連携し取り組んでいる、ふるさと納税クラウドファンディング「日本を代表する一流シェフがその食技術を北海道・十勝へ!人口3,900人の小さな村の大きな挑戦」(https://www.furusato-tax.jp/gcf/1284)にて返礼品として提供しています。

コロナ禍の物産展に代わる特産品ブランド推進とは?自治体・商工会議所向け「オンライン×食」のファンづくりを考えるセミナーを開催

キッチハイクは、これまで60以上の自治体、地域事業者様と、特産品がおうちに届くオンラインイベント「ふるさと食体験」を開催してきました。withコロナ時代での参加者は2000人以上。うち99%が「現地に行きたい」というアンケート回答や、実際に特産品をオンラインで購入する 、ふるさと納税をする参加者が現れており、次世代の物産展の形としても注目いただいています。

【シフトプラス株式会社】 岐阜県可児市の確定申告予約システムを「rTAXr<アールタックス>」で提供開始

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に広がっており、税務関連部署をはじめとする各自治体関係者の重要性が一段と増しています。この状況を受け、ふるさと納税の管理システム等で自治体様との関わりも大きい弊社では、この大きな局面を自治体のみなさまとともに乗り越えるため、全社を挙げてサポートに取り組んでまいります。

アイモバイル、国内最大級のアドネットワーク「i-mobile Ad Network」において、リーフワークスの運営するアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」との提携を開始

アイモバイルは、『ひとの未来に貢献する”マーケティングを』というビジョンを実現するために、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」と、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【FLN】 地元民に対して魅力ある情報を発信!地域情報サイト「まいぷれ旭川・富良野」グランドオープン

地域情報サイト「まいぷれ」とは、「ちょっとがんばれば自転車でまわれちゃう、そんな小さなまちの情報をお届けします。」をキャッチフレーズに掲げ、地域のユニークな情報(イベント・市民活動・店舗など)を地域で生活する人に向けて届ける地域密着型ポータルサイトです。月間PV数818万PV(2020年9月)を誇り、地域の情報を知りたい生活者が繰り返し閲覧しています。2021年8月1日現在、全国291サイト・620市区町村で展開しており、それぞれのエリア特有の魅力や個性を発揮するため、136社の運営パートナー会社が地元編集部となり、地域密着で運営しています。また、「まいぷれ」のプラットフォームを活用した課題解決施策として、全国33市区町村でのふるさと納税業務支援や、8エリアでの地域ポイントサービス運営をはじめ、全国111の地方自治体との協業実績があります。

【株式会社光文社】 雑誌『Mart』×離島イベント「アイランダー2020」コラボレーション企画! 日本全国の離島グルメ食材を使った絶品レシピを大紹介!

第1回は平成6年に開催。今年で28 回目を迎える「アイランダー2020」ですが、コロナの影響もあり、今回は令和2年11 月20 日〜29 日の期間、オンラインで開催予定。参加する島のオンライン交流(移住・定住セミナー、ワークショップ、離島留学説明会など)企画にZOOMで参加ができます。また、ふるさと納税を通じた「島のマルシェ」も人気のコンテンツ。

【シャープ】 『マスク生産2億枚達成記念!春の生活応援キャンペーン』を開始

この間、女性や小学生高学年以上のお子様を対象とした「小さめサイズ」の追加や、1日1枚の日常的なご利用と買い忘れの予防を想定した「定期便サービス」、三重県多気町のふるさと納税の返礼品への採用、企業・団体などでのご利用を想定した「大口注文」など、お客様のニーズに合わせてマスクの提供拡大を図ってまいりました。今後も、高品質な国産マスクの提供を通じて社会に貢献できますよう、引き続き努めてまいります。

【株式会社TPO】 2,000名のオフィスワーカーから寄せられた、20,000件の相談内容を元に「ニューノーマル時代のワークライフ変化」について実態調査結果を発表

資産形成の相談では、コロナ前はふるさと納税、資産運用や相続税の問題、保険加入を目的としたFPや専門家を紹介してほしいといったご相談が多く見られましたが、コロナ後は従来の資金計画や生活を見直すべくFPや専門家を紹介してほしいといったご相談が増えています。残業代を見込んでの資金計画を立てている会社員も多く、ライフプランの効率化を検討している人も見受けられます。

コロナ禍だからこそローカルへの関心を高め、人口流出を防ぐ。新見市の魅力ある地域情報を発信する「まいぷれ新見市」オープン!

