配色:                          文字サイズ: 

【学校法人 大正大学】 大正大学・Tableau・Excellenceがデータサイエンス教育で産学連携

今日の世界的な危機で、各国や企業が現在起こっている変化や不確実性に対応するためデータの役割とデータドリブンの意思決定の価値が高まっています。その結果、今日の職場におけるデータサイエンティストなど、データスペシャリストの需要が加速しています。Tableauによりデータスキルを備えた次世代の人材が育成されると当社は確信しており、今回の協力によりこの取り組みが進み、将来、データリテラシーを備えた人材が日本の社会で活躍されることを期待しています。

【キユーピー】 2/4は世界対がんデー、食によるアプローチで予防の重要性を。論文『がんにおける食とマイクロRNAの関係性とその可能性』が国際学術誌Seminars in Cancer Biologyに掲載されます。

キユーピーは“食生活メーカー”として、人々の健康的な食生活と社会課題の解決を目指して、将来のがん発症リスクを予測・判定する技術の開発、およびその実現に向けた研究を、より一層加速させていきます。

ヘモメーター市場ーテストの種類別(ラボテストおよびヘモメーターPOC)、アプリケーション別(貧血、糖尿病、感染、血液管理など)、および地域別- 「世界予測ー2025年」

ヘモメーターPOCセグメントは、予測期間中に7%以上のCAGRで成長すると予想されます。近年の技術進歩の高まりとヘモメーターへの嗜好の高まりは、今後数年間で成長を加速させています。

【Phone Appli】 「連絡とれるくん」が「Microsoft Teams」との連携を更に強化

Web会議やチャット、メールでのコミュニケーションが活発に行われるようになった今、一方で対面コミュニケーションが減少し、気軽に聞けていたことが聞きづらい、テキストコミュニケーションが増え、その対応ばかりで時間をとられてしまうという課題が増えています。社員・お客様情報などをクラウドで一元管理し、連絡先を一つにまとめる電話帳クラウドサービス「連絡とれるくん」は、企業のコラボレーションに必要不可欠な「Microsoft Teams」と連携することで、コミュニケーションのスタートである「人を探す」ことを効率化し、社員間のコミュニケーションにフォーカスすることを可能にします。緊急事態宣言は解除となりましたが、引き続きテレワークを続けていらっしゃる企業も多く、また、ニューノーマルな世界に対応するべく、各ツールの拡充や整備を加速されている企業も増えています。Phone Appliはこれからも、企業のコミ

【国連大学】 国連、ダムの老朽化により高まるリスクを警告

UNU-INWEHのヴラディミール・スマッティン所長は、気候変動によるダムへの影響を指摘し、次のように述べています。「この報告書で強調されているのは、洪水やその他異常気象の頻度と深刻度が増せば、ダムの設計限界を越え、その老朽化プロセスが加速するおそれもあるという事実です。撤去に関する決定は気候変動を考慮しながら下す必要があります」

【ANYCOLOR株式会社】 にじさんじ「PALETTE」プロジェクトの新曲『Virtual Strike』、2021年5月28日(金)0時より日本語バージョンがストリーミング先行配信!同日正午12時よりリリックビデオも公開!

「にじさんじプロジェクト」は多種多様なインフルエンサーが所属するVTuber/バーチャルライバープロジェクトであり、各種イベントやグッズ・デジタルコンテンツの販売、楽曲制作などを通じて次世代のエンタメを加速させていくことを目的としています。現在、約100名の所属ライバーが個性を存分に活かし、YouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。

【株式会社ANDART】 現代アート会員権サービス「ANDART」、デジタル上で本格アートコレクションを楽しめる”マイコレクション機能”をリリース〜自分でカスタマイズできる!デジタル空間でアート展示〜

気に入った作品と出会っても飾るスペースがなく購入を断念したり、定期的に作品を入れ替えながら倉庫保管によってコストも手間もかかることは、アートコレクションにおいて長年の命題でした。イノベーションが起きづらかったアート界でも、アフターコロナに向けデジタルの活用が多く見られ、リアルとデジタルの融合や変換は加速していくとみられています。

【株式会社共和電業】 コンパクトレコーダCTRS-100シリーズ「2020年度 グッドデザイン賞」受賞

共和電業はひずみゲージを日本で最初(1951年)に商品化し、応力計測の分野で社会に安全と安心を提供する技術創造企業です。ひずみゲージとは、物体に加わる外力によって伸びたり縮んだりする変形の量を電気信号として検出するセンシング素子で、構造物の強度を知る上で欠かすことのできないものです。ひずみゲージを応用した荷重、圧力、加速度などのセンサや計測器、計測システムを自社グループで一貫して開発製造し、多業種にわたるお客さまの様々な計測ニーズにお応えしています。

