配色:                          文字サイズ: 

アストラゼネカのイミフィンジ、日本において進展型小細胞肺がんの治療薬として適応拡大

イミフィンジは、広範な開発プログラムの一環として、NSCLC、SCLC、膀胱がん、頭頸部がん、肝がん、胆道がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮体がんおよびその他の固形腫瘍患者さんの治療薬として、単剤療法、および抗CTLA4モノクローナル抗体で新薬候補のトレメリムマブとの併用療法においても検討されています。

【認定NPO法人 キャンサーネットジャパン】 キャンサーネットジャパン、アストラゼネカ共催「わかる卵巣がん」〜卵巣がんとうまくつきあうには?〜オンラインイベント開催

日本において毎年新たに卵巣がんと診断される患者さんは約13,000人*1です。初期の卵巣がんは自覚症状がほとんどないため、診断された時には進行していることが多いといわれています2。また、健康診断において、乳がんや子宮頸がんが乳腺や婦人科検診といったオプション検査で早期発見される可能性があるのに対し、現在のところ、卵巣がんに対して検診が有効であるという研究報告はなく、国が指針として定める検診はありません*2。卵巣がんは、検診で早期発見することが難しいがんといえます。

タイ・バンコクのDYMインターナショナルクリニックにて9価HPVワクチン接種ご案内開始のお知らせ【タイでのガーダシル9使用の承認取得】

粘膜に感染するHPVのうち、少なくとも15種類が子宮頸がんの患者さんから検出され、「高リスク型HPV」と呼ばれています。これら高リスク型HPVは性行為によって感染しますが、子宮頸がん以外に、中咽頭がん、肛門がん、腟がん、外陰がん、陰茎がんなどにも関わっていると考えられています。

【認定NPO法人 キャンサーネットジャパン】 キャンサーネットジャパン、アストラゼネカ共催「わかる卵巣がん」〜卵巣がんとうまくつきあうには?〜オンラインイベント開催

日本において毎年新たに卵巣がんと診断される患者さんは約13,000人*1です。初期の卵巣がんは自覚症状がほとんどないため、診断された時には進行していることが多いといわれています2。また、健康診断において、乳がんや子宮頸がんが乳腺や婦人科検診といったオプション検査で早期発見される可能性があるのに対し、現在のところ、卵巣がんに対して検診が有効であるという研究報告はなく、国が指針として定める検診はありません*2。卵巣がんは、検診で早期発見することが難しいがんといえます。

【アツギ株式会社】 CSR活動(パンティストッキングの中台紙を媒体とした情報発信)に関するお知らせ〜人生100年時代を健康美人で過ごすための健康知識を発信〜

 過去の掲載コンテンツとして、乳がんの基礎知識(情報発信の第一弾、第二弾)、ワークライフバランスに関する情報(第三弾、第四弾)、子宮頸がんに関する基礎知識(第五弾)、生理に関する情報(第六弾)、女性の健康と運動習慣(第七弾、第八弾)を発信してきました。今回の情報発信は、健康寿命延伸を目的とした健康をテーマとし、第九弾にあたります。

【クレア―ジュ東京 レディースドッククリニック】 〜7月12日は、人間ドックの日〜すべての女性に、必要な健診をもっと。「健診ギフトチケット」企業にも販売開始

がん検診(胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん)の職種別受診率調査より、非正規雇用、フリーランス、専業主婦、無職の女性の受診率が正規雇用の方に比べて軒並み低い実情が浮き彫りになっています。

【アストラゼネカ株式会社】 アストラゼネカのイミフィンジ、切除不能のステージIIIの非小細胞肺がんの全生存期間を顕著に延長 5年経過時点で生存している患者さんは43%にのぼる

広範な開発プログラムの一環として、イミフィンジは、NSCLC、SCLC、膀胱がん、肝細胞がん、胆道がん(肝がんの一種)、食道がん、胃がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮内膜がん、その他の固形がんの治療として、単独療法ならびに併用療法においても検討されています。