「まいぷれ」は、地域に密着した情報を地域住民の方々にお届けすることがコンセプトの地域情報サイトです。「まいぷれ新見市(https://niimi.mypl.net/)」がオープンする岡山県新見市は、岡山県北西部に位置する人口約3万人の地域です。地元企業である田中実業株式会社が編集部を担い、地域密着の体制を強みに、新見市の魅力ある情報の発掘・発信を実施してまいります。また、「まいぷれ新見市」は新見市のふるさと納税事務局も担っており、返礼品の開拓やPRを行うことで、地域のプロモーションや地場産業振興にも貢献します。

【NAVICUS】 大喜利アプリ『ボケて(bokete)』のプロデューサー・イセオサム氏が 株式会社NAVICUSの社外取締役に就任

2009年に株式会社オウケイウェイヴに入社。Q&Aサイト“OKWAVE”のマーケティング本部マネージャーとして、ソーシャルメディアを中心としたプロモーション戦略を展開。2015年より、株式会社ディー・エヌ・エーにて、アプリゲームユーザー向けのコミュニティ・マネージメント戦略立案、SNSを起点としたプロモーション施策実行を担う。2017年から株式会社トラストバンクに入社し、No.1ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のマーケティング戦略、プロモーション企画、市場分析等を管轄。その後、2018年7月、SNSマーケティングコンサルを行う、株式会社NAVICUS設立。

【自治体向け】まちの中と外をつなぐ関係人口創出事業 オンライン/オフライン併用型イベント「LOCAL TALK」サービス開始

移住定住、UIターン、観光振興、ふるさと納税。地域自治体の皆さまが取り組まれてきた施策の多くが、COVID-19のコロナ禍で一変したように思います。LOCAL TALKは、WITHコロナ時代に適した形で「関係人口を創出」するサービスです。

ふるなび限定で銀座の名店「Furutoshi」の新しいコースが返礼品として登場!

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場 )が運営するふるさと納税サイト「ふるなび」( https://furunavi.jp/ )で、地域の特産品をPRすることを目的として、都内近郊の有名飲食店で調理した特産品を楽しむことのできる、飲食体験型返礼品の寄附受付に、銀座「Furutoshi」の新しいコースが追加されました。

【ホビモ株式会社】 趣味やリモートワークの拠点を全国定額で利用できるサブスク型賃貸サービス、“ホビモ”を 2021年4月開始

今後、ホビモでは趣味に使うギヤ(サーフボード・スノーボード・SUP・釣り道具など)を定額で使えるプランを予定。手ぶらでサーフィン・SUP・手ぶらでスノーボード・手ぶらで釣りなど、趣味をもっと手軽に楽しめるサービスにしていきます。また、「ふるさと納税のようなポイントサイトの運営」、「移住体験・文化交流・文化体験のイベントの開催」、「アスリート・地域のおすすめスポットなどの発信WEBマガジンサイトの立ち上げ」、「中規模・大規模施設のリモートオフィス・シェアオフィスの運営」などのサービス展開を予定しています。

【JR東日本ホテルズ】 メトロポリタンホテルズの味をご自宅で!第2弾 ECサイト「JRE MALL」に、新商品が続々登場!