次世代型総合エンタメプラットフォーム 「サイバースター」アーティストグッズがランダムに当たる新機能「ガチャ」を追加体験のDX化で更なるマネタイズを

?当社においても、エンターテインメントのDX化を加速させるため、各種ITサービスの組み合わせにより、あらゆるアーティストビジネスをオンラインで展開できるプラットフォーム「サイバースター」を提供しています。

GAテクノロジーズ、 不動産売買の「非対面契約(オンライン契約)実用化」を望む声が100%

新型コロナウイルス感染拡大の影響により非対面サービスへの需要が急速に加速する昨今、宅地建物取引業法により対面・書面交付(※1)が義務付けられている不動産取引は大きな転換点を迎えています。また、テレワークによる新たな働き方への対応が求められる中、署名・捺印や書面交付等のアナログな業務プロセスへの課題が浮き彫りになりました。

【そーせいグループ株式会社】 海外募集による新株式の発行及び2025年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債の発行に係る払込完了に関するお知らせ

当社副社長執行役CFOであるクリス・カーギルは次のように述べています。「現時点での不確実な世界経済の見通しを考えると、新規及び既存の株主様に対する本海外募集は大きな成功を収めたと言え、当社グループの目標実現のために必要な長期的な成長資本を確保することができました。 これにより、財務上の柔軟性が大幅に改善され、戦略的選択肢が広がりました。転機となる可能性を持つ企業買収や、重篤な疾患を標的とする新規の医薬品候補を創出するための、世界をリードする独自の技術強化への投資など、当社グループの長期的な収益成長を加速する魅力的な手段の検討が可能になりました。」

Translations.com、ContentservとGlobalLink Connectの統合認証を発表

「私共の製品が、GlobalLink Connectとの統合認証を取得したことを大変うれしく思っています。これにより、両社のソリューションを活用してグローバルでの市場戦略を加速させる絶好の機会をお客様に提供することができます。ブランドやメーカー企業様が、すべてのタッチポイントとチャネルで一貫性のあるローカライズされた商品体験を提供できるよう、今後も取り組んでまいります。」

【株式会社データック】 昨年の新型コロナ流行時に糖尿病重症化予防ケアなど減少 – 米総合内科雑誌(Journal of General Internal Medicine)に掲載

COVID-19の感染拡大に伴い、COVID-19以外に関する医療提供体制や患者受診行動に大きな変化が起きました。それらの変化の中には「感染収束後には戻る一時的な変化」と「感染収束後も続く永続的変化」があります。後者に関しては、例えばオンライン診療やウェアラブルデータを用いた診療など、将来的に起きつつある変化が今回を契機に一気に加速したものも含まれています。

【ワタミ株式会社】 「から揚げの天才」のから揚げを学生食堂で販売へ

 「から揚げの天才」はから揚げと玉子焼きを提供する専門店として店舗展開を進めています。コロナウイルス禍の影響で中食需要が高まっていることからフランチャイズ展開によって出店を加速して57店舗となりました(10月末現在)。店舗展開を進めるとともに、外部の飲食施設から「商品を販売したい」という声が上がっていました。今回は「郁文館夢学園」の学生食堂からの要請を受けて、同学園のイベントにあわせて販売するものです。学生向け食堂では、「デカから」(白・黒)を特別価格で提供して、育ちざかりの子どもたちに大きな「デカから」をおかずの一品としても加えてもらいたいと考えました。今後も「デカから」は学校の食堂をはじめ、給食施設など、業務用向けにも商品を提供していきます。

【TISインテックグループ】 マイクロメイツ、Microsoft Teamsのトレーニング研修をまるごと収録した動画コンテンツを販売開始

多くの企業がテレワークの推進を喫緊の課題としている現在、そのカギの一つとなるのが、「クラウドサービス」「グループウェア」です。その代表的なソリューションの一つであるMicrosoft 365のTeamsはその手軽さから利用率が加速度的に高まっている状況です。

パイオニアのCTOに岩田和宏氏が就任

当社は、2025 年に向けた企業ビジョン “未来の移動体験を創ります-Creating the Future of Mobility Experiences”の実現を目指しています。このたび、全社横断の技術戦略を担当するCTO(Chief Technology Officer)として、モビリティ業界のSaaS事業に精通する岩田 和宏氏を招聘しました。今後、モビリティ領域におけるさまざまな課題を“モノ × コト”で解決するソリューションカンパニーへの変革を加速してまいります。