【認定NPO法人 キャンサーネットジャパン】 がんサバイバーのためのオンラインイベント「LAVENDER RING DAY 2021 SUMMER」開催決定

8月22日に生配信される「LAVENDER RING CHANNEL」では、ヘアドネーションをテーマとしたトークセッション、子宮頸がんを取り巻くさまざまな社会課題に挑戦する高校生アイデアフェス、外出が困難ながんサバイバーの「行ってみたい!」を叶えるDREAM RINGプロジェクト、発起人が亡くなったがん関連プロジェクトを受け継いだ方々によるトークセッションの他、フォトコンテスト、デザインアワードなど多彩なプログラムをご用意します。各企画の詳細は、参考資料およびイベントHPをご確認ください。

【iChain】 インシュアテックのiChainが保険業界向けバーティカルSaaS「iChainBase」を医療保険で提供開始

インシュアテックのiChain株式会社(読み:アイチェーン、本社:東京都中央区、代表取締役社長:後藤昌紀、以下「iChain」)は、保険業界向けバーティカルSaaS「iChainBase(アイチェーンベース)」を医療保険向けに提供開始しました。サービス提供先の医療保険は、オンライン診療サービス「curon(クロン)」などを手掛ける株式会社MICIN(読み:マイシン、本社:東京都千代田区、代表取締役:原聖吾、以下「MICIN」)が新しく設立する少額短期保険会社のMICIN少額短期保険株式会社(以下「MICIN少短」)から販売される「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」となります。

【株式会社 リサ・サーナ】 「つながり」が「がんサバイバーのQoL向上」に貢献する可能性を示唆。女性特有がん罹患者100人が参加したSNS×AI×デジタルデバイスによるヘルスアップチャレンジプロジェクトの成果公開!

最新の統計情報によると、特に20〜50代の働き盛りにかけて、乳がん・子宮頸がん・体がんなどの女性特有のがん罹患率が高く、この世代の男性のがん罹患者数を上回っています。(※3)女性がん患者は、妊娠・出産・ホルモンバランスへのがん治療の影響、副作用による容姿の変化や体調不良、またそれらに対する不安など様々な悩みを抱えがちです。リサ・サーナは、女性がんサバイバーを対象としたSNS「Peer Ring」を運営し、治療に伴う様々な悩みを抱える女性が仲間とつながり、励ましあえるピア・コミュニケーションの場を提供しています。

【株式会社サンリオエンターテイメント】 女性のQOL向上を目指す新プロジェクトLet‘s talk! in TOKYO 「Let’s talk! in TOKYO 小中学生スピーチコンテスト」を開催

「Let‘s talk! in TOKYO」では、初潮、生理痛、生理用品、子宮頸がん、Femtechなど、女性にまつわる話題の中で、「生理」をテーマとした“タブーとされやすい課題”について対話を広げ、女性たちのQOL向上、エンパワーメントに貢献します。

【クレア―ジュ東京 レディースドッククリニック】 3,000人の女性と各専門医の声から生まれた「クレアージュ東京 レディースドッククリニック」開院

一方で、女性の乳がん発症数は年間9万件以上で、そのうち約1.5万人が亡くなっています。子宮がんにおいては、年間約1万人の女性が子宮頸がんを発症、約2,800人が亡くなっており、患者数・死亡者数とも近年増化傾向にあります※2。さらに、月経困難症(月経痛などの病的な症状がある人)の2人に1人は、何らかの疾患が潜んでいると言われています。

タイ・バンコクのDYMインターナショナルクリニック、プロンポン33/1院にて小児科診療が毎日可能【日本語通訳常駐で安心・便利】

「DYMインターナショナルクリニック」「DYM Health Check Up Clinic」では、日本の定期接種の内容を基準に実施していますが、それ以外にもインフルエンザ菌B型、肺炎球菌感染症、みずぼうそう、A型肝炎、ロタウィルス、子宮頸がんワクチンなどは任意で予防接種を受けることも可能です。