2018年3月よりJR東日本とJR東日本ネットステーションが共同運営するECサイト。ネット販売、エキナカ商品の事前注文およびふるさと納税受付サイト等を提供しています。2021年6月1日現在で、130のショップが出店し、順次ショップを拡大。JRE MALLで商品等を購入すると、JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」が100円(税抜)※につき1ポイント貯まり、1ポイント(=1円相当)単位でお買い物にご利用いただけます。※軽減税率適用の有無にかかわらず、お買い上げ金額から8%分を差し引いて税抜金額相当といたします。

【レッドホースコーポレーション株式会社】 今年はおうちクリスマス♪海外本場のお菓子やワインで、スペシャルな時間を楽しもう!国内・海外のお土産通販ギフトランドは、おうちで楽しむ特別なクリスマスをご提案。

海外・国内のおみやげや旅行用品の販売を1964年より手掛けるトラベルギフト事業、ふるさと納税制度における地方自治体への各種サポートを行なう地域活性化事業を主軸とし、エデュテイメント事業・ウェルネス事業等を総合的に手掛ける企業です。これまで様々な分野において培ってきたノウハウを元に、新たな市場の創造を目指して参ります。

【株式会社JTBパブリッシング】 新宿駅徒歩3分 『るるぶキッチンビルヂング』 で北海道釧路町を満喫!「酒処 何方此方×釧路町」 8月1日(日)から特集フェア実施!〜新鮮な海産物などを使用したオリジナルメニューを提供〜

『るるぶキッチン』は、定期的に「地域」や「食材」を変えながら、全国各地の産品を活かしたメニューを開発する「特集フェアメニュー」が特徴です。今回は釧路町のふるさと納税返礼品でも人気の海産物に注目し、現地から仕入れた食材を使ったオリジナルメニューを3品提供します。また、おみやげとして人気の加工品や調味料などの商品販売も合わせて実施し、釧路町の食の魅力を発信していきます。

夏を楽しもう!コロナに負けるな!産直サービス『OWL(アウル)』は「おうち縁日」で、家族や友達との楽しい夏時間を提案

海外・国内のおみやげや旅行用品の販売を1964年より手掛けるトラベルギフト事業、ふるさと納税制度における地方自治体への各種サポートを行なう地域活性化事業を主軸とし、エデュテイメント事業・ウェルネス事業等を総合的に手掛ける企業です。これまで様々な分野において培ってきたノウハウを元に、新たな市場の創造を目指して参ります。

群馬県沼田市とトラストバンク、デジタル地域通貨「tengoo(てんぐー)」による、住民票など交付請求にかかる窓口手数料のキャッシュレス支払いを開始

2012年4月設立。同年9月ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。月間最大2億PV超(2020年12月)、契約自治体1,570自治体超(2020年10月)、お礼の品登録数30万点超(2020年10月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月「ガバメントクラウドファンディング(R) (GCF(R))」を開始。 2014年9月「災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国自治体に無償でサービスを提供。2018年11月に東証一部上場企業「株式会社チェンジ」のグループ会社となる。2018年から地域の経済循環を促すため、地域独自通貨の発行や管理などのプラットフォーム「地域通貨」、電力の地産地消を目指す「電力」、自治体業務支援「パブリテック」などの新事業を展開。

株式会社アイモバイル、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)に入会

「この度は経団連への加入を大変嬉しく思います。当社は、地域の発展に貢献するふるさと納税サービス「ふるなび」とインターネット広告を提供するデジタルマーケティング企業として、人々の生活に貢献できる企業を目指しております。今後は経団連会員企業としての社会的責任を遂行するとともに、会員企業の皆さまからのお知恵をお借りしながら、市場を牽引し、引き続き多くの人が満足するサービス提供の実現に尽力してまいります。」

みらいワークス、富岡市、しののめ信金と「副業人材活用事業」を推進

本プロジェクトは、信用金庫の中央団体である信金中央金庫が創立70周年を記念して事業化した地域創生推進スキームによるふるさと納税を活用し、富岡市、株式会社みらいワークス、しののめ信用金庫の三者が連携して、副業人材の活用を通じて富岡市内の事業者の課題解決にあたる取組みとなります。当金庫は、企業理念「愛本位主義」と経営方針「価値創造金庫」に基づき、お客様に価値を創造・提供することによって、お客様の事業の価値や生活の質が向上し、さらに最終的には、地域全体の価値が向上する、こうした価値の連鎖、価値の相乗を目指しています。このように理念や経営方針の具現化に取り組んできた矢先、新型コロナウイルス感染拡大というかつてない重大な事象が発生しました。コロナ禍は、コロナ前からあった変化を加速度的に進行させ課題を深刻化させており、地域に生きる私たちは変革を迫られています。本プロジェクトにより都市部の優秀かつ専門的

【株式会社nation】 木曽福島スキー場の’Shumatsu BISTRO SISI’に、木曽町の友好都市、松浦市(長崎)、福島町(北海道)、みよし市(愛知)、湖西市(静岡)の特産品が勢ぞろい!

