配色:                          文字サイズ: 

【DIOR】サマー 2022 メンズ コレクションのショーに世界中のセレブリティが参加

6月25日に開催された、トラヴィス・スコットとのコラボレーションによるディオール 2022 メンズ コレクションのショーを、世界中のセレブリティが観覧しました。トラヴィス・スコット本人はもちろん、ロバート・パティンソンやオ・セフン、ベラ・ハディッドやケイト・モスなど豪華な顔ぶれが揃いました。

【DIOR】 新作「Atlas(アトラス)」サンダルが発売中

サマー 2021 メンズ コレクションの新作ラインとして、キム・ジョーンズは、イノベーションと比類なきサヴォワールフェールを融合させた「Atlas」サンダルをデザインしました。この新作は、「ディオール オブリーク」キャンバスにブラックスエードまたはベージュスエードを、ブラックネオプレンにカーキスエードを組み合わせた、3つのモデルで展開。いずれもソールには編み上げロープを採用し、サイドを飾るメッシュがオープンワークの繊細なタッチを添えています。“DIOR”シグネチャーと“CD”アイコンのロゴが、ブランドのこだわりを映し出し、ディオールならではのエレガンスを演出。キム・ジョーンズが愛してやまない日本にインスピレーションを得たこのシューズは、「ディオール オブリーク」ソックスとコーディネートすることで、ウルトラモダンな仕上がりに。現代的なクリエイションが際立つこの新作サンダルは、まさに真のファッ

【DIOR】上海・龍美術館西岸館にてフォール 2021 コレクションのショーを開催

マリア・グラツィア・キウリにとって、上海・龍美術館西岸館にてフォール2021コレクションを披露することは、メゾンのクリエイティビティと、世界文化の力を讃え、作品に動きのある視覚的な力と新しいエネルギーを吹き込む絶好の機会でした。鮮やかに彩られ、透き通り、シャイニー&シルバーに輝くルックは、ポップな美学へのオマージュ。ミラーディスクのような大きなスパンコールが装飾された刺繍は、ショーセットの中で新しいコレクションを照らすミラーボールと呼応しています。キャットウォークを飾るレオパードプリントはアイコニックな「バー」ジャケットを含むさまざまなピースに登場します。ムッシュ ディオールが「生命の色」と称した赤をはじめ、それぞれに異なるネオンカラーを配したエクスクルーシブなルックも、ジョルジオモロダーによってアレンジされた音楽に解き放たれ、コレクションを彩りました。歌手のジョイ・ヨンと中国のロックグル

【DIOR】世界中のセレブリティがウィンター2021-2022 メンズコレクションを視聴

1月22日(金)日本時間22:00、ディオールは公式サイト上でウィンター2021-2022 メンズコレクションを発表。カイランド・モリスやケイト・モス、ライラ・モスといったセレブリティが最新のコレクションを身にまとい、ショーを視聴しました。ショー直前のセレブリティたちのコメントはこちらからご覧いただけます。

【DIOR】 マイクロバッグを世界中のセレブリティが愛用中

美しい曲線が印象的なメゾンのバッグをミニチュアサイズで再解釈した新作「マイクロバッグ」をBLACKPINKのジス、キアラ・フェラーニ、アンジェラベイビー、ぺ・スジなど、世界中のセレブリティが愛用中。日本でも、アンバサダーのCocomiがいち早くスタイリングに取り入れています。「レディ ディオール」と「30 モンテーニュ」、「ディオール カロ」と「サドル」といったファッションステートメントはスタイリングに現代的で大胆なタッチを加え、自由へといざないます。マイクロバッグは、全国のディオールブティック*および、公式オンラインブティックにて発売中です。

「萬波ユカ」を「株式会社ツインプラネット」がプロデュース!世界的に活躍するファッション界のミューズ 日本での本格的始動に向け新しい分野への活動に挑む

2015年のモデルデビュー後すぐ「FENDI」から声がかかりミラノショーで世界デビュー。ミラノのショーでは「FENDI」 独占出演、続いてモデルデビュー2ヶ月にして「パリコレクション」デビュー。新人にして世界トップモデルに。翌年からは「ミラノコレクション」、「ニューヨークコレクション」、「東京コレクション」など5大コレクションをはじめ、ファッションの最高峰「CHANEL」への出演。「Chloe(クロエ)」、「 Dolce&Gabbana (ドルチェアンドガッパーナ)」、「 MOSCHINO, (モスキーノ)」、「DIOR(ディオール)」などのショーへ出演を果たしている。

【STRAYM ART AND CULTURE INC.】 DIORとのコラボで更に注目されているアメリカポップアート界のパイオニア『Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)』の新たな作品の共同オーナー権を来週7月27日(火)19時30分から販売開始!

ストレイム アート アンド カルチャー株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:長崎幹広)は、アート作品の共同保有プラットフォーム 「STRAYM (ストレイム)」で、DIOR(ディオール)とのコラボで更に注目され、弊社サービス内でも人気が高く、アメリカポップアート界のパイオニアであり巨匠と言われている現代アーティスト「Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)」作品の新たな共同オーナー権を、来週7月27日(火)19時30分から販売開始することをお知らせいたします。

【株式会社講談社】 NiziU“歴史に残る可愛さ”でViVi史上初の2パターン表紙に! なんとパジャマ姿も初披露。ViVi1月号は11月18日発売!