ポーラ・オルビス発 社内ベンチャー 「ケアと美しさを両立した」リンパ浮腫向け医療用ストッキング開発。従業員が自らの経験と想いを形に。

株式会社encyclo代表の水田悠子は、株式会社ポーラで働いていた29歳の時に子宮頸がんにかかりました。命は助かったものの、後遺症のリンパ浮腫と一生付き合わなくてはならなくなりました。毎日弾性ストッキングを履く必要がある中で、治療に必要な機能を満たすものは分厚く見た目が不自然なものが多く、履きたいと思える商品を見つけることができませんでした。

【株式会社サンリオエンターテイメント】 【イベントレポート】タブーや偏見について考え、女性のQOL向上を目指す新プロジェクト「Let‘s talk! in TOKYO #0 キックオフ・トークイベント」開催

「Let‘s talk! in TOKYO」では、初潮、生理痛、生理用品、子宮頸がん、Femtechなど、女性にまつわる話題の中で、「生理」をテーマとした“タブーとされやすい課題”について対話を広げ、女性たちのQOL向上、エンパワーメントに貢献します。

【株式会社CNPharm】 「手術なしでがん完治可能」… CNPharm、膵臓癌比較実験の結果初公開

ポリタキセルは「20世紀名薬」とも呼ばれるドセタキセルを搭載した改良新薬として、無毒性量でその効果が出るという点がドセタキセルとの差別点である。体内に長く残留しがん細胞のみ攻撃するため、がん細胞が死滅するまで持続的に投薬できる。ドセタキセルが胃がん・肺がん・子宮頸がん等、8種類のがんに対する治療剤として広く使われていて、その中でもファストトラックの適用が可能な膵臓癌を対象に臨床を進めながら、ほかのがん種へ対象を拡大していく予定である。

【アストラゼネカ株式会社】 再発性または転移性頭頸部がん患者さんの一次治療におけるイミフィンジ単剤療法、またはイミフィンジとトレメリムマブの併用療法、第III相KESTREL試験の最新結果について

イミフィンジは、広範な開発プログラムの一環として、NSCLC、SCLC、膀胱がん、肝細胞がん(HCC)、胆道がん、食道がん、胃・食道胃接合部がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮内膜がんおよび他の固形がんの患者さんに対する治療薬として、単剤療法、および他の抗がん治療薬との併用療法においても検討されています。

タイ・バンコクのDYMインターナショナルクリニック、プロンポン33/1院にて小児科診療が毎日可能【日本語通訳常駐で安心・便利】

「DYMインターナショナルクリニック」「DYM Health Check Up Clinic」では、日本の定期接種の内容を基準に実施していますが、それ以外にもインフルエンザ菌B型、肺炎球菌感染症、みずぼうそう、A型肝炎、ロタウィルス、子宮頸がんワクチンなどは任意で予防接種を受けることも可能です。

【アストラゼネカ株式会社】 アストラゼネカのイミフィンジとトレメリムマブが、化学療法との併用療法においてステージIVの非小細胞肺がん一次治療を対象とした第III相POSEIDON試験で全生存期間を延長

様々ながん種を対象とした開発プログラムの一環として、イミフィンジは、NSCLC、SCLC、膀胱がん、肝細胞がん、胆道がん(肝がんの一種)、食道がん、胃がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮内膜がん、その他の固形がんの治療として、単独療法ならびに併用療法においても検討されています。

【ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社】 女性ならではの健康の悩み・重症化リスクの高い婦人科系疾患 かかりつけ医に相談できている女性は1割に留まる

婦人科系疾患について不安を感じたり罹患を疑ったことがある人の中で、実際に医療機関を受診した人の割合は平均で約6割、子宮頸がん、不妊症の7割から更年期障害の3割まで疾患によって受診率は異なる。

【株式会社CINRA】 青柳文子、たなかみさきなどの出演が決定。『わたしたちのヘルシー 〜心とからだの話をはじめよう〜』追加ゲストとタイムテーブルを発表!