伸東養魚のヒラメは「しずおか農林水産物認証制度」にて認証され、湖西市のふるさと納税の返礼品にも選ばれています。自然豊かな浜名湖畔で養殖したヒラメを、『津本式究極の血抜き』で仕立てました。腐敗や臭いの原因となる血や内臓を完全に取り除かれ、魚本来の旨味を引き出したヒラメを、味わうことができます。

【株式会社ローカル】社名変更及びオフィス移転のお知らせ(旧:株式会社コムセンス)

当社は熊本の柑橘類や農産品、農産加工品のインターネット通販やふるさと納税運営サポート事業などの地方創生マーケティング事業を展開しております。地域密着型を掲げ、2009年にECサイト「くまもと風土」を開設以降、「生産者と消費者を結ぶ良き架け橋」をモットーに、全国に熊本の食をお届けするために走り続けてきました。現在では楽天市場やヤフーなど、17のネット通販サイトに出店しており年間150万件以上のお客様に商品をお届けしております。楽天市場からは、運営実績が優秀なECサイトに送られる賞「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー(肉・野菜・フルーツ部門)」を2015年から5年連続で受賞させていただきました。

【株式会社ポチくる】 <売り手、買い手、社会>三方よしのビジネスモデルを構築する「ポチくる」株式投資型クラウドファンディングを開始

「ポチくる」のキャッシュポイントは、ゲーム中に表示されるアプリ広告の収益とアイテム課金です。これらの売り上げから仕入れ費用、送料、人件費を引いたものが弊社の利益となり、ユーザーに提供する商品の利益率は50%程度と高利益です。(弊社はAIによる広告収益予想でユーザーへのポイント付与数を最適化しています。)また、動画やSNS広告とふるさと納税返礼品同封チラシで、オンライン/オフライン両軸のプロモーションを展開します。ゲームプレイという「遊び」と結びつけることで、楽しみながら地方創生に参加して生産者を支援することができます。成長市場であるハイパーカジュアルゲームの利益を還元し、地方創生につなげるのが「ポチくる」の取り組みです。このビジネスモデルの仕組みは弊社が特許を申請しており、取得できれば他社の参入障壁にもなります。

フューチャーリンクネットワーク、千葉県富津市「旧金谷小学校の利活用事業」の優先交渉権者に決定

一方で、FLNは2000年3月に地域活性化を目的に創業し、20年間「まいぷれ」という地域情報プラットフォームを全国で運営してまいりました。また、富津市においては2016年9月からふるさと納税の業務支援を受託しており、地元のパートナー企業(有限会社ちばマガジン)とともに市内約100の返礼品提供事業者のふるさと納税への参画支援を行っております。今回、これらの実績や運営ノウハウを活かして、旧金谷小学校を地域情報発信拠点とし、市民向け無料開放と収益事業を両立させた20年続く事業をご提案いたしました。

「第9回みんなの観光サミット」6月29日(火)・テーマ「新しい自治体観光サービス」/登壇自治体・DMO募集中!

新しい観光を再定義するトラベルテックカンパニー・エスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、 以下当社)は、2021年6月29日(火)に「新しい自治体観光サービス」をテーマとする無料ウェビナー「第9回みんなの観光サミット」を開催します。ただいま、当日プレゼンをしたい自治体・観光協会・DMOを募集しています。オンライン観光・ECサービス・ふるさと納税など、ユニークな地域ならではの観光サービスを広くプレゼンしたい方は、みんなの観光サミットに登壇してみませんか。