配色:                          文字サイズ: 

【弥生株式会社】 「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」 5社共同で発表

 弊社は企業・公共機関の皆様が真のインテリジェントエンタープライズとして成功するためにさまざまな支援を行っているグローバルソフトウエア企業です。グローバル知見の提供を含めて本研究会に参画してきた結果、このような提言を取りまとめることができて大変光栄に存じます。今後は本提言をもとに、より具体的に社会全体のデジタルトランスフォーメーションの推進に関わっていく所存です。

【yathar】 yathar(ヤター)、シリーズAラウンドでスカラパートナーズ、MCIPホールディングスなどから約68万USドル(約7,200万円)を資金調達

弊社は、吉本興業、電通、ドワンゴ、滋慶学園グループ、イオンモール、ソニー・ミュージックエンタテインメント、スペースシャワーネットワーク、アミューズからなる民間会社グループとクールジャパン機構が出資参画をしたエンターテイメント・カンパニーです。日本のコンテンツをアジア各国・地域に輸出し、またアジア各国の現地で、アジアの人たちと、新しいコンテンツを作り出すことを目的とします。

【株式会社ミロク情報サービス】 「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」 5社共同で発表

 弊社は企業・公共機関の皆様が真のインテリジェントエンタープライズとして成功するためにさまざまな支援を行っているグローバルソフトウエア企業です。グローバル知見の提供を含めて本研究会に参画してきた結果、このような提言を取りまとめることができて大変光栄に存じます。今後は本提言をもとに、より具体的に社会全体のデジタルトランスフォーメーションの推進に関わっていく所存です。

【株式会社オービックビジネスコンサルタント】 「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」 5社共同で発表

弊社は企業・公共機関の皆様が真のインテリジェントエンタープライズとして成功するためにさまざまな支援を行っているグローバルソフトウエア企業です。グローバル知見の提供を含めて本研究会に参画してきた結果、このような提言を取りまとめることができて大変光栄に存じます。今後は本提言をもとに、より具体的に社会全体のデジタルトランスフォーメーションの推進に関わっていく所存です。

【株式会社すむたす】 【コロナ禍における「住まい選び」に関する意識調査】コロナの影響で約3割が「住まいの考え方」に変化あり、テレワーク経験者は約5割

 売り手側の掲載手数料と買い手側の仲介手数料がそれぞれ無料になる、リノベーションマンション特化型の販売サイトです。本サービスには大手不動産買取再販会社が複数参画し、リノベーションマンションの物件情報を一元化することで、購入者に安価に中古不動産を手に入れられる機会を提供しています。

「企業のDX実現に向けた課題とコロナ前後の意向に関する調査」を発表〜コロナ禍後のDX推進における課題や、新たな検討事項が明らかに〜

概 要:デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なあらゆるリソースを最適かつワンストップで提 供することによって、企業および自治体の次世代型事業への構造変革をスピーディに支援するResource as a Service(R)ビジネスを行っています。具体的的にはあるべき姿のコンサルティング、IoT/デジタルソリュ ーションの目利きと導入、現場改革リーダーとしての参画、事業評価などを費用の払い方まで含めたサービ スモデルで提供します。

【AnyMind Group】 AnyMind Group、広告主や広告代理店がディスプレイ広告や動画広告のインベントリを自身で検索し、ピックアップしたアジアのメディアにPMP配信ができる「Deal Discovery」をローンチ

広告主・広告代理店は、カテゴリ別に広告枠やメディアを簡単に検索することができることに加えて、インプレッション、ビューアビリティ、サイト情報などのインサイトデータを取得することができます。これらのデータは、当社の媒体社向けソリューションである「AdAsia360」と連携することで精度の高い情報となっています。さらに、AdAsia Premium Marketplaceに参画するメディアは、AdlooxとIntegral Ad Scienceなどのアドベリフィケーションツールを導入しており、高いブランドセーフティを実現しています。「Deal Discovery」を通して、ディールIDが作成されると、広告主・広告代理店は自社が指定するDSP利用し、PMP広告の出稿を実施することができます。

「まごチャンネル」のチカク、コロナ時代のニュータイプ企業として、自治体向けWebinar登壇決定

早稲田大学法学部卒業後、富士通株式会社に入社。営業として、主に宇宙 、気象、HPCなどの先端科学領域を担当。パーソナルモビリティのWHILL株式会社では介護事業の新規開拓や研究開発モデルの立ち上げをリード。2018年6月から株式会社チカクに営業責任者として参画し、セコム株式会社との「まごチャンネル with SECOM」のプロジェクトを主導。

【NTTアドバンステクノロジ株式会社】 越境EC事業の業務効率化を「WinActor(R) Cast on Call」がサポート

WinActor Cast on Callは2019年9月リリース後、参画パートナー企業との連携強化に取り組んでいます。パートナー企業から、それぞれ得意とする分野での特定業務専用のシナリオを提供していただくことにより、WinActor Cast on Callのすべてのご利用者の業務に適応する、バリエーション豊かなシナリオ展開を目指しています。