ディオールやシャネル、イヴ・サンローランといったハイブランドから、ケイトやベイビーミー、トゥーフェイスドなど若い世代に大人気のブランドまで、バラエティも豊か。これはヘア&メイクアップアーティストや美容ライターなど美のプロだけではなく、ViViモデルやインフルエンサー、読者の人気も反映されているから。他では見られない韓国コスメ部門など、ViViならではのアイテムたちにご注目ください!

【DIOR】 フォール 2021 ウィメンズ コレクション:E-プレスキットのご案内

クリエイティブなプロセスの起点となったのは、クリスチャン・ディオールが1950年代にデザインした象徴的なレオパードプリントのトレンチ。彼のミューズのひとりで、忠実な協力者でもあったミッツァ・ブリカールが好んだレオパードのファーコートやアクセサリーから着想を得たものです。

【ディオール】 #DIORSTANDSWITHWOMEN#DIORCHINUP

メゾン ディオールは、#DIORSTANDSWITHWOMEN #DIORCHINUPのプロジェクトを通じ、シャーリーズ・セロンを始め、カーラ・デルヴィーニュ、マリア・カヴァッツァナ、ゴルシフテ・ファラハニ、キャロル・ビアンカラナ、リー・ビンビン、パメラ・ツリゾ、レイナ・ブルーム、パロマ・エルセッサー、ヤリッツァ・アパリシオ、パリス・ゲーベルといった現代を代表する素晴らしい女性たちと話らうショート フィルム仕立てのポートレート シリーズを発表いたします。

【STRAYM ART AND CULTURE INC.】 STRAYM(ストレイム )で人気の高いアーティスト「KAWS」&「空山基」作品の新たな共同オーナー権を来週4/27(火)19:30〜同時販売開始!アート作品の共同保有サービス「STRAYM」

世界的ロックバンド、エアロスミスの「Just Push Play」(2001)のアルバムカバーデザインを手掛けたことや「ディオール(DIOR)」や「ディズニー(DISNEY)」などのビッグブランドともコラボレーションし、テスラ社のCEO「イーロン・マスク」などを顧客にもつ。また、エアブラシを駆使した写実表現技法のゴッドファーザーとしても、世界中のクリエイターから尊敬を集めている。

【DIOR】 「#DiorTalks 」 クルーズ2022 コレクションで魅力的な歌を披露したアイオーナ・ギカ

心のバッテリーを充電するように、かけがえのない時間を提供するポッドキャストシリーズの『Dior Talks』。 “フェミニストアート”シリーズの最新作は、クルーズ2022コレクションにおいて魅力的なクリエイティブプロジェクトでメゾンと協力したアーティスト、シンガーソングライター兼パフォーマーのIonna Gika(アイオーナ・ギカ)。その世代では最も魅力的な声を持つ歌手の一人であり、ギリシャ出身のアメリカのスターは、伝統的なメロディーと現代的なサウンドを組み合わせ、音楽を通して文化を称えます。彼女の世界観のファンであるマリア・グラツィア・キウリは、アテネの記念碑的なパナシナイコスタジアム内で開催されたクルーズ 2022 コレクション ショーでパフォーマンスを依頼し、独創的で優雅な演出がなされました。作家で美術史家のケイティ・ヘッセルとの会話の中で、アイオーナ・ギカはディオールとのつながり、

【DIOR】2021-2022 秋冬 コレクションがプレローンチ

ファンタジーなおとぎ話の世界を取り上げたディオール2021-2022 秋冬 コレクションのキャンペーンビジュアルが公開されました。数々のシンボルが織りなすこの幻想的な世界は、新たな創造性を絶え間なく発揮することで既成概念に疑問を投げかけ、想像力の限界に挑みます。マリア・グラツィア・キウリがディオールのためにデザインしたルックは、過去の記憶と未来を組み合わせて生まれる変化を掛け合わせることで、自己肯定へと誘います。フォトグラファーのエリザベータ・ポロディナのレンズによって捉えられたモデルたちは神秘に包まれたシルエットの現代性を体現。一方で、「バー」ジャケットや「レディ ディオール」「ディオール ブックトート」といったメゾンのアイコンには美を表現する独特の対話を通して新たな解釈が加えられました。どこか抽象的な雰囲気を感じさせる、この一連のショットは、再解釈された「カナージュ」モチーフやレオパー

【DIOR】 2022 クルーズ ショーを開催

ディオールは クルーズ 2022 ショーを発表するにあたり、西洋文明とヨーロッパ芸術の起源である特別な地、アテネを選びました。神話の女神アテーナーに捧げられたこの都市で、マリア・グラツィア・キウリは、自身が手掛けたこれまでのクリエイションを再解釈し、ぺプロスといったメゾンのコードを再解釈しました。この精神に基づき、マリア・グラツィア・キウリはジョルジョ・デ・キリコの作品から、アレクサンドル・イオラスによる組み合ったレスリング選手を装飾した花瓶コレクションまで、独自に得た知見と詩情によって彩られた個性やイメージを基にギリシャの広大な地図を制作しています。アーティストのピエトロ・ルッフォによるスケッチでは巨大なそのシルエットが際立ち、スポーツウェアアイテムにカモフラージュされています。マレーネ・ディートリヒがかつて着用したスタイルを想起させる一連の白いパンツスーツは、クラシシズムと自由の絶妙な