【HPE】 デロイト トーマツ、レッドハット、HPEの3社、スピード重視のデジタル変革支援で協業を開始

日本企業におけるデジタル変革は、コロナ禍でその変革速度は早まったとはいえ、デジタル技術の検証に留まることが多く、まだまだ欧米IT企業に比べ遅れています。日本企業がデジタル変革を加速するためには、経営層の変革に対するコミットメント、組織全体に渡る取り組みやゴール設定、デジタル化を見据えた組織文化及びプロセスの変革、そして、ビジネスを支えるデジタルプラットフォームが必要不可欠です。

【株式会社ニット】 パラレルワーク・副業セミナー実施「人生を豊かにする働き方とは?」<4月16日セミナーレポート>

コロナ禍でリモートワークや副業が解禁になる企業が増え、「個の時代」が加速する現代における、キャリアとパラレルワーク(副業)について、キャリアカウンセラーとして大学の非常勤講師として働き、Twitterで2万人以上のフォロワーを獲得しているコザワが、これからのキャリアの捉え方とパラレルワークについて徹底的に語りました。

【パナソニック】 小型ロボットがエリア内の店舗から住宅へ商品を届ける配送サービスの実証実験をFujisawaサスティナブル・スマートタウンで実施

パナソニックでは、「小型低速ロボットを用いた住宅街向け配送サービス実証実験」を2020年11月から開始しており、これまでに公道走行における技術的な検証を実施してきました。今回の配送サービスでの検証を通じて、エリア内の店舗と住民をつなぐ配送インフラ構築に向けた取り組みを加速します。今後もFujisawa SST協議会とともに様々な店舗との連携を拡大しながら、持続可能な街づくりと、そこで生活を営む皆様の安心・安全で豊かなくらしの実現に貢献していきます。

【株式会社ACES】 ACESとZoffがリブランディングに伴う小売DX推進に関して業務提携を開始

現在、コロナ禍で加速したデジタルシフトによって定着しつつある、新しい生活様式に順応した接客サービス・商品の提供に向けた共同研究開発に着手しております。これまで以上に様々なスタイルでの接客が求められる今、Zoffが蓄積してきたノウハウとACESのAI技術をかけ合わせることで幅広いニーズへの対応を目指してまいります。今後の展望としては、ヒューマンセンシング技術を応用し、目のパフォーマンスおよび人のパフォーマンス向上に関する取り組みを検討しています。ACESとZEPSは、既存の商品・サービスの枠を超えて、目だけではなく人のパフォーマンスを向上させる「新しい機能」「新しい商品」「新しいサービス」の研究・開発を行い、メガネ業界のニューノーマルを牽引して参ります。

【銀座 蔦屋書店】日本の伝統技術と現代彫刻の融合ー仏師・彫刻家 加藤巍山の彫刻作品「慈」をご提案

喜びや悲しみ、苦しみ、不安…そして希望、夢。人類が文字を発見する前から行われていた、“祈る”という行為。これから加速度的にテクノロジーが発達して、宗教の役割も問われ、人間の「匂い」が失われていったとしても、1000年、2000年先もきっと人は祈りを止めることはないでしょう。

【いちから株式会社】 にじさんじ、ソーシャルプラットフォーム「Reddit」本日12月25日(金)より公式運営始動!

「にじさんじプロジェクト」は多種多様なインフルエンサーが所属するVTuber/バーチャルライバープロジェクトであり、各種イベントやグッズ・デジタルコンテンツの販売、楽曲制作などを通じて次世代のエンタメを加速させていくことを目的としています。現在、約100名の所属ライバーが個性を存分に活かし、YouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。

JA三井リースとスターフェスティバル、冷凍冷蔵車リース事業を行う合弁会社を設立

当該事業を加速させるべく、JA三井リースとスターフェスティバルは、共同で「スタロジリース株式会社」を設立し、「スタロジ」専用の冷凍冷蔵車両を提携配送事業者向けにリース(コネクテッドカーリース(TM))を提供いたします。お客様・配送パートナー各社様双方にとってより利便性の高いサービスを目指し、GPSを利用したオンデマンド配送機能も開発中です。数年内には2000台規模の運営体制実現により、物流業界が抱える課題の解決に貢献してまいります。

【ぴあ株式会社】 playground株式会社 ぴあスポーツビジネスプログラム オフィシャルパートナー契約締結のお知らせ

スポーツビジネスにおける人財強化を目的として、今後のPSBの取り組みの中で、テクノロジー領域に関する講義の共同開発など、PSBを通してスポーツ×テクノロジーを加速させる取り組みをplayground 株式会社と共に創っていきます。