【Relic】 Relicとケイスリー、官民連携オープンイノベーション・プラットフォームの第1号事例として、東京都渋谷区への提供を開始

渋谷区の抱える社会的な課題に対して、行政と事業者等との共創により解決を目指す仕組みを立ち上げることができました。投資家、協賛企業のみなさまの賛同もいただくことができ、成功に向けて、応募者を全面的に支援できる体制を整えることができました。今後も、参画いただける方が続々と増えてくることを期待しています。社会的な課題に対して、多くの関係者が共創し、新しいソリューションが生まれ、育っていくエコシステムを築きながら、本プロジェクトがイノベーション創出プラットフォームとして発展して行くことができれば幸いです。

【株式会社アールキューブ】 全国80会場以上の本格チャペルで叶える、明朗会計でリーズナブルなふたりだけの挙式サービス、『Anyのふたり挙式』をリリース

「こころがつながる社会をつくる」をビジョンに掲げ、会費制の結婚式に特化した「会費婚」事業を運営をしています。2006年にアーティストの派遣事業で創業し、2011年にウェディング業界初となる「会費婚」サービスを立ち上げました。現在までに、約5,000組の婚礼をプロデュースしています。2018年11月にくふうカンパニーグループに参画し、新郎新婦が本当に理想とする結婚式が挙げられる世の中を目指すとともに、結婚式づくりのための総合情報メディア「みんなのウェディング」と連携し、新たなサービス開発に取り組んでおります。

新商品 シャンパン スパークリング ワイン ポテンティア / ルー・ベアティトゥディネム(Lou Beatitudinem Potentia) フランス 白泡 辛口 750ml

「シモン・ドゥヴォー」にて、ルーデュモンの仲田晃司さんが醸造に全面参画した特別プロジェクト。単一品種、単一畑、単一年というブルゴーニュ的アプローチ。 シャンパーニュにおいて、小規模生産者の家族経営のワイナリーでは、世代交代が行われ、若い世代の造り手が海外やブルゴーニュで学び刺激を受け、これまでにないアプローチで土壌、品種の個性を表現しております。現在のシャンパーニュシーンにおいて流行となりつつある、ビオディナミを始めとする「ナチュラルなブドウつくり」。単一畑、単一品種を使用したもの。樽発酵&樽熟成によるワイン造り。といったブルゴーニュ的アプローチでシャンパーニュの個性を最大限に引き出す造りがこのシャンパーニュになります。しかも造り手はブルゴーニュに渡仏し22年!日本が誇る一流醸造家の仲田晃司氏がシャンパーニュの親友のアランの畑を吟味し特別に借り受けたセル・シュル・ウルス村の優良区画「ヴァル・シャンピニャ」産のピノ・ノワール100%によるブラン・ド・ノワール。粘土石灰質土壌。樹齢約45年のVV。「ルー・デュモン」の醸造に使用した樽を一部用いて100%樽で発酵後、8ヶ月間樽熟成。ドザージュは約5g/l。「ポテンティア」はラテン語で、「力強さ」という意味。年間1800本の限定生産作品です。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 フランス シャンパーニュ その他シャンパーニュ詳細はこちら

ワイン 2010 パオロ・スカヴィーノ・バローロ・ブリッコ・アンブロージョ / パオロ・スカヴィーノ(Paolo Scavino Barolo Bricco Ambrogio 2010) イタリア 赤 ミディアムボディ 750ml

