配色:                          文字サイズ: 

コンタクトレンズECのパレンテ がファッション・美容を学ぶ女子学生とコラボ! パレンテ×BLEA学園「カラコン開発部」が10/16スタート!!

多くのお客様に支えられ、楽天ショップオブザイヤー受賞をはじめ、多くの賞を受賞してきました。イメージ戦略においても優木まおみさんとのイメージキャラクター契約、そしてB.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム 千葉ジェッツとのオフィシャルパートナー契約や所属選手とのアイケアサプライヤー契約など、先進のEC戦略やイメージ戦略を展開しています。

【株式会社Queue】 Queue がオフィシャルトップパートナーを務める TOKYO CITY F.C. が東京都社会人サッカーリーグ2部で優勝、昇格が決定しました

株式会社Queue(本社:東京都渋谷区、代表:柴田直人、以下「当社」)がオフィシャルパートナーを務めるTOKYO CITY F.C.(運営:株式会社PLAYNEW、本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山内 一樹、以下「同チーム」)が東京都社会人サッカーリーグ2部で優勝、1部への昇格が決定しました。

【人財不足の北海道、東北の復興・成長支援事業】ツナグ・ソリューションズがプロバレーボールチーム『ヴォレアス北海道』と連携し北海道の人財採用・育成事業をスタート

VOREAS社は「未だ見ぬ熱狂と誇りの共創」をミッションに掲げ、単なるバレーボールのトップチームを目指すだけではなく、関わる全ての皆様と共にスポーツを媒介にして“未来”を創造する事を目的としております。くりや社は、企業・自治体への成長サポート業務を行う中でVOREAS社の可能性に着眼し、オフィシャルパートナーとして支援を開始しました。同時に、ツナグ社に対しては業務提携を通じて、北海道の人手不足解決に向けた戦略策定を行ってきました。

サッカー日本代表と日本中のファン・サポーターが“応援の力”でつながった!「KIRIN presents サッカー日本代表吉田麻也リモートトークライブ」を実施

 サッカー日本代表オフィシャルパートナーのキリンホールディングス株式会社 (社長 磯崎功典、以下 キリン)は、6月29日(月)に、「KIRIN presents サッカー日本代表吉田麻也リモートトークライブ 〜応援について語ろう〜」と称し、抽選で当選した 100 名のファン・サポーターと、イタリアにいるサッカー日本代表キャプテン吉田麻也選手とリモートでつなぎ、応援の力について語り合うトークライブを開催しました。当日のトークライブの様子は、公式サイトにて7月8日(水)より配信予定です。

【レディオブック株式会社】 RADIOBOOKがスクーデリア・フェラーリと契約更新が決定

ブランディングやリユース事業を手掛けるレディオブック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:板垣雄吾、以下 当社)は2021年度のF1世界選手権に向け、スクーデリア・フェラーリとのオフィシャルパートナーシップ契約を締結致しましたことをお知らせいたします。昨年から当社のロゴがオーストリアGP、イタリアGP、アブダビGPでマシンに掲載されておりますが、引き続き今年も継続して掲載されます。

これからのスポーツビジネスを盛り上げたい! 20代から50代まで「 ぴあスポーツビジネスプログラム 」受講生決定 & オンライン初顔合わせ交流会開催

そしていよいよ本交流会の主役である受講生の自己紹介。スポーツビジネスとはまったく関係のないIT企業で働いている社会人、スポーツに関する学問を勉強中の大学生、プロスポーツ団体の社員など、さまなまなバックグラウンドに皆興味深々。中には本プログラムのオフィシャルパートナー企業の社員や孫がいるという世代の受講生も。

【琉球ゴールデンキングス】沖縄ファミリーマート限定!オリオンビール「琉球ゴールデンキングス デザイン缶」発売!

 沖縄ファミリーマートとオリオンビールは、バスケットボールBリーグ「琉球ゴールデンキングス」オフィシャルパートナー として、チームロゴを使用したオリオンドラフトビールとオリオンサザンスターのオリジナルデザイン缶を、2020年10月2日(金)より沖縄県内ファミリーマート各店で数量限定にて発売いたします。

【株式会社ブロックチェーンハブ】 ふくおかフィナンシャルグループ・北海道銀行・岩手銀行・七十七銀行・沖縄銀行主催 X-Tech Innovation2020 に協賛

本コンテストの主催企業の1社である株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下「ふくおかFG」)傘下の福岡銀行が運営するコワーキングスペース「DIAGONAL RUN TOKYO」(東京都中央区)に弊社はオフィシャルパートナーとして本年6月に参画しています。そして、このたび弊社は、ふくおかFGとの更なる連携強化、ならびに、本邦のアントレプレナーシップ発展の支援を目的として、本コンテストに協賛いたします。