配色:                          文字サイズ: 

【SPACE COTAN株式会社】 “北海道スペースポート”を推進する北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社が株式会社コンサドーレと「パートナーシップ協定」を締結

アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、株式会社コンサドーレ(北海道札幌市、代表取締役社長CEO 野々村芳和)との3者間において、8月13日にスポーツ×宇宙のまちづくりパートナーシップ協定 (以下、「本協定」という。)を締結したことを発表いたします。

【SPACE COTAN株式会社】 “北海道スペースポート”を推進する北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社が北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社と「パートナーシップ協定」を締結

アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社(北海道河東郡音更町、代表取締役社長 金澤宗一郎)との3者間において、8月23日にスポーツ×宇宙のまちづくりパートナーシップ協定 (以下、「本協定」という。)を締結したことを発表いたします。

【SPACE COTAN株式会社】 『北海道、開港。』北海道発、宇宙ビジネスカンファレンス”北海道宇宙サミット2021”。2021年8月26日(木)- 27日(金)に開催決定

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)、SPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長 小田切義憲、以下SPACE COTAN )、インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長 稲川貴大、以下IST)、公益財団法人とかち財団(本社:北海道帯広市 理事長 長澤秀行、以下とかち財団)、株式会社十勝毎日新聞社(本社:北海道帯広市 代表取締役社長 林 浩史、以下十勝毎日新聞)は、 本日、北海道宇宙サミット実行委員会を設立し、2021年8月26日(木)- 27日(金)に北海道初、宇宙ビジネスカンファレンス「北海道宇宙サミット2021」を開催することをお知らせいたします。今回が、初めての開催となります。

【SPACE COTAN株式会社】 起業家 家入一真氏より、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」に企業版ふるさと納税の寄附をいただきました。

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長 小田切義憲、以下SPACE COTAN )は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金として、起業家 家入一真氏(株式会社partyfactory)より企業版ふるさと納税として支援をいただいたことを発表いたします。

【SPACE COTAN株式会社】 民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」整備を、企業版ふるさと納税で12社が支援

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金として、北海道内外の12社(大昭電気工業株式会社、株式会社タチノ、株式会社 ズコーシャ、INCLUSIVE株式会社、株式会社 カナモト、セコム株式会社、株式会社IHIエアロスペース、カタギリ・コーポレーション株式会社、株式会社トライシージャパン、株式会社マウントポジション、他2社)から2021年7月から8月に企業版ふるさと納税で合計5,580万円の支援をいただいたことを発表いたします。これにより、本取り組みへの企業版ふるさと納税は25社、合計2億5,330万円となります。

【SPACE COTAN株式会社】 “北海道スペースポート”を推進する北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社が北海道オール・オリンピアンズと「パートナーシップ協定」を締結

アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、北海道オール・オリンピアンズ(北海道札幌市、ゼネラルマネージャー 鈴木靖)との3者間において、8月11日にスポーツ×宇宙のまちづくりパートナーシップ協定 (以下、「本協定」という。)を締結したことを発表いたします。

INCLUSIVE、宇宙港「北海道スペースポート」の事業運営会社SPACE COTANへ出資

INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠、以下「INCLUSIVE」)は、世界に開かれたロケットやスペースプレーンの射場を持つ宇宙港「北海道スペースポート」の企画運営・事業推進を行うSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長:小田切義憲、以下「SPACE COTAN」)に出資いたしますので、お知らせいたします。

【SPACE COTAN株式会社】 “北海道スペースポート”を推進する北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社が株式会社レバンガ北海道と「パートナーシップ協定」を締結

アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」を推進する北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、株式会社レバンガ北海道(北海道札幌市、代表取締役社長 折茂武彦)との3者間において、8月20日にスポーツ×宇宙のまちづくりパートナーシップ協定 (以下、「本協定」という。)を締結したことを発表いたします。

企業版ふるさと納税サイト「ふるさとコネクト」にて、宇宙港「北海道スペースポート」整備の寄附を2021年6月24日から受付開始

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金を集めることを目的として、2021年6月24日から企業版ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとコネクト」を活用した寄附の受付を開始したことをお知らせいたします。

【SPACE COTAN株式会社】 ”北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる”アジア初の民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」、2021年4月本格稼働開始

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)は、「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」という計画の実現に向けて、アジア初となる民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」を2021年4月より本格稼働させることをお知らせします。大樹町では、2019年に「北海道スペースポート構想」を公表、その後具体的計画について内閣府の認定を受けました。この度、本計画を具現化し、事業を推進するため、大樹町および6つの道内企業等が出資して、SPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長 小田切義憲、以下SPACE COTAN )を2021年4月20日(火)に北海道大樹町に設立しました。 SPACE COTANはHOSPOの運営、ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)の打上げ支援業務等をはじめ、航空宇宙産業発展に向けた研究・開

【SPACE COTAN株式会社】 民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」の事業運営会社SPACE COTAN、北海道スペースポートを応援するコミュニティ”HOSPO SUPPORTERS”設立

世界に開かれたロケットやスペースプレーンの発射場である北海道スペースポート(略称:HOSPO)の事業運営会社SPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:小田切義憲、以下SPACE COTAN )は、この度、HOSPOを応援する企業が参加し、HOSPOを核とした宇宙版シリコンバレー形成に向けた相互連携を図るコミュニティ”HOSPO SUPPORTERS”(https://hokkaidospaceport.com/supporters)を設立したことをご報告します。

【SPACE COTAN株式会社】 民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」整備を、企業版ふるさと納税で5社が支援

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金として、北海道内外の5社(税理士法人 竹川会計事務所、宮坂建設工業株式会社、株式会社 釧路製作所、ALSOK北海道株式会社、他1社)から2021年6月に企業版ふるさと納税で合計6,200万円の支援をいただいたことを発表いたします。これにより、本取り組みへの企業版ふるさと納税は13社、合計1億9,750万円となります。

【SPACE COTAN株式会社】 民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」整備を、企業版ふるさと納税で3社が支援

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金として、北海道内の3社(萩原建設工業株式会社、株式会社奥原商会、西江建設株式会社)から2021年5月までに企業版ふるさと納税で合計4,300万円の支援をいただいたことを発表いたします。これにより、本取り組みへの企業版ふるさと納税は8社、合計1億3,550万円となります。