She is編集部の竹中万季・野村由芽が聞き手となり、本イベントの主催であるウィメンズ・ヘルス・アクション代表の吉村泰典先生、副代表の対馬ルリ子先生・大須賀穣先生の3名の医師が、「『マザーキラー』と呼ばれる子宮頸がんの予防」「誰にも相談できない事情をもっている女の子たちの救済」「未来の自分のためにはじめる、からだへの気遣い」など、女性と健康に関して今一番伝えたいことをそれぞれ選んでお話しいただきます。「わたしのヘルシー」から「わたしたちのヘルシー」へと意識が進み、より自分らしく生きていける人が増える社会となることを願って、クロージングトークをおこないます。

【アストラゼネカ株式会社】 アストラゼネカとキャンサーネットジャパン共催「わかる卵巣がん」〜卵巣がんとうまくつきあうには?〜オンラインイベント開催のお知らせ

日本において毎年新たに卵巣がんと診断される患者さんは約13,000人(1)です。初期の卵巣がんは自覚症状がほとんどないため、診断された時には進行していることが多いといわれています(2)。また、健康診断において、乳がんや子宮頸がんが乳腺や婦人科検診といったオプション検査で早期発見される可能性があるのに対し、現在のところ、卵巣がんに対して検診が有効であるという研究報告はなく、国が指針として定める検診はありません(2)。卵巣がんは、検診で早期発見することが難しいがんといえます。

タイ・バンコクのDYMインターナショナルクリニック、プロンポン33/1院にて小児科診療が毎日可能【日本語通訳常駐で安心・便利】

「DYMインターナショナルクリニック」「DYM Health Check Up Clinic」では、日本の定期接種の内容を基準に実施していますが、それ以外にもインフルエンザ菌B型、肺炎球菌感染症、みずぼうそう、A型肝炎、ロタウィルス、子宮頸がんワクチンなどは任意で予防接種を受けることも可能です。

【ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社】 産婦人科がもっと身近な存在となるように 「女性のための『かかりつけ医』のススメ」ウェブページ新設

しかしながら日本では、「産婦人科」や「婦人科」は、「妊娠してから行く病院」というイメージが強く、特に若い女性は抵抗を感じる人も少なくありません。欧米などと比べ受診のハードルが高く、乳がん・子宮頸がん検診の受診率が低いという課題もあります。女性特有の疾患は、症状が現れる頃には重篤化している場合や、妊娠を臨んだタイミングで身体に何らかのトラブルを抱えている場合があります。そのような事態を防ぐためにも、小さな変化や不調、避妊や性感染症の予防など、家族・友人には相談しにくい話題を相談できる「かかりつけ医」を持っておくと安心です。

【一般社団法人ピアリング】 女性特有がん患者1,085人が回答。12月実施の新型コロナ感染拡大緊急実態調査において「治療に直接的な影響あり」が13.9%。治療費負担が続く中で、約4割が「収入が減少」に直面。

ピアリングでは乳がん、子宮頸がん・体がん、卵巣がんなどの女性特有がんを告知された方が、診察室ではなかなか話せない、様々な不安を共有し、励まし合いのコミュニケーションをとっています。

ヒューマノーム研究所、リサ・サーナ、ニューロスペースの共同で、デジタルデバイスから得た日常生活データの人工知能(AI)による解析結果を活用した、女性がん罹患者のQOL向上応援プロジェクトを開始

最新の統計情報によると、日本人は生涯のうち2人に1人(男性:65.5%、女性:50.2%)はがんに罹患しており(※1)、罹患率も年々上昇を続けています(※2)。女性が罹患するがん種は、特に20歳〜40歳にかけて、乳がん・子宮頸がんなどの女性特有のがんが上位を占めるという特徴があり(※3)、女性のがん患者は年代を問わず、治療に伴う妊娠・出産・ホルモンバランスへの影響や、副作用による見た目の変化や体調不良、またそれらに対する不安や心配事など、女性特有の悩みを抱えることが予想されます。