【ぷらっとホーム株式会社】 ぷらっとホームのIoTセンサー・デバイス パートナープログラムにオカベマーキングシステムが参加

オカベマーキングシステムの提供するBLEビーコンは、温度や湿度、加速度、圧力などのセンサー付きのモデルに加え、屋外などで利用可能な防塵防滴性能、メンテナンスの手間を削減する電池残量情報の発信、-40℃で動作する耐環境性能などの特長を持ち、iBeaconやEddystoneに対応したモデルなど、用途や設置環境に応じて利活用できる豊富なラインナップを用意しています。

【Appify Technologies, Inc.】 ノーコードでアプリ化するAppify、CAMPFIREと連携しコミュニティオーナー向け公式アプリを本格提供開始

株式会社Appify Technologiesは、月額1万円未満のサブスクリプション型でアプリをかんたんにノーコードで作成できる『Appify(アッピファイ)』を提供しているスタートアップ企業です。コロナ禍で需要が拡大するBASEや日本での導入が加速しているShopify、サブスクリプション型モデルで支援を募ることができるCAMPFIRE Communityといったプラットフォームと連携し、様々なネイティブアプリの作成を可能にしています。また先日、総額2億円の資金調達も発表いたしましました。この資金を基に更なるサービス価値向上のためエンジニアを中心とした採用を強化していきます。

【SBT】 建設業界特化、作業所向けサービス『Con-Bridge』本日より提供開始

建設業界では、国土交通省が建設DXによる業務効率化を推進する方針を打ち出すなど、DXの動きが活発になっています。建設作業所においては、ニューノーマル時代の新しい働き方への対応として、これまで作業所に集まって実施していた対面型会議をオンラインの非対面型にしたり、自宅など作業所以外の場所にいても業務を行えるようにするなど、ITツールを活用した新しい働き方へのシフトが加速しています。その一方で、多くの関係者が出入りする建設作業所では、情報をあつかう人(ID)の管理が煩雑になり、情報の利活用を促進する際のセキュリティ確保として、人(ID)の正確かつ効率的な管理が大きな課題になっています。

【シエンプレ株式会社】 日本中を巻き込んだデマをSNSで収束した企業が大賞受賞! ジャパン・デジタル・コミュニケーションアワード発表!

また、2020年の炎上事案の放送・記事化の速度は、「24時間未満」が、前年2019年の21.4%(2位、1位は「24〜48時間未満」の32.1%)から、48.0%(1位)と加速化となり、物量・スピードともに上昇の一途をたどっています。

【ドーモ株式会社】 Domo、AWSとの連携強化

Domoチーフビジネスオフィサー、Jay Heglarは次のように述べています。「AWSは、私たちのミッションである、『お客様のビジネス変革をModern BIで支援する』ための素晴らしいパートナーです。AWSとの関係強化によって、AutoMLを通じて全社的に機械学習の利用頻度が増えたり、AWS Data Exchangeからのサードパーティのデータ製品へのアクセスが拡大したり、IoTデータの価値を引き出したり、さらに、全社でDomoを利用してデータ活用ができる強力なデータエンジンの提供ができるなど、お客様のデータ活用が盛んになり、デジタル変革を加速します」

【三井不動産株式会社】 「ワークスタイリング」が働き方のニューノーマルに対応「三井ガーデンホテルズ」等にてサービス提供開始

ワークスタイリングはこれらの急速な働き方の変化を捉え、2020年6〜8月の3ヶ月間で13拠点を新たに開設するなど拠点整備を加速していますが、今般、「ザ セレスティンホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」においてもサービスの提供を開始することとしました。これにより、通常のワークスタイリング拠点に加え、対象ホテルの客室をプライベートな一人用個室ワークスペースとしてご利用いただける環境を整え、ワーカーの多様な働き方や生産性の高い働き方をサポートしてまいります。

日本初※1、産後うつ・二人目不妊リスクをカバーする保険商品の開発着手〜ママ同士で支え合い、子育てしやすい社会の実現へ〜

JBRグループは「困っている人を助ける!」という経営理念に基づき、お客様に「ありがとう」と言っていただける、安心・快適サービスを多数提供しております。また、保険事業においても、既存商品である家財保険「新すまいRoom保険」をはじめとし、新市場・新商品への展開の加速を成長戦略として掲げております。

【アソビュー株式会社】 アソビュー、レジャー産業のDX推進を目的に、施設データの収集・分析を一気通貫で実現する「アソビュー!レジャークラウドアナリティクス」を販売開始

休日の便利でお得な遊び予約サイト「アソビュー!」(URL:https://www.asoview.com/、以下「アソビュー!」)を運営するアソビュー株式会社(代表取締役CEO:山野 智久、本社:東京都渋谷区)は、レジャー産業のDX推進を加速する新サービス「アソビュー!レジャークラウドアナリティクス」の販売を開始します。