1921年に設立されたバローロの名門。革新的な取り組みを行いモダンバローロの旗手として、ワインアドヴォケイト誌など各誌で常に高評価を得ています。 砕いたミネラルのニュアンスが背景に感じられ、繊細な果実や花の香りが正面に現れます。ワインはスムースでシルクのように滑らかで、しかしタニックで酸味が感じられます。現当主であるエンリコ氏の祖父、ロレンツォ氏によって1921年に カスティリオーネ・ファレット村に設立されたバローロの名門、パオロ・スカヴィーノ。エンリコ氏が参画しワインメーカーとして徐々に成功し始めた1978年に、単一畑の「ブリック・デル・フィアスク」をリリース。 当時畑のブレンドが当たり前だったバローロでは非常に珍しい試みであった このワインは評判を呼び、瞬く間に完売しました。その後もエンリコはバリックの使用やマセラシオン期間の短縮など革新的な取り組みを行い、パオロ・スカヴィーノはモダンバローロの旗手と目されるようになりました。 中でもバローロに革新をもたらしたと言われるのが、 「ロータリーファーメンター(回転式発酵槽)」の使用です。ブドウ本来の純粋な果実味を繊細に抽出するために、 他の生産者に先駆けてロータリーファーメンター(回転式発酵槽)を一早く導入。 同時にバリックを使用することで熟成期間を約1年に短縮。これらの革新的手法により、これまでのバローロにはない、若いうちから楽しめ、しかも長期熟成も可能な新しいバローロを生み出すことに成功し、この革新的なワインは米国市場で爆発的なヒットを納めます。その後、世界的に称賛を浴びたことで、他のバローロ生産者を始め、イタリアのワイン生産者達が次々にロータリーファーメンターを導入。パオロ・スカヴィーノは「ロータリーファーメンターの伝道師」として大きな影響を与えただけでなく、バローロに新時代をもたらした伝説的な存在といえるのです。その革新的な醸造にばかり注目が集まるパオロ・スカヴィーノですが、 実は彼が最も重視しているのはブドウ畑。パオロ・スカヴィーノでは現在バローロ地域に29ヘクタールの畑を所有。カスティリオーネ・ファレットや、バローロ、ラ・モッラ、ノヴェッロ、セッラルンガ・ダルバなどに位置しており、ワイナリーの創業当時から所有する ブリック・デル・フィアスクや1985年から借りているカンヌビ、そして1990年に新たに所有したロッケ・デッラヌンチァータを始め、そのどれもが昔から偉大なクリュとして有名な畑ばかりです。 「ワインに素晴らしい骨格を与えるにはタンニンが重要。良質なタンニンを得るためには ブドウの栽培とブドウの品質が何よりも重要」と考えるエンリコ氏は時間ができればそれらの畑に出向き、ブドウ樹の状態を厳しくチェック。 美しく整えられた畑では、土着品種であるドルチェット、バルベーラ、そして極めて繊細な品種であるネッビオーロと真摯に向き合い、 品種の個性を追求。またそれぞれの畑の個性を最大限に引き出すため、 一貫して妥協のないブドウ栽培を実施しています。 「ただ美味しいと感じる素晴らしいバローロを造りたい。」その思いから たゆみない努力、改良を重ねてきたパオロ・スカヴィーノの洗練を極めたバローロは、ワインアドヴォケイト誌やワインスペクテーター誌において常に高評価を獲得。また、ワイン・エンスージアスト誌の「2014年セラー・セレクションズ トップ100」において見事第1位を獲得するなど、数々のワイン評価誌や評論家から称賛され、多くの賞を受賞。ワイナート誌8号では「10年以上経っても果実の鮮度感が落ちないところからも、そのパワーが表面的なものではないことが分かる。 現代のバローロの頂点に立つワインであり、造り手である」と高く評価されています。 「ブリッコ・アンブロージョ」は、ロッディ地区にある標高275mの南西向きの畑です。この土地の持つ個性に大きなポテンシャルを感じたエンリコ氏は2001年にこの畑を購入。2002年がファースト・ヴィンテージ。この畑で収穫されるブドウから造られる バローロは果実味とタンニン、酸が絶妙に調和しており、ソフトな印象ながらも奥深い味わいが特徴。長く甘美な余韻に魅了されます。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 イタリア ピエモンテ バローロ詳細はこちら

ロスト・ディスティラリーストラスエデン(The Lost Distillery Company) 700ml

かつて実在し現在は失われた蒸溜所のウイスキーを現代に蘇らせることを目的に設立された新鋭のインディペンデント・ボトラー「ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニー」 原産国:スコットランド タイプ:プレジデントモルト ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニーは、かつて実在し現在は失われた蒸溜所=ロスト・ディスティラリーのウイスキーを現代に蘇らせることを目的に設立された、新鋭のインディペンデント・ボトラーです。数々の書物に残された記録を頼りにグラスゴー大学教授マイケル・モス氏の監修の下、古の蒸溜所でつくられていた幻のウイスキーの味わいを再現しています。ストラスエデンは1829年から1926年までファイフで操業していました。この蒸溜所はボンスローネ家による家族経営で、他者の経営参画を拒みその閉鎖までワンオーナー制を貫きました。 その他詳細はこちら

[ペッレ モルビダ]ネオプレーンバッグ オレンジ

[01]オレンジ[03]ホワイトファッションディレクター 干場義雅氏1973年東京生まれ。雑誌『LEON』の創刊に参画。ちょいワルブームのヒット企画を手掛ける。その後『OCEANS』を立ち上げ、副編集長兼クリエイティブ・ディレクターに。メディアの枠を超えて幅広く活動するなか、2012年からPELLE MORBIDAのクリエイティブ・ディレクターに就任。ペッレ モルビダ旅の理想形とされる船旅を楽しむ大人たちに向けて誕生。快適で優雅な船旅に持っていきたくなるような上品で良質なアイテムを展開。厳選した素材で細部にまでこだわって丁寧に製作。耐久性や機能性も兼ね備えた製品から、"さりげない上質さ"を五感で感じ取れます。■色:〔01〕オレンジ 〔02〕ネイビー 〔03〕ホワイト●サイズ(約):幅40×マチ16×高さ27cm、ハンドル/高さ22cm ●重量(約):485g ●素材:ナイロン、牛革 ●仕様:開閉=マグネットホック式 ●付属:ポーチ ●日本製詳細